砂糖と油どっちが太る?砂糖が油より太る理由は

スポンサーリンク
ダイエット

ここのところ、糖質制限ダイエットが注目を集めています。
今までのダイエットは、カロリーを制限することが主流
でした。

砂糖はもちろんのこと脂もカロリーが高いことから、ほぼ、
野菜やこんにゃく、海藻類など、カロリーが低いものばかり
食べて、ヘロヘロになりながらダイエットしていました。

ところが、糖質制限ダイエットは、糖質を制限するけれど、
脂質は、カロリーが高くても制限しないですね。

さて、こうなってくると、砂糖と油のどっちが太るのか、
分からなくなってしまいます。

調べたことをまとめました。

スポンサーリンク

砂糖を溶かした水とサラダ油を飲むとどっちが太る?

黒砂糖1/2カップ分を溶かした水 100cc(約400kcal分)
とサラダオイル 1/3カップ(約500kcal分)を7日間、
コップで飲み続けると、どちらが太ると思いますか?

答えは、砂糖水の方なんです。

また、コーラ 100kcalとイカの刺身 100kcalでは
どちらが太りやすいと思いますか?

答えは、コーラ100kcalのほうが太りやすいんです。

体脂肪になる栄養素は3つだけ

体脂肪になる栄養素は、「炭水化物(糖質)」、
「タンパク質」、「脂質」の3つだけなんです。

太る一番の原因は「糖質のとりすぎ」なんですね。

「糖質」というのはいろいろな種類がありますが、「砂糖」
はその中の代表格です。

砂糖は最終的に「ブドウ糖」になり、そのブドウ糖が
腸の壁から「体内」に吸収されて血液に入り込んでいきます。

食べ過ぎなどで血液中のブドウ糖が余っていた場合、一部は
肝臓や筋肉に「グリコーゲン」という形で糖質として蓄え
られますが、その容量は小さいんです。

後の残りのブドウ糖は、インスリンの働きによって、今度は
「中性脂肪」に変換されます。

変換された中性脂肪は、体中にある「脂肪細胞」の中に
溜め込まれていきます。

これが続けば「肥満」になるんですね。

砂糖(炭水化物)と油(脂肪)はどっちが太るのか

糖質は、あまると体脂肪になってしまいますが、脂質の場合は
炭水化物が無いと体脂肪になりません。

とんかつや唐揚げは太りそうですよね。
とんかつや唐揚げは、白いご飯が進みますよね。

高カロリーの唐揚げが太る原因ではなくて、実は、
白いご飯(炭水化物)と一緒に食べているのが原因
なんですよ。

砂糖が油より太る理由

砂糖と油を比べると、太るのは砂糖なのは何故でしょうか。

脂質は単体だと体脂肪になりません。
炭水化物という相棒が必要なんです。

ところが、砂糖は砂糖だけで体脂肪になれるんです。

油で揚げたドーナツは、なぜ太るんでしょうか。
ドーナツは小麦粉という炭水化物で作られていますね。

それを油で揚げたんですから油と炭水化物が出会った上に
表面に砂糖をまぶしますよね。

ドーナツについた油は、小麦粉のおかげで、体脂肪に
なるからなんですね。

太ることとカロリーの関係

人間の細胞や臓器や脳は、どれも脂肪でできてますので
油などの脂質は、体にとって必要なんです。

また、たんぱく質は、筋肉を作りますよね。
痩せやすい体づくりといえば、筋トレをしますよね。

筋肉を作るには、たんぱく質を摂らなければと思って、
鶏のささ身を食べたり、カニかまぼこを食べたり、プロテイン
を摂取したりしますね。

実は、たんぱく質は、他の主要栄養素より消化しにくいんです。
グリコーゲンと脂肪が豊富にないと、体はたんぱく質を
分解するのに糖が必要になるんです。

低カロリーのダイエット食だと、脂肪が足りなく
なりますよね。

それで、たんぱく質を分解したい体は、糖への欲求を
高めてしまうんです。

だから、痩せやすい体になるためには、油も摂取することが
必要なんですよ。

いい油をしっかり摂りつつ、適量のたんぱく質も摂る
ダイエットメニューが、最善の結果につながるんですよ。

太るのはカロリーではないんですよ

バターやオイルを溶かすと、ミセルという状態に分解され、
脂肪をエネルギーに変換するようになります。

脂質は、脳そのものもそうですし、セロトニンやドーパミン
など、脳の神経伝達物質を作るんです。

油を十分とらなかったり、悪い油しか摂らないと、作るための
材料が無くなってしまいます。

そうすると、神経伝達物質そのものが不足するか、
質の悪い神経伝達物質しか作られなくなってしまいます。

その結果、脳の機能は低下して、元気がなくなったり、
疲れたり、落ち込んだりといった症状が現れてきます。

この悪いサイクルを止めるには、良い油をとることが
必要なんです。

健康的に痩せたいなら、カロリー計算だけのダイエット
をやめましょう。

体にいい油とか脂肪が含まれているものであれば、かなりの
量を食べても太ることはないんですよ。

むしろ、体に蓄えられてしまった脂肪を、自然にエネルギー
に変える体になっていくんですよ。

体に蓄えられてしまった脂肪を、エネルギーに変えるには
そのためのエネルギー源が必要なんですよ。