ケンタッキーフライドチキン次の日や二日後に美味しく温める!

スポンサーリンク
食品・飲料

クリスマスに限らず、家族のお誕生日やひな祭り、
子供の日などにケンタッキーフライドチキンが
食卓にのぼります。

また、特別な日ではなくても食べたくなる日も
ありますよね。

そんな時、少し多めに買ってしまうので、余って
しまいますね。

ケンタッキーフライドチキンを次の日や二日後にも
美味しく食べたいですよね。

そこで、ケンタッキーフライドチキンをおいしく
温める方法をまとめました。

スポンサーリンク

ケンタッキーフライドチキン(KFC)公式の温め方

ケンタッキーフライドチキン(KFC)のオリジナルチキンの
温め方,
は持ち帰り用のボックスに書いてあります。

温め方は、レンジかオーブントースターかの2通りです。

【レンジでの温め方】
そのままお皿に乗せて1個につき30秒~1分(500Wの場合)
1000Wの場合は20~40秒。

【オーブントースターでの温め方】
チキン1つ1つをアルミホイルに包んで180~200℃で5~8分。

温め時間に幅がありますね。
おそらくケンタッキーフライドチキン(KFC)の
オリジナルチキンの大きさにばらつきがあり、
大きさによって変わると言うことのようです。

小さいチキンならレンジで30~40秒、大きめの
チキンなら1分が目安です。
大きさによって温め時間を調整するといいですよ。

ケンタッキー(KFC)を次の日や二日後でも美味しく食べる温め方

余ったケンタッキーフライドチキン(KFC)を次の日や
二日後まで保存しておくのは冷蔵庫ですね。

【保存の仕方の注意点】
まず、保存する時に注意したいのは、皮がベチャっと
ならないようにすることです。

フライドチキンを直接ラップで包んでしまうと、肉の
水分で皮がベチャベチャになってしまいます。

一つ一つ包む場合は、キッチンペーパーに包んでから
ラップで包みます。

2~3個まとめて保存する場合は、お皿にキッチンペーパー
を敷いてからフライドチキンを置きます。

その上からキッチンペーパーをかぶせてラップで包みます。
このようにお分な水分や油で皮がベチャベチャに
ならないように保存します。

【おすすめの温め方】
温め方といえば電子レンジやオーブントースター
ですね。
または、我が家のようにオーブントースターが無い
場合は、魚焼きグリルを使います。

電子レンジだけの場合は、あのカリッと感がでない
のが残念ですし、オーブントースターだけの場合は、
中まで温まっていないこともありますよね。

ケンタッキーにカリッと感をだし、中までしっかり
温めたいのであれば、電子レンジで温めてから焼く
のがおすすめです。

電子レンジ+オーブントースター
電子レンジ+フライパン
電子レンジ+グリル

電子レンジで軽く温めた後、オーブントースターか
フライパンかグリルで焼くと赤も暖かく、外はパリッと
仕上がります。

ケンタッキーフライドチキン(KFC)我が家の温め方

【用意するもの】
魚焼きグリル
電子レンジ
キッチンペーパー
アルミホイル

まず魚焼きグリルを温めておきます。
温めるチキンがはみ出さない大きさのお皿にキッチン
ペーパーを敷いて、すき間をあけて並べます。

電磁波が均等に当たるように並べるのがコツです。

キッチンペーパーは油を吸収し、衣がべったりしたり
剥がれたりするのを防いでくれます。

お皿に並べたチキンにらっぷをかけずにレンチンします。
この時端っこの方い熱が集中して、ちょっと爆発
したりしてレンジの中に飛び散ることがあります。

レンジの中が汚れないように、上からも一枚ペーパーを
かけて飛び散りを防止すると後始末が楽ですよ。

レンチンの時間は個数によって違いますが、1~2個
だったら30秒くらいでいいですよ。

さわってみて暖かいなあくらいでいいんです。
さわってみて熱いくらい温めてしまうとパサつき
の原因になります。

魚焼きグリルでは温まりにくい肉の中心部を温める
ためのレンチンです。

次にアルミホイルをチキンが乗るくらいの大きさに
切ってくしゃくしゃにしてからまた伸ばします。

3個温めるなら、3個乗るくらいの大きさにすると
いいですよ。

凸凹を作って油が少しでも下に落ちるようにする
ためです。

アルミホイルをくしゃくしゃにする時に、ホイルに
穴が開かないようにして下さいね。

穴が開いて油が大量に下に漏れると、焦げる原因
になったりします。

アルミホイルの上に少し温まったチキンを並べて
魚焼きグリルで焼きます。

この時の火加減は、メーカーにもよりますが、中火の
弱火くらいで焼いていきます。

強火だと、温まらないうちに表面が焦げてしまいます。
焼き加減はお好みでどうぞ。
裏面を焼いてもいいですよ。