ヒルナンデス ダメージヘア・薄毛・白髪対策で美髪をキープするには

スポンサーリンク
テレビ番組
Print

2019年5月16日の日本テレビ系『ヒルナンデス!』で医師が教える
正しいヘアケア術が放送されました。

意外と紫外線が強いこの季節は、髪のお手入れが欠かせません。
あなたは間違ったヘアケアをしていませんか?

この機会に、正しいヘアケアを取り入れて、いつも美しい髪で
過ごしませんか?

スポンサーリンク

5月の紫外線は強い!髪がダメージを受ける?

紫外線は、春先からどんどんと強くなり、特に5月~9月は紫外線量が
多くなり、今の時期からしっかりと対策をする必要があります。

肌は日焼け止めを塗ってカバーするという人も多いと思いますが、
実は髪の毛の紫外線対策は意外としていませんよね。

髪の毛も肌と同様に日に焼けることでダメージを受け、パサついたり
色落ちしたりしてしまいます。

そこで番組で紹介された、ダメージヘアを防ぐ方法をまとめました。

シャンプー前に髪をとかす?

シャンプーの前に髪の毛をとかすのことは正しいヘアケアです。
髪の毛や頭皮についたほこりや汚れを、ブラッシングにより
浮かび上がらせることが出来ます。

子のブラッシングでかなりのホコリや汚れがとれますので、
シャンプーを2回している方はなどは、1回で済みます。

さらに髪のからまりをほどいてあげることで、シャンプーの泡が
全体に行きわたりやすくなります。

美髪になるには、シャンプーの前にお湯だけで予洗いをすることが
大切です。

シャワーで頭皮全体を温めるようにすることで、余分な皮脂を落として
毛穴を開いてくれます。

また、髪は、意外に全体がお湯で濡れないので、しっかりと髪全体が
お湯で濡れるようにすることで、シャンプーが髪全体にいきわたります。

番組で紹介されたアイテムです。

パナソニック 電動頭皮ブラシ 音波振動クレンジングタイプ 白 EH-HM29-W

有吉ゼミ梅沢冨美男家電を買うで紹介された頭皮マッサージャーはこちら

寝る時に髪の毛を縛るのはダメ?

寝る時に髪の毛を結んでおくことは問題ないんですよ。
健康な髪の毛は結んで寝ても傷むことはありません。

ただ、ぎゅっと引っ張って結ぶのは、頭皮に負担がかかり、薄毛の
原因になることがありますので、NGです。

それよりも大切なのは睡眠の質なんですね。
寝不足ではホルモンバランスが崩れ、成長途中の毛が抜けたり、
新しい毛が生えにくくなってしまうのです。

睡眠不足や夜ふかしは、髪の毛が生え変わるヘアサイクルを
いだしてしまうんですよ。

髪の毛が気になって眠りが浅くなってしまう人は、ゆるく縛って
ぐっすり眠った方が健康的な髪になります。

枝毛は抜いてもいいの?

髪の毛には抜ける→生えるという自然のサイクルがあります。
枝毛があっても、毛周期に逆らって無理に抜いてしまうと、髪の毛が
生えてこなくなる可能性があります。

枝毛を抜いてしまうことで毛根がダメージを受けて、無くなってしまう
ことがあります。
毛根は一度無くなると、二度と作られないんですよ。

もし枝毛を見つけたら、その髪の毛を真横にカットして下さい。
斜めに切るよりもまっすぐ真横に切った方が断面積が少なく、
裂けにくくなるからです。

ドライヤー前に濡れた髪をとかしてもいいの?

濡れた髪を乾かす前にブラシで整えるのは正しいヘアケアです。
タオルドライした状態の髪の毛は束になったり、絡まったりして
しまいがちなんですよね。

それではドライヤーの熱が行きわたりにくく、長くドライヤーを
あててしまうことになります。

ドライヤーの熱は髪の毛にダメージを与えやすいので、先に
ブラッシングして風を通りやすくさせ、手早く乾かしてあげるように
したほうが髪が傷みませんよ。

ただし、濡れた髪はキューティクルが開いた状態なので、出来るだけ
目の粗い太目のクシを使うのがオススメです。

【仕上げは冷風ブローでツヤ髪に】
ドライヤーの最後は冷風をあててあげると、開いたキューティクルが締まって、
ツヤのある髪の毛になります。

また、ドライヤーの温度自体も下がることで、ドライヤーを長持ちさせます。

出演した先生

今回、ダメージヘア対策について教えてくれたのは、
「女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法 髪のお医者さんが教える」の
著者であり、皮膚科医の高橋栄里先生です。


女性の白髪・薄毛の悩みがなくなる方法 髪のお医者さんが教える [ 高橋栄里 ]