アボカドの国産で人気の新潟せきね農園の場所や購入方法

スポンサーリンク
テレビ番組

アボカドは、女性はもちろんのこと男性にも人気ですね。
輸入品、というイメージが強いアボカドですが、国産の
ものもあちこちで生産されています。

中でも、雪国アボカドとして人気のある新潟市せきね農園
が、2018年12月1日「満点☆青空レストラン」で紹介
されました。

今度は、2020年11月17日「マツコの知らない世界」で
紹介されます。

新潟県で「雪国アボカド」を栽培する元ヴィジュアル系
バンドボーカルの関根邦仁さんが「国産アボカド」の魅力
を再び語ってくれます。

世の中に1000種類以上もあると言われる「アボカド」の
なかで、貴重な国産アボカドを栽培する関根邦仁さんと
せきね農園や超貴重な雪国アボカドを紹介します。

スポンサーリンク

関根邦仁さんの意外な過去

新潟市せきね農園の関根邦仁さんは、元人気ビジュアル
系バンドOZでボーカルを担当していました。

それぞれの音楽活動に専念するためOZは、7年前に
解散しました。

関名さんは、バンドを辞めたら実家を継ぐと、約束
していたためにバンド解散後31歳で実家のせきね農園を
継ぎました。

米や桃、キノコの栽培を経験してアボカドをさいばい
するようになりました。

せきね農園の場所

せきね農園は新潟市南区(旧白根市)で9代続く農家です。

旧白根市は信濃川と中ノ口川に挟まれた地形で、
二つの川から運ばれて堆積した肥沃な土壌が広がり、
昔から稲作や果樹や野菜など、様々な農業の盛んな地域です。

せきね農園は観光農園ではありませんので、
観光や見学、直売などは基本的に行っておりません。

ご購入の際は、せきね農園ホームエージで
購入可能です。

せきね農園
新潟で国産アボカドの「雪国アボカド」を栽培している農家、せきね農園です。現在国産のアボカドを約40品種栽培しています。その他、桃(もも)、平茸(ひらたけ・ヒラタケ)、お米(コシヒカリ)なども栽培しています。アボカドの販売も行っております。当園オンラインショップでの通販をご利用下さい。

アボカドの国産と輸入品の違い

一般的なスーパーで売られているアボカドは、ほお輸入品
なんですね。

皮は硬くて、食べ頃になると黒っぽくなります。
100~200円で売られていますね。

国産のアボカドは、品種によって違いますが、1個
400~500円でうられています。

国産のアボカドの主な品種

国産のアボカドは、主に3種類です。

ベーコン種:「ハス種」よりクリーミーでまろやか。
      皮は薄く日持ちしない。
      熱帯地方に比べて寒い日本でもできる
      食味のよい品種

フェルテ種:油分も多くてトロッとしているだけでなく、
      アボカド特有のえぐみや苦味が少ない。

ピンカートン種:味も濃く、油分も多く青臭さをあまり感じない。

せきね農園の雪国アボカドはどこで買える?お取り寄せは?

輸入のアボカドはほとんどが「ハス」1品種だけですが、
せきね農園では現在約40品種以上を栽培しています。

また、品種によっても収穫時期が違うので1年を通して
色々な種類のアボカドが食べられます。

そんな”せきね農園”の”雪国アボカド”を味わいには
以下の3つの方法があります。

【食べられるお店】
三日月
新潟県新潟市中央区東大通1-2-8河竹ビルB1F
12月1日(土)〜【期間限定・数量限定】「雪国アボカド」を
使ったメニュー

宇宙色の鼻
新潟県新潟市中央区古町通九番町1475番地 芳眞ビル1階
「雪国アボカド」をコース料理

【ネット通信販売】
せきね農園 公式ホームページ

せきね農園
新潟で国産アボカドの「雪国アボカド」を栽培している農家、せきね農園です。現在国産のアボカドを約40品種栽培しています。その他、桃(もも)、平茸(ひらたけ・ヒラタケ)、お米(コシヒカリ)なども栽培しています。アボカドの販売も行っております。当園オンラインショップでの通販をご利用下さい。

公式サイトから通販で購入する場合も、販売時期が
あるのでちょくちょくチェックすして下さいね。

まとめ

国産で、しかも新潟という雪国で、おいしい
アボカドを栽培している関根邦仁さんの情熱は
すごいですね。

私は、アボカドが苦手なのですが、雪国アボカドは
食べてみたいと思いました。