おむつ用ごみ箱(おむつポット)は必要?赤ちゃん用おむつポットおすすめは?

スポンサーリンク
赤ちゃん

赤ちゃんの使用済みおむつの処理に「おむつポット」や「おむつペール」と呼ばれる
おむつ用のゴミ箱を使用しているママが多いのではないかと思います。

赤ちゃんのおむつ交換は一日平均5〜6回、新生児だと10回以上にもなりますね。
汚れたおむつを保管しておくのに、おむつ専用ごみ箱(おむつポット)を
使用しているママが多いことと思います。

一方、おむつ専用ごみ箱(おむつポット)は必要ないというママもいます。
おむつ専用ごみ箱(おむつポット)について考えてみました。

スポンサーリンク

おむつ用ゴミ箱(おむつポット)は必要?

【自宅のゴミ箱が小さいとすぐにいっぱいになる】
一般的な部屋に置くゴミ箱は、さほど大きなサイズのゴミ箱ではないですね。
どちらかといえば、小さめのゴミ箱を使用していませんか。
自宅にあるゴミ箱が小さい場合、おむつを入れるとすぐにいっぱいになりますよね。

【おむつがにおう】
おむつの処理で一番困る困ることといえば、「におい」ではないでしょうか。
普通のゴミのようにゴミ箱におむつを捨てると、部屋の中に独特なにおいが漂ういますね。
おむつ用のゴミ箱(おむつポット)はそんな悩みを解消してくれます。

おむつ用ゴミ箱の種類

【専用カートリッジが必要なおむつ専用ゴミ箱(おむつポット)】
使用済みのおむつを、ひとつひとつ専用フィルムに包んで処理するタイプのゴミ箱です。

メリット
・消臭・抗菌効果があり、においが漏れにくい
・ごみの回収日を気にすることなく過ごせる
・赤ちゃんやペットがいたずらしてもおむつが出てきにくい
・においが気にならないので、どこにでもおける

デメリット
・フィルムがなくなるたびに交換する必要がある
・フィルムが入手しづらい
・コストが高い
・デザインが選べないので、部屋に置けないことがある

【市販のゴミ袋が使用できるゴミ箱(おむつポット)】

1つ1つ密閉するタイプではないので、カードリッジタイプに比べれば
においの点で劣る場合もあります。
ですが、独特の構造でにおいを防いだり、蓋を閉めると密閉されるものがあります。
おむつを卒業した後でも使いまわせるんですよ。

メリット
・市販のゴミ袋が使える
・カードリッジタイプに比べて種類が多い
・おむつを卒業しても使える

デメリット
・カードリッジタイプに比べてにおいが漏れやすい
・場所を取るので邪魔 になりがち

おむつ用ゴミ箱(おむつポット)の選び方

【常に衛星を保てるもの】
衛生的に、拭き取り掃除ができるおむつ用ゴミ箱や、中を水洗いできる
ようなタイプのおむつ用ゴミ箱は、清潔な状態を保つことができます。

【密閉性に優れているもの】
おむつの処理で気になるのは「におい」ですね。
においが漏れないような密閉性の優れているおむつ用のゴミ箱(おむつポット)を
使用すると、においに悩まされる心配がないですよね。

専用カートリッジを使用するゴミ箱(おむつポット)などは密閉性に優れています。

【ゴミ箱の容量】
一般的におむつ用のゴミ箱(おむつポット)は15L、20Lサイズです。
15Lのゴミ箱に入るおむつの枚数は、20~25枚程度です。
20Lのゴミ箱に入るおむつの枚数は、30枚以上のものが多数です。

おむつ用のゴミ箱(おむつポット)を選ぶ時の注意点

おむつ用のゴミ箱を選ぶ時に注意したいことが4点あります。
子どもや使用する部屋のことを考えてみてください。

【カートリッジタイプを選ぶときは手に入りやすいこと】
専用のカートリッジが必要なゴミ箱(おむつポット)は、カートリッジが
自宅の近くのお店で手に入るか、ネット注文する場合は、すぐに届く
ものなのかの確認が必要ですね。

おむつを使用する期間は個人差がありますが、年単位で使用する物なので、
カートリッジの価格もチェックしておいた方がいいですよ。

【ゴミ箱(おむつポット)を置くスペースが十分なのか】
おむつ用のゴミ箱は、通常のゴミ箱と違って大きいものがあるので、
ゴミ箱のサイズを確認して、おむつ用ゴミ箱(おむつポット)を置ける
スペースが十分にあるかどうかを購入前に確認して下さいね。

【お部屋の雰囲気と合っているか】
部屋に対して大きすぎるおむつ用のゴミ箱は、邪魔になってしまう
場合があります。
部屋の雰囲気と合っているかを確認しましょう。

【子供のおむつの量と合っているか】
子どもの月齢などによって、おむつ交換の回数は変わりますが、子どもが
双子や年子の場合はおむつ交換の回数が多いので小さいサイズのゴミ箱では
すぐにいっぱいになってしまいますね。

使用するゴミ箱(おむつポット)のサイズを考えてみましょう。

オススメのおむつ用ゴミ箱(おむつポット)

【コンビ Combi 紙おむつ処理ポット 強力防臭抗菌おむつポット ポイテック 】

[セット内容・付属品] 本体×1個、カセット×1個
[本体サイズ] W291×D255×H454mm

これに入れておくとほとんど臭いがしません。
ゴミ袋自体に爽やかな香りがついていて、その香りがたまにします。
ゴミ袋のセットは慣れると簡単です。
ポットへオムツを捨てるのも、入れてハンドルをくるくる回すだけなので
とても簡単です。

【コンビ Combi 紙おむつ処理ポット 強力防臭抗菌おむつポット ポイテック 】口コミ
臭いは回収するときは、それなりに有ります。
それ以外は一切臭わず、衛生面でも良いですよ。
おむつ処理をするものとは思わない程、部屋の雰囲気を壊すことなく佇んでいます。

ランニングコストが結構かかかります。

介護で大人用おむつとパット用として、とても便利です。

まったく臭いがしないというわけではありませんが、おむつを一つ一つ
包んで捨てるので、捨てるのにもまとまって1本のようになっているので
便利です。

猫用のトイレゴミ箱として使っています。
普通のゴミ箱を使用していた時は臭い漏れがひどかったのですが、
このゴミ箱を使い始めてからは一切気になりません。

 

コンビ Combi 紙おむつ処理ポット 強力防臭抗菌おむつポット ポイテック オパールグリーン ニオイごとくるんで密封


コンビ Combi 紙おむつ処理ポット 強力防臭抗菌おむつポットポイテック・においクルルンポイ 共用スペアカセット 3個パック 99%抗菌フィルム

【Aprica (アップリカ) 紙おむつ処理ポット におわなくてポイ 消臭タイプ】
[本体サイズ] (幅)21.8cm × (奥行)36.4cm × (高さ)49cm / 容量14L
収容量の目安:赤ちゃん用紙おむつ フラットタイプ32枚程度 /
パンタイプMサイズ24枚程度, Lサイズ21枚程度
カセット使用タイプです。

【(アップリカ) 紙おむつ処理ポットの口コミ】
黄緑が明るい雰囲気で部屋も明るくなりました。
何より結局はただのゴミ箱でしかない使用済みオムツ入れが、オシャレに置けます。

カートリッジは少し高価ですが、布オムツとの併用で、紙オムツをあまり使わないので、
1つのカートリッジで2ヶ月くらい使えました。

大きさはコンビのポイテックよりやや大きいです。
蓋が開けにくいので、もう少し開けやすいと良いですね。


Aprica (アップリカ) 紙おむつ処理ポット におわなくてポイ 消臭タイプ 本体 グリーン 09121 「消臭」・「抗菌」・「防臭」可

【リトルプリンセス Little Princess 【おむつ処理ポット】 カセット不要!】
[本体サイズ] W41.5×D29.5×H73cm
ポンッと入れてくるっと回すだけのおむつ処理容器です。

市販のゴミ袋(45L)を使用することができるので、専用袋を購入する必要が
なくて経済的です。

おむつを捨てたら片手でハンドルを回すだけなので、抱っこしたままでも
楽々操作することができます。

【リトルプリンセス Little Princess 【おむつ処理ポット】の口コミ
組み立ては、とても簡単でした。
操作も、とてもシンプルで、ストレスを感じることなく処理できます。

単純な操作が面白いらしく、もっぱら上の子(3歳)が捨ててくれています。
でも上蓋がないので、おむつ以外のものを手当たり次第入れては
ガシャンしてしまいます。

ものすごく便利です。
カートリッジを買わなくて良いのが経済的です。
赤ちゃんが大きくなると匂いも一人前になるので大助かりです。


リトルプリンセス Little Princess 【おむつ処理ポット】 カセット不要! で経済的 Diaper Champ くるっとポン ミディアムサイズ ブロンズ

おむつ用ごみ箱(おむつポット)はいらない?

赤ちゃんとのお出掛けでおむつ替えなどに役立つ「おむつが臭わない赤ちゃん用
おむつ処理袋」というものがあります。

この袋は、うんちの臭いを防ぐために開発されていて、防臭力は圧倒的なんですよ。 
ママ達の口コミでの評価も高く、おむつを袋に入れて結んだらゴミ箱に捨てる
だけで菌も通さず安心という袋です。

お出掛け先でおむつ交換をしたら、この袋に入れて、バックに入れても
ニオイを気にすることなく使えますのでとても重宝します。

袋サイズ:SS(200枚)S(200枚)M(90枚)


驚異の防臭袋 BOS (ボス) おむつが臭わない袋 赤ちゃん用 おむつ 処理袋 【袋カラー:ピンク】 (Mサイズ 90枚入)