柏餅でみそあんは珍しい?食べる地域や東京・京都の人気店紹介

スポンサーリンク
食品・飲料

柏餅のあんこには、つぶあん、こしあん、みそあんが
ありますが、みそあんって珍しいようです。

私の住んでいる北海道では、子供の日がが近づくと、
つぶあん、こしあん、みそあんの3種類が店頭に並びます。

でも、地域によってはみそあんなんて見たことがない、
というところがあるんですね。

そこで、柏餅のみそあんの発症や地域について調べた
ことを紹介します。

スポンサーリンク

柏餅のみそあんは珍しい

柏餅のみそあんは珍しいようです。
千葉県出身の方が知っていて千葉県の方が知らない、
味噌文化が発達している名古屋のかたがしらないけれど、
京都の方は知っています。

東北でも新潟ではみそあんが販売されているのを
見たことがないという方もいれば、関西の大阪では
デパ地下では見かけたけれど、名古屋や近所の和菓子屋
さんでは見かけないそうです。

名古屋や埼玉でも売っているお店とそうではないお店が
あるといった状況です。

柏餅と使うあんが広まった様子

みそあんは、白あんにみそとみりんを混ぜて練り上げた
あんです。

柏餅ができた時に主流だったのは、みそあんだった
そうです。

日本では、最初は塩あんだったものが、砂糖が手に
入りやすくなってから、現在の砂糖で味付けした
小豆餡に変わったのが江戸時代のことです。

柏餅が、端午の節句(5月5日の子供の日)に食べられる
ようになったのは江戸時代の9代徳川家重から10代徳川
家治の頃なんです。

ほぼ、江戸時代中期の頃なんですね。
柏の葉っぱが新しい芽が育つまでは、古い葉が落ちない
ことから子孫繁栄を願ったものとして重宝されてきました。

柏餅は、参勤交代が始まって全国に広まるようになった
と言われています。

関西圏では粒あんが主流でしたが、京都だけで味噌
あんが広まって今に至っているんですね。

柏餅のみそあんが食べられている地域

柏餅をみそあんで作る地域は東京の近くの県より上の
地方ではよく見られます。
でも、関西より下の中国・四国・九州では見かけません。

柏餅のみそあんが販売されている都道府県は、北海道・
宮城・京都・滋賀・東京・神奈川・千葉・茨城・長野・
静岡などです。

東北地方(とくに北部)では、みそあんやみそだれを使った
麦餅、まんじゅう、蒸しパンにみそ味がついたものが多く。
よくスパーに並んでいます。

柏餅のおいしいみそあんが買える京都と東京のお店

柏餅のおいしいみそあんが買える京都と東京の
老舗の人気のお店を紹介します。

柏餅のみそあんが買える東京の人気店

浅草梅園柏もち

東京都台東区1-31-12にある「浅草 梅園}は
長い歴史を持つ老舗です。

1854年から続く梅園は、観光客も地元の方にも
愛されています。

こしあん・つぶあん・みそあんの3種類があり、
1個216円(税込み)で、4月10日~5月5日の販売予定です。
                                                                                    >

柏餅のみそあんが買える京都の人気店

出町ふたば

京都府京都市上京区出町通今出川上ル青竜町236にある
「出町ふたば」は創業明治32年の老舗和菓子店です。

連日多くの人が訪れます。

京都の豆餅といえば「出町ふたば」と言われるくらい
豆餅が有名です。

ここお柏餅のみそあんは独特の濃厚さとみその香りが
癖になると大人気です。

こしあん・よもぎもちタイプ・京白みそあんの3種類
があり、1個230円(税込み)です。

柏餅のみそあんは通販で

柏餅のみそあんは通販でもお取り寄せができます。
みそあんが食べてみたいけれど、手に入らない方は
是非人気の柏餅をお取り寄せしてはいかがですか。