おはぎをダイエット中に食べても痩せる理由と食べ方

スポンサーリンク
ダイエット

おはぎは、古くからお彼岸によく食べられる食べ物ですね。

もち米をあんこで包んだ食べ物なので、高カロリー・高糖質
なので、ダイエット中に食べてはいけない食べ物と思いますよね。

おはぎのもち米やあんこは高カロリーなのににダイエット効果が
期待できるんですイオ。
食べ方次第では痩せることも可能とも言われています。

そこで、おはぎがなぜダイエット中でも痩せる効果が期待できると
言われているのかをまとめました。

スポンサーリンク

おはぎをダイエット中に食べても痩せる理由

食べる量や食べ方にもよりますが、おはぎは
ダイエット中に食べても痩せるんです。
その理由は以下になります。

もち米やあんこの食物繊維

おはぎに使用されるもち米やあんこには、「食物繊維」が
豊富に含まれているんですよ。

この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整え、
便秘を解消してくれる働きがあるため、ダイエットに
効果が期待できると言われているんですよ。

便秘になることで、体に老廃物や毒素が溜め込まれ
やすくなりますが、食物繊維によって便秘が解消されると、
老廃物や毒素が排出されやすくなるので、痩せやすい
体を作ることができるからなんですよ。

あんこのサポニン

あんこには、「サポニン」という成分が豊富に
含まれてい。

このサポニンは、あんこの原料である小豆由来の
成分なんですが、あんこに調理してもサポニンの効果
を受けることができるんですよ。

サポニンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる
働きがあると言われています。

血液中のコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も
減らすことができるので、肥満を解消することができる
んですよ。

あんこのポリフェノール

あんこには、小豆由来の成分である「ポリフェノール」も
豊富に含まれているんですね。

このポリフェノールには、抗酸化作用という、体を
若返らせてくれる働きがあります。

私たちの体は日々、活性酸素という物質によって、
老化しているんですね。

体が傷つけられると、体の働きが鈍くなり、その結果
基礎代謝が落ちてしまい、太りやすくなってしまうんですすね。

ポリフェノールを摂取することで、その活性酸素を
撃退してくれるので体が若返り、基礎代謝がアップし、
痩せやすい体を作ることが期待できるんですよ。

おはぎのカロリー

おはぎのカロリーは、作り方やレシピ、原料などに
よって異なりますが、おはぎは1個あたり、約180Kcal
になります。

100gで考えると、白米約168Kcalに対し約268Kcalです。

カロリーだけみるとやっぱりダイエットには向かない
ような数字ですね、

おはぎの糖質

おはぎの糖質は、100g換算で45.3gです。
ちなみに他の和菓子と比較すると、
みたらし団子:44.9g
大福:50.4g

同じ餅米でできているのであまり差がないですね。

でも洋菓子や果物と比べると、アイスクリーム:22.2g、
バナナ:22.6gですから、随分と、糖質に差があるんですね。

炭水化物であるもち米と、砂糖の入ったあんこが原料の
おはぎはやはり糖質も高いんですね。

おはぎのダイエット効果を引き出す食べ方

ダイエット中に食べても痩せる効果が期待できるおはぎ
ですが、以下のことに注意して食べましょう♡

【おはぎの種類】
こしあん・つぶあんであれば、つぶあんがオススメです♡
また、きな粉やずんだは一見カロリーが低そうに見えますが
あんこだけのものより実は高カロリーが高いんですよ。

ダイエット中におはぎを食べるのならば、粒あんを
選びましょうね。

【飲み物は緑茶を選ぶ】
おはぎを食べるときのおすすめの飲み物は緑茶です。

緑茶にはカテキンが含まれています。
カテキンには、摂取された脂肪が体内に吸収されるのを
防ぐ効果が期待でき、ダイエット効果を高めてくれます♡

さらに温めて飲むとより効果が期待できますよ。♡

【食べるタイミングに注意】
糖の吸収を穏やか胃にするには、おはぎは食べる
タイミングが重要なんです。

空腹時にいきなり食べると血糖値が急上昇して、
太りやすくなるんですね。

間食としておはぎだけを食べるのではなく、食後の
デザートとして食べるようにしましょう♡。

それでは夜おはぎをたべるのはどうなのかは
夜のおはぎは太るけどカロリーや糖質や太らない食べ方があるへ

そうすると、野菜やたんぱく質を食べた後なので、
糖の吸収が穏やかになるんですよ。

私は、糖尿病の治療中ですが、晩御飯後のデザート
としておはぎやケーキなどを食べていますが、血糖値
は、少しづつ下がり続けていますよ。

【どうしても間食に食べたい時は】
間食におはぎをどうしても食べたい時は、低GI値食品
である大豆製品、無糖ヨーグルト、きのこ、海藻、
ナッツなど、食物繊維が多いものや低GI値のものを
食べてからにしましょう。

【糖質が少ない食材で手作り】
もし余裕があれば、手作りがオススメです。

・砂糖少なめであんこを作る
・砂糖をラカントなど糖質ゼロの甘味料で代用する
・もち米に麦や玄米を混ぜる
・おからや豆腐でかさましする

ダイエット中だと我慢している分どうしても甘いものは
食べたくなる時がありますよね

そんな時、少しでも甘さなどを調整し手作りでヘルシー
おはぎを作りましょうね。