五の池小屋(木曽御嶽山)の絶品ピザ&アクセス・宿泊情報

スポンサーリンク
アウトドア

ここのところ、登山好きの女子が増えていますね。
山ガールと呼ばれているかの世たちは、ファッションもキュート
ですね。

そんな山ガールにとても人気のある八方小屋では、薪ストーブで
焼いた絶品ピザが味わえるんですよ。

ついこの前まで、山小屋で食べられる食事というと、そばやうどんは
カレーライスあたりだったんですね。

ピザが味わえるのは、木曽御嶽山『五の池小屋』の雲上の薪ストーブカフェ・
ぱんだ屋なんです。

五の池小屋のピザやアクセスなどを紹介しますね。

スポンサーリンク

五の池小屋で食べられる絶品ピザ

木曽御嶽山の飛騨頂上(標高約2800m)にある『五の池小屋』のぱんだ屋
というカフェで、薪ストーブで焼く絶品ピザが食べられます。

ピザは、お泊まりのお客さまに、一日10枚限定での注文となります。

五の池小屋という山小屋は、100人ほどが宿泊できる山小屋なんですよ。
大きくて立派な薪ストーブが名物で、皆を優しく温めてくれるんですよ。

この薪ストーブで焼いたピザやシフォンケーキが、おしゃれ山ガールに
大人気なんですよ。

ケーキは、シフォンケーキの他にも本日のケーキとして、クルミとチョコ
のケーキなどがあることがあります。

飲み物は、コーヒー、ココア、チャイ、紅茶などがあります。
アルコール類も生ビール、缶ビール、ワイン、日本酒、焼酎などが
あります。

食事も、焼きそば、うどん、おでん、カップ麺、お味噌汁があります。

また、ペットボトル飲料や、5~6種類のお菓子も買うことがでいます。

そして、登山バッジと手ぬぐい、ポストカードがあります。

聖っくな営業時間は、消灯時間が21時となっていますので
21時までの営業と思われます。

五の池小屋の特徴

五の池小屋は、御嶽山の山小屋の中で最も北に位置する濁河登山口9合目
(標高2798m)にあります。

春、夏、秋とシーズン中に何度も訪れる常連さんが多いんですよ。
周囲には、高山植物がたくさん咲いていて、点在している池も
きれいですよ。

五の池小屋には大きなテラスがあり、ここから眺める夕日や満天の星が
とてもきれいです。

2018年からは、リクライニングチェアとパラソルができて、さらに、
のんびりと過ごしやすくなりました。

夜は、薪ストーブとランプの灯で小屋内にあるぱんだ屋でお酒を飲み
ながら、ピザを食べ、山談議に花を咲かせるひと時が過ごせます。

五の池小屋の宿泊料金・予約について

営業期間 6月1日(土)〜10月20日(日)
定員   100人

一泊二食付き          9500円
​一泊夕食のみ          8000円
​一泊朝食のみ          7500円
小学生は大人料金からそれぞれ2000円引きです。

小学生未満は無料。
食事付きの場合は夕食1500円、朝食1000円のみ頂きます。

詳しくはご予約時にお問い合わせ下さい。
​素泊まり            6000円
​お弁当              800円

090-7612-2458(業務専用)

メール・FAX等での予約は受け付けていません

6月のみ宿泊利用は、予約制となっています。

連絡がないと、管理人不在のときもあります。

五の池小屋は宿泊日の前日までの予約を希望しています。 
もし当日泊りを希望する場合は、出来るだけ早い時間に、連絡を
して下さいね。

五の池小屋へのアクセス

マイカー利用の場合は、以下になります。

【岐阜県側】 

●関西方面(高山、下呂)から向かう場合
東海北陸道~中部縦貫道高山ICより 国道361号線 (美女街道)
~県道463号線、435号線 (チャオ御岳スノーリゾート) 経由がおすすめです。

●関東方面(木曽福島)から向かう場合
伊那IC~国道361号線経由がおすすめです。

飛騨小坂口(濁河温泉口)
岐阜県下呂市小坂町落合 濁河温泉

胡桃島登山口 
岐阜県高山市朝日町胡桃島 胡桃島キャンプ場

日和田口
岐阜県高山市 県道463号線 御岳橋

【長野県側】
王滝口
長野県木曽郡王滝村 田の原駐車場

黒沢口
長野県木曽郡三岳 御岳ロープウェイまたは六合目中の湯
御岳ロープウェイホームページ(外部リンク)
?http://www.ontakerope.co.jp/

開田口
長野県木曽郡開田高原 開田口駐車場

【公共交通機関の利用】
JR中央本線木曽福島駅が御嶽登山の起点となります。
木曽福島駅までは、マイカー以外では電車とバスの利用が一般的です。
(東京方面からは、高速バス等を利用する方法もあります)

JR木曽福島駅からは、御嶽山の各方面の登山口へのバスが運行されています。
また運行期間が定められていますので注意が必要です。

王滝口      王滝・御岳田の原線
黒沢口      御岳ロープウェイ線(中の湯)
開田口      御嶽明神温泉線
?

おんたけ交通インフォメーション(外部リンク)
https://www.rosenzu.com/ontake/

こちらの記事は、五の池小屋の公式サイトから引用しました。

五の池小屋宿泊体験者の口コミ

●トイレは、男女とも外にあるトイレ棟を利用うるのですが、
 男女共同でしたが、とてもきれいで使いやすかったです。

●個室の予約はできず、小屋到着の早い順に場所を選べるシステム
 でしたが、15時15分到着くらいで個室スペースをゲットで
 きました。

 コンセントと電球があり、自由に使っていいのですが、発電機が
 回るのが、日が落ちて暗くなる18時頃からですので、それまでは
 使えませんが、スマホの受電程度なら十分でした。

●新館と休館がありますが、どちらもとてもきれいです。
 宿泊客が12人とすくなかったので、全員新館に案内されました。

 乾燥スペースや更衣室(1名分)もあって女性の私も安心でした。

●個室スペースは新館1階にありました。2段ベットの入り口を
 カーテンで仕切っているだけの簡易なものでしたので、いびきや
 話し声は丸聞こえでしたが、うるさくて眠れない、ということは
 なかったです。

●ぱんだ屋で夜、ビール片手にピザを食べられたました。
 噂通り、美味しかったです。