【エステートセール】アメリカの遺品整理のやり方は日本と違う?

スポンサーリンク
冠婚葬祭

あなたのご両親は健在ですか?
もし、ご両親が食べ立たれてしまった時に、遺品はどうされますか?
実は、私は、そう遠くない時期に、実家を生理しなければなりません。

どうしたものかと悩んで、色々調べているうちに「エステートセール」
という生理の仕方を知りました。

なんでも北アメリカでは浸透している遺品整理の方法なんだとか。
伊織ロと調べてみたことを紹介します。

スポンサーリンク

エステートセールとは

「エステートセール」とは、故人の遺品を、住んでいた家で、
家具から日用品、コレクションしていたものなどを売るイベントの
ようなものなんです。

宝石、衣類、骨とう品、家具などそれぞれの業者に引き取ってもらう
のではなインですね。

故人の子供や親戚の人たちが集まって、必要なものは、引き取り、
不要なものを売るそうです。

日本だと、故人の持ち物は,「かたみわけ」として親戚やご縁のあった方
に差し上げるんですね。
そして、残ったものは、保管しておくか、捨ててしまうかのどちらか、
という場合が多いのではないでしょうか。

一方、アメリカの場合は、遺品を整理する身内が必要なものは残し、
それ以外は、売ってしまうんです。

その売り方が、故が住んでいた家なんですね。
ですから、カップやお皿などの食器のような持ち運びやすい小物から
椅子やソファー、ベット、食器棚などの大きな家具まで売られて
いるんですよ。

そこには、使ってくれるならどなたでもいい、という合理的な考え方
と、アンティークの良いものは、ゴミとして捨てないで、使っていく
ことで、残していく、という考えも併せ持っているんですよ。

「エステートセール」は、資産家の家が会場になると、交通渋滞が
起こるほど、掘り出し物を求めて人が押し寄せてくるんですよ。

エステートセールに出品するものの値段は誰がつけるの?

「エステートセール」には、様々なものが売りに出されます。

残された身内が、値段をつけるのに困るものってありますよね。

それは、故人が趣味で収集していた、アンティークのおもちゃ、絵画、
宝石、コイン、切手など、専門家でないと価値が分からないもの
ですね。

こうしたものも含めて、「エステートセール」は、専門の業者が
あるんですよ。

専門業者に依頼して、価値を判断して値段を漬けるんですよ。

「エステートセール」は、故人のお宅に限らず、施設に入所することに
なった、引っ越しをすることになった、という方も利用しているんですよ。

様々なものが、誰かに使ってもらえるし、いくらかでも現金がはいるので
とてもいいことですよね。

なぜ日本にはエステーとセールがないのか

さて、日本では、故人の持ち物の整理というと、「遺品整理」になり
ますね。

親が亡くなった場合は、その子供、叔父さん、叔母さんなどの個人と
縁があった方に分けますね。

日本人は、故人が使っていたものは、少しでも故人を知ってくれている
人に、使ってもらいたいと思うんですよね。

着ていたた服や着物、使っていた食器など、様々ですが、家具などの
大きいものは、各家庭の判断によりますね。

切手や宝石、洋酒、などなど、いくらの価値があるのかわからない
もので、整理しなければならないものは、専門の業者を呼んで、査定
してもらい、納得がいけば売る、というのが一般的でしょうか。

大型の家具でしたら、リサイクルショップに査定を依頼するでしょうか。

ですが、故人が住んでいた家に使っていた品物を並べて、みず知らずの
他人に買ってもらう、ということはないですよね。

エステートセールの普及を日本で努める堀川 一真 さん

さて、日本でもエステートセールを普及しようとしている人物がいます。
堀川 一真( ほりかわ かずま)さんという方です。

1965年に大阪府高槻市生まれですから、現在54歳か55歳です。
1994年、30歳で一念発起、アメリカオクラホマ州 University of Centrral
Oklahomaへ入学し、2000年 同校BBA MIS取得・卒業しています。

この6年間のアメリカ生活で、エステートセールのことを知ったそうです。
2008年に、米国生前整理方法エステートセールの日本への導入を企画し
国内・海外インターネット上での販売を開始しました。

2018年から生前整理診断士・相続診断士としての活動を本格化して、
前向きに生きる事を前提とした「物・心・情報」を整理し、家財道具・
美術品・骨董品・自動車・不動産まで、ワンストップで販売・売却する
日本流エステートセールを本格展開しています。

日本では、新しい物が良く売れますが、古くても良い物が気付かれず、
引き継がれる事も無いまま大半が捨てられていくことを、とても残念に
思ったんです。

堀川さんは、「これは私が変えるべきだ」と心に誓ったそうです。

アメリカでは、物と心をあまり結びつけて考えないし、核家族が
あたりまえなので、遺族は不用品を売却することが習慣になっています。

日本では、物と心の結びつきが強いので、遺品を整理するとなると、
心の整理が必要なんですね。

そこで、堀川さんは、エステートセールの会社を設立する時に、
一般社団法人生前整理普及協会の生前整理診断士の資格を取得しました。

そして、古き良き物が、少しでも残っていくように、そのことが、
明るく前向きな生き方につながるようにと活動をしています。

施設に入所したお母様の持ち物の生前整理を依頼された方の、和人形
が、日本のどこの業者からも「人形には魂が宿る」という理由で
引き取り手がなかったものを、アメリカにネット販売で、引き取り手を
見つけた、というケースもあったようです。

まとめ

古き良きものを後世に引き継ぐ、という考え方は、とても素晴らしい
ことですね。

それに、今の日本は、ゴミの分別化が進んでいるため、家を解体
しようとすると、まず、家の中のものの整理をしなくてはなりません。

エステートセールで、よろこんで使っていただく方が見つかると
心も物もうれしいですよね。