家で焼肉は煙と油の飛散を防ぐクーキレイで汚れ知らず

スポンサーリンク
家電

家族と家でワイワイ医いながら食べる焼き肉は最高
ですよね。

美味しい肉と一緒に焼く野菜などを用意すればいいので
下ごしらえや調理の手間がかからずできます。

でも、煙と脂の飛散の対策をしないと家の中が、肉から
出た煙の臭いと飛散した油のベタベタで大変なことになります。

そこで、家で焼き肉をする時の煙と油対策とレンジフードの
トップメーカー「富士工業」製の、空気をきれいにする照明
クーキレイを紹介します。

スポンサーリンク

焼肉の煙と油の飛散対策でやること

家で焼き肉をする時には、煙や匂いがカーテンやソファー
などの布製品につかないように消臭スプレーをかけて
おいたり、大きな布ですっぽり被ったりしますね。

テーブルの上と下にはちらしや新聞紙を敷き詰めたりしめす。
煙の出ない焼き肉用グリルを使い、テーブルのすぐそばには
空気清浄機を置いて焼き肉を楽しみます。

こんな焼き肉の煙と油対策をグッと楽にしてくれる
空気清浄機付きの照明器具があるんです。

焼肉の煙と油の飛散の救世主クーキレイ

「クーキレイ」は、レンジフードのトップメーカー「富士工業」
が開発した、空気清浄機能月の照明器具なんです。

4層のフィルターで空気を清浄しながら、ユーザー好みの明るさで
ダイニングを照らすことが可能です。

とてもおしゃれなデザインでドイツの2つのデザイン賞
「iFデザイン賞」「レッドドット・デザイン賞」を
立て続けに受賞しています。

クーキレイの口コミ

●焼き肉の後の掃除が、楽になりました。
油が飛び散ることがなくなり、匂いも吸い取ってくれます。
鍋料理の時にもファンを回す事で匂いが残らなくなりました。

●焼き肉の時の煙と油が大幅に減りました。
ゼロという訳にはいきませんが、ソファーに大きな
布をかけたり、床に新聞紙を敷き詰めたりすることが
なくなり、焼き肉の回数が増えました。

●明かりとしての機能は良いです。白色、暖色とも光量に
申し分ないです。
空気清浄については、まだ2回の使用ですが、吸っている
ように感じます。
少々音が気になりますが、多人数で使用することが多いので
気にしないで済んでいます。

●換気扇はOffで電源Onの状態で、モスキート音のような
ノイズが出ていました。

音の大きさはさほどでは無かったものの、本体の空気吸入の
真ん中から聞こえます。


C-BE511-W 富士工業 空気清浄機能付き LEDペンダント ホワイト【コード吊】 cookiray クーキレイ [CBE511W]


【在庫限り】 富士工業 リモコン付LEDダイニングライト 「クーキレイ」 C-PT511-BK 調光(昼白色/電球色)・調色 ブラック (CPT511BK)


富士工業 C-DRL501-PRW クーキレイ 空気清浄機能付照明器具 LEDシリーズ 本体カラー グロスホワイト


★テレビやSNSで話題★クーキレイ クウキレイ cookiray ペンダントライト ライト 照明 LED レンジフード 換気 空気清浄機 空気清浄 焼肉 鍋 換気扇 節電【ポイント10倍 送料無料】[ cookiray クーキレイ 空気清浄機付きペンダントライト FUL ]

家で焼き肉をするなら煙の出ないグリルで

家で焼き肉を思いっきり楽しみたい方に人気ああるのが
煙の出ないロースターなんです。
加熱部に脂が落ちないような工夫がされているんですよ。

通常の焼肉用カセットコンロやホットプレートは、焼いた
お肉から染み出た脂が加熱されることが、油跳ねや臭いの原因と
なっていました。

しかし、無煙ロースターは、この問題を解決したんですね。
また独自のファンを搭載しているものを選べば、焼き肉中に
発生じた煙を吸い取ってくれます。

煙を最小限にして、発生した煙を吸い取る機能があるため
通常のホットプレートよりは、煙と油の飛び散りがかなり
少ないんですよ。

有有吉ゼミの煙の出ないホットプレート・グラファイトグリラーの口コミ

ホットプレートで焼き肉をする時煙と油を出さないコツ

室内で焼肉をすると、どうしても煙が立ち込めてしまいますよね。
臭いや煙たさはもちろんですが、火災報知器が作動して
しまうこともあります。

ちょっとしたことを工夫することで煙と油羽を少なくすることが
できます。

まず、冷えた状態では肉に火が均一に通りません。
厚切りのお肉などは、冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。

ホットプレートをあらかじめ200℃程度に温めておきます。
お肉の中心温度が65℃を超えないように焼き上げることで、
ジューシーでやわらかく仕上がります。

最初はホットプレートの半分のスペースで焼き始めます。
表面に肉汁がうっすらと浮き上がってきたら、空いている
スペースへひっくり返し、肉汁が再び浮かび上がってきたら
完成です。

なぜ、家で焼き肉をする時に、ホットプレートから煙が
大量に出てしまうかというと、ホットプレートの上で
余分な油が熱せられ、気化することで煙が大量に出て
しまうんですね。

煙の発生を防ぐためには、ホットプレートの温度を
高くし過ぎず、お肉を裏返す時に、焼く場所を変える
タイミングで、プレート上に残っている脂や水分を
キッチンペーパーなどで拭き取ることで、煙を抑える
ことができます。

波形プレートや穴が空いている焼肉プレートがあると、
余分な脂を落とし、煙を防いでくれますが、平面プレート
しか無い場合は、アルミホイルを活用します。

アルミホイルをくしゃくしゃにし、シワ・溝を作ることで、
脂が落ちる場所になり、煙や匂いを和らげてくれますよ。

家でワニの足を焼いて食べられます

家で焼き肉をする時は、家族が好きなお肉を
買いますよね。

部肉、牛肉、鶏肉の中で好きな部位を焼いて
食べますが、家で、しょっちゅう焼き肉をすると
ちょっと冒険してみたくなります。

そんな時、ワニの足の肉も扱っているお肉屋さんから
スーパーや街のお肉屋さんで扱っていないワニの足の
肉なども変えるお肉屋さんからお取り寄せをしてみては
いかがでしょうか。



まとめ

家で焼き肉をしたいけれど、煙と油の飛散対策が
けっこうたいへんですね。

クーキレイおような承継と空気清浄機が一体となっている
物があれば、家で焼き肉をする機会が増えますね。

家での生活がより楽しくなること間違いなしですね。