2度生まれた赤ちゃんマックスの手術や性別や現在・ワールド極限ミステリー,

スポンサーリンク
テレビ番組

2020年1月29日のワールド極限ミステリーで、
2度生まれた奇跡の赤ちゃんが放送されます。

普通は、お母さんのお腹の中から、この世に
生まれてくるのは1度限りですよね。

お産は、普通分娩にしても帝王切開にしても
本当に大変なことです。

2度生まれたとはどういうことなのか、
マックスちゃんの受けた手術や現在を
紹介します。

また、2度生まれたリンリー(LynLee)ちゃん
についても紹介します。

スポンサーリンク

マックスちゃんの受けた手術

マックスちゃんは、妊娠20週の時、膀胱がうまく形成
されていないため、尿が体外にうまく輩出されていない
ことが分かりました。

このまま何もしないでいると、死ぬのを待つだけだった
ため、母親は、手術を決断しました。

ははおやの
子宮を切開し、マックスちゃんの下半身だけを子宮外
に出して、暴行の手術をして、子宮内に戻す、という
神がかり的な難手術でした。

この危険な手術は、見事に成功し、その後、帝王切開で
無事生まれました。

マックスちゃんの性別

2度生まれた奇跡の赤ちゃん、マックスちゃん
の性別は、男の子なのか女の子なのか、どちらでしょうか。

その名前から、男の子です。

マックスちゃんの現在

奇跡の手術が見事成功し、胎内に戻した後も
無事に成長して、2度目目に生まれた後も、無事成長
したマックスちゃんは、現在6歳になりすくすくと
成長しています。

2度生まれたリンリー(LynLee)ちゃんの受けた手術

アメリカのテキサス州で、リンリー(LynLee)ちゃんは、2度生まれる
ことになりました。

一回目の出産のとき、赤ちゃんはまだ妊娠23週と5日でした。
それは、赤ちゃんの尾てい骨にできた腫瘍を取り除くための
手術がのためでした。

腫瘍が切除されたのち、赤ちゃんはまた母胎へと戻されたのです。

赤ちゃんに腫瘍がある場合、生まれてから取り除くのが一般的
です。

しかし、リンリー(LynLee)ちゃんちゃんの場合、母胎内で、
かなりの出血があり、取り除かなければ命に係わる状態でした。

わずかな望みをかけて行われた手術は結果として大成功でした。

リンリー(LynLee)ちゃんの手術で亡くした命

リンリー(LynLee)ちゃんの手術は奇跡的に成功しましたが
お母さんは幸せだとは言えませんでした。

その手術の結果、お腹にいたもう一人の赤ちゃんが
亡くなってしまったからですした。

リンリー(LynLee)ちゃんは双子だったんです。

リンリー(LynLee)ちゃんは、手術から12週間後。5時間に
わたる手術の後、帝王切開で、この世にもう一度生まれました。

こうして彼女はこの世に「二度」生まれたのでした。

長い長い、痛みを伴う戦いののちに無事生まれてきた奇跡の
赤ちゃん。

彼女は1年に二回、お誕生日をお祝いすることになるでしょう。

リンリー(LynLee)ちゃんの現在

大手術を乗り越え、二度生まれたリンリー(LynLee)ちゃん
と、出産まで痛みと戦ったお母さんは、現在どうして
いるのでしょうか。

これに関しては、情報が見つかりませんでした。

2度生まれたもう一人の赤ちゃん

リンリー(LynLee)ちゃん同様、手術を受けた後、
再び体内の戻され、2度生まれた赤ちゃんが、もう一人
確認することができました。

それは、アメリカのジャクソンちゃん(Jackson)という
男の子です。

やはり、詳しい情報は公開されていなかったので
これ以上のことはわかりません。

まとめ

ドクターXでも、一度みかんほどの腫瘍のできた退治
を手術して、奇跡的に助ける、という内容の放送が
ありました。

子宮へ期からの出血の危険性や胎児が空気に触れる
ことの危険、子宮に戻ぢた後の羊水の量など、実際には
ありえないこととして放送されました。

それが、マックスちゃんやリンリー(LynLee)ちゃん
のような奇跡がおきて、2度の誕生日を迎えることが
できるんですね。

医学の進歩が起こした奇跡に感謝ですね。