高脂質ダイエットって何?金森重樹さんのダイエット本が超話題!

スポンサーリンク
ダイエット

あなたはダイエットをしたことがありますか?
最近、話題になっているダイエットといえば、糖質制限ダイエット
ではないかと思います。

結果にコミットするライザップが話題になってから、カロリーだけ
を制限するダイエットを見直す機会になりましたよね。

さて、次に話題になっているのは、高脂質ダイエットです。

チョコレートダイエット、バターコーヒーダイエット、オイル
ダイエットなど、ちょっと前までは、ダイエット中に食べては
いけないとされていた食材を使ってのダイエット法が次々と
話題になっています。

今回は、故郷納税で有名な金森重樹さんが提案する高脂質ダイエット
について、出版された本などを紹介します。

スポンサーリンク

金森重樹さんのプロフィールと経歴

1970年2月26日生まれ。

東大法学部卒業後、フリーター時代に1億円超の借金をつくる

不動産会社に就職後、29歳で行政書士として脱サラ。

現在は不動産、建築、医療法人など年商100億円の企業グループオーナー、
ビジネスプロデューサー。

結婚もしているようです。
膨大な借金を作った時も、離婚をしなかったそうです。

金森重樹さんといえば、ふるさと納税の達人としてのほうが
よく知られている方ですね。

今回は、「脂肪をもって脂肪を制す」糖質制限の達人が行き着いた
究極のダイエット法で話題になっています。

高脂質ダイエットを始めるきっかけ

東大在学中に先物取引で背負った借金1億2000万円を10年で完済した
金森重樹さんは、身長168センチで20代のころから恒常的に体重が
90キロ近くある肥満でした。

朝は起きぬけにヨックモックの「シガール」や「ドゥーブルショコラオレ」
など5種をフルセットで食べ、ふるさと納税で取り寄せたスイーツや
ケーキをお茶請けにしていました。

ふるさと納税でもらった地ビールを毎日2リットルぐらい飲んで、
焼肉をお腹いっぱいになるまで食べ、夜中には締めのラーメンをすする、
という生活を何年も続けていたと語っています。

大切な打ち合わせの直前に痛風の発作が起き、台車で新聞社の長い廊下を
運ばれる……という出来事もあったそうです。

そんな2016年の年末、歯科医院の経営にたずさわっていた関係で、
「4週間、歯を磨かないかわりに、旧石器時代食だけで暮らす。
肉と魚、ナッツ類を食べ、小麦を中心とした穀物、イモ類、乳製品は
摂らない」という研究を始めました。。

実験の結果、4週間もの間、歯を磨かなかったにもかかわらず、
糖質をとらなかっただけで歯茎からの出血は減少し、歯周ポケット、
口腔環境全体が改善されたんですね。

このとき当初90kgだった体重がわずか2カ月で約60kgまで減ったんですよ。
この思わぬ副産物が高脂質ダイエットの研究をするきっかけになったんですね。

大切なのは体重よりも血糖値?

金森重樹さんは、猛烈な勢いで糖質について調べたんですね。

人類が糖質を摂るようになった農耕文明以降、米や麦、トウモロコシ、
芋などの穀物、つまり糖質を主食にするようになってから、
人類は虫歯や歯周病の問題に見舞われるようになったということが
分かったんです。

糖質主体の食事によって血糖値が上がれば、インスリンは大量に
分泌されてしまいその結果、余ったブドウ糖は中性脂肪に変わり、
それらはやがて脂肪肝や皮下脂肪となっていくんですね。

健康的に痩せるには、糖質を制限する食生活が第一歩となります。
そして糖質制限はあくまで手段であり、本当の目的は血糖値を適切に
コントロールすることなんですね。

血糖値の測定が簡単にできる?

金森重樹さんは、ダイエットといえば、体重計の数字が一番気になる
ところですが、体重よりも血糖値」を気にするべきだと考えます。

血糖値の測定というと、れまでは指先に針を刺して採血するタイプの
機器が主に使われていたんですね。

毎回毎回、指先に針を刺して血糖値を自己測定するのは大変でした。

そんな中、2017年に革新的な「フリースタイルリブレ」という
測定ガジェットが発売されました。

腕に装着すると2週間くらい血糖値のリアルタイムな変化を測ることが
できるんですよ。

数字の変化はリーダーで読み取ることができ、集積されたデータは
パソコンで管理することも可能なんです。

もともと、糖尿病の患者さん向けの血糖測定器として開発されたもの
なんですよ。

二の腕に500円玉ほどのセンサーをつけて、スマホ型のリーダーで数値を
読み取るだけなんです。

服の上からでもOKです。
使い方がとっても簡単ですよね。

センサーによって、グルコースが連続的に測定されているので、
食事中でも運動中でも24時間、リアルタイムで血糖値が把握
できるようになるんですよ。

なにを食べたら、どれくらい自分の血糖値が上がるのかが可視化
されるんですね。