バナナジュースの栄養と効果、カロリーは?苦いのはなぜ?

スポンサードリンク
食品・飲料

かつて、朝バナナダイエットがものすごい人気で、スーパーから
バナナが消えたほどでしたね。

今は、朝バナナダイエットは、そこまで人気ではありませんが、
バナナに含まれる栄養が、たくさんあることから、バナナジュース
を飲む人がたくさんいるんですね。

バナナジュースって、どんな栄養があって、どんな効果が期待できる
のか、紹介しますね。

スポンサードリンク

バナナジュースの作り方

バナナジュースは、主に牛乳又は豆乳とはちみつをミキサーで
作る方が多いです。

作り方や、一緒に入れる食材は、色々ですが、まずは、シンプルな
材料と作り方が以下になります。

【材料・一人分】
バナナ 1本(中くらい140g 可食部84g程度)
牛乳 150㏄
はちみつ 大さじ1
氷 1個

【作り方】
1、バナナは、一口大にちぎります
2.材料をすべてミキサーに入れて10秒ほど混ぜて出来上がりです。

ミキサーがなくても、バナナをビニール袋に入れてつぶしたものと
牛乳、はちみつをシェイカーでシェイクする、か泡だて器で混ぜると
できますよ。

また、冷たいバナナジュースが作りたいときは、バナナを1cm程度に
切って冷凍したものを使うといいですよ。
その時は氷1個は入れません。

バナナジュースに牛乳を使った時と豆乳を使った時のカロリーは?

バナナジュースのカロリーは、牛乳を使うか豆乳を使うかで
変わってきます。

まず、使うバナナは、中くらいのもので140g、可食部分が84gのものは
72kカロリーです。

牛乳150㏄は、約100kカロリー、はちみつ大さじ1は、約65kカロリーですから
合計で、237kカロリーになります。

さて、豆乳150㏄は、無調整のものだと約80kカロリーですから、
バナナジュースのカロリーは、217kカロリーになります。

豆乳のほうが、20kカロリーほど少ないですね。

バナナジュースの栄養は?

バナナジュースの栄養は、主に、バナナの栄養と、牛乳や豆乳
使う甘みになります。

まず、バナナに含まれているえいよは、水溶性sy供物繊維、ブドウ糖、
果糖、ショ糖などの糖類、マグネシウムが含まれています。

牛乳は、蛋白質が豊富に含まれているだけでなく、ビタミンや
ミネラルを多く含んでおり、特に吸収されやすいカルシウムを
多量含んでいます。

豆乳には、大豆たんぱく質、レシチン、イソフラボン、サポニン、
オリゴ糖、ビタミンB群、ビタミンEが含まれています。
                           
はちみつは、良質なビタミン類やミネラル類をはじめ、アミノ酸や酵素
といった栄養素も豊富に含まれていますので、抗酸化作用が期待できます。

バナナジュースに期待できる効果は?

バナナジュースには、期待できる効果が、女性にうれしいもの
なんですよ。

【便秘を予防】
バナナに豊富に含まれている水溶性食物繊維は、整腸作用に優れています。
腸内で、善玉菌が活動しやすい環境を整えてくれる効果が期待できます。

頑固な便秘でお悩みの方は、バナナジュースの材料に、ヨーグルトを
プラスすると、さらに整腸作用の効果が期待できますよ。

【コレステロールを吸収】
バナナに豊富に含まれている水溶性食物繊維は、体内の余分な
コレステロールを排出酢てくれる働きが期待できます。

【すぐにエネルギーになる】
バナナの糖分は、ブドウ糖、果糖、ショ糖の3種類なんですが、
ブドウ糖と果糖は、すぐにエネルギーに変わります。

忙しい朝から、バタバタと動かなければならない時にいいですよ。
また、すぐにエネルギーになるということは、脂肪になりにくい
ですよ。

【足がつるのを防ぐことができる】
バナナにはカリウムやマグネシウムが豊富に含まれていいます。
これらの物質は体液の濃度を制御するミネラルで、マグネシウムには
筋収縮や酸素摂取、エネルギーの産出に大きな働きをしてくれるんですね。

それで、運動中に筋肉のけいれん、足がつるようなことを防いで
くれるんですよ。

あまり運動をしない人で、足がつりやすい方は、バナナジュースを
毎日飲むことで改善される可能性がありますよ。

【体の免疫を強化】
バナナはウィルスを撃退する白血球や免疫力を高める作用が期待できます。
毎日バナナジュースを飲むことで、白血球の数が増え免疫力アップの
効果が期待できます。

ジュースにするバナナは、青いバナナより、シュガースポットが
出ているようなバナナのほうが効果が期待できますよ。

【牛乳や豆乳と合わせると期待できる効果】
バナナ塾ー巣を作る時に牛乳を組み合わせると、牛乳のカルシウムで
骨を丈夫にしてくれたり、イライラを改善してくれる効果が期待できます。

また、豆乳に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンに近い働きを
してくれるので生理前、生理後の体調がすぐれないときに効果が期待できます。

また、大豆イソフラボンには、老化防止の効果も期待できる物質なんですよ。

【むくみの解消】
バナナは、カリウムが豊富で消化がいいのも利点ですね。
カリウムは、血圧を上昇させるナトリウムを尿中に排せつさせる働きがあり、
むくみの解消に効果が期待できます。

バナナ100gで380mgのカリウムが含まれています。

バナナジュースが苦いのはなぜ?

節句作ったバナナジュースを飲んでみると、なんとなく苦いということは
ありませんでしたか。

苦みを感じた時、バナナは、どんな状態のものを使いましたか?
ジュースにするバナナの状態で、味が変わるんですよ。

ジュースにする時のバナナは、皮に、シュガースポットという
茶色い斑点ができている高麗のほうが、出来上がりが甘いんですね。

一方、まだ青いバナナでジュースを作ると、苦みを感じることが
あるんですよ。

あとは、もう一つ、バナナのお尻の方って、そのまま食べても
ちょっと苦い時がありますよね。

尾のお尻の部分も、苦みを感じる原因になることがあります。

ですから、バナナジュースを作る時は、青いもの、バナナのお尻の方
は使わないことですね。

バナナジュースは作り置きできる?

バナナジュースは、作り置きして、冷蔵庫に入れておいたら、時間が
経っても、おいしく飲めるんでしょうか?

残念ながら、バナナジュースは、参加していくのが早いので、
作ったら、出来るだけ早く飲んでしまったほうがいいんですね。

バナナの酸化を遅らせるためにレモン果汁をかけておけば、
いくらか酸化のスピードが落ちますが、次の日まで持つほどの
効果はないんですね。

忙しいし、洗いものの手間も省きたいからと、たくさん作って
冷蔵庫の保存するのは、お勧めできません。

ちょっと作りすぎたら全部のめまかったmという場合は、残りの
バナナジュースを離党して、シャーベットのように食べることを
おススメします。

バナナジュースはミキサーとジューサのどちらで作る?

バナナ十ー巣を作る時、あなたは、ジューサーとミキサーの
どちらを使っていますか?

ジューサーとミキサーの大きな違いってどんなところでしょうか?
ジューサには、低速で開店するものと高速で回転するものがあります。
低速で回転するもののほうが、素材の栄養素をできるだけ壊さないんですよ。

ですから、酵素やビタミンをそのままの形で摂取することができます。
ジューサーは材料をプレスするため、栄養素が破壊されず残りやすいんですね。

ですが、搾りかすを出しますよね。

ミキサーは、材料を粉砕するため、どうしても栄養素がダメージを
受けてしまうんですね。

ですが、搾りかすを出しませんよね。

バナナは、食物繊維が豊富なんでしたよね。
この食物繊維を捨てずに飲むことができるので、ミキサーが
おススメです。

合わせて手読みたい記事一覧

皮ごと食べられるバナナが鹿児島と伊勢で栽培されている

朝バナナダイエットの効果があった深田恭子の方法と効果は?

高いバナナと安いバナナの違いって何?種類?

コメント

  1. […] バナナジュースの栄養と効果、カロリーは?苦いのはなぜ? […]

  2. […] バナナジュースの栄養と効果、カロリーは?苦いのはなぜ? […]

  3. […] バナナジュースの栄養と効果、カロリーは?苦いのはなぜ? […]

  4. […] バナナジュースの栄養と効果、カロリーは?苦いのはなぜ? […]