ショーツの替え時や寿命はいつ?ゆるゆるだと服の上からでもわかる!

スポンサーリンク
ファッション

ショーツの替え時って、どんな状態なんでしょうか?ちょとゆるゆるに
なっても、ついつい履き続けてしまいますが、寿命を過ぎたショーツは
お尻の部分が上がってしまったり、変なところに食い込んでしまったり、
なんとなく、気持ち悪いですよね。

そこで、ショーツの替え時や寿命とはき心地のいいショーツを紹介しますね。

スポンサーリンク

ショーツの寿命 ゴムの状態

ショーツのゴムは、どうなっていますか?
ゴムが色あせていたり、黄ばみほつれ、ゆるみなど傷んでいませんか?

ちょっと黄ばんでいたり、ゆるんでいたり、ほつれていたりしても、
まだ履けるからと、ついつい浸かってしまいますよね。

でも、ゴムが傷んでいたら、ショーツの布地部分もかなり傷んでいる
んですよ。

これはもう、ショーツの寿命なので替え時ですね。

ショーツの布地の寿命のみきわめ

あなたは、どんな素材のショーツをはいていますか?
多くの方は、綿と河川の混紡のものが多いかと思います。

ショーツの布地も、吐き続けているうちに、毛玉ができてきませんか?
特に、化繊の混紡率が高いものは毛玉ができていることがありますね。
こうなってしまったら替え時ですね。

次に、布地が色あせてきたら、寿命ですね
せっかくのお気に入りの色や柄なので、できるだけ長くはき続けたい
ですが、はあざわりも悪くなっていますので、替え時です。

もうひとつは、ショーツのクロッチ(股の部分)です。
この部分は、ほかの部分に比べて傷みやすいし汚れ安いです。
クロッチの状態も替え時を見極めるサインですよ。

ショーツのチェックをする時を決める

ショーツって、ある程度の枚数をもっていて、毎日履き替えるので、
気が付くと、異端あショーツをはいてしまっている、ということが
ありませんか。

毎日忙しい日々を送っていると、まあいいか、とやり過ごしてしまいがち
ですよね。

そこで、ショーツをチェックする日を決めることをお勧めします。
私は、衣替えの時についでにチェックしています。

特に、冬物から春・夏ものに衣替えする時に、チェックしています。
なぜならば、ショーツがよれよれだと、意外に服のうえから、
ショーツのよれよれが見えてしまっていることがあるからなんです。

合わないショーツをはくと骨盤にも影響があることも

日常よくする動きの中に、「歩く、かがむ」というものがりますが、
この時、おしりの下部は、とてもよく動きます。

この股関節が曲がった状態の時に、ヒップの下部の足回りの部分の
ショーツのゴムや布が浮いていると、ずり上がってしまいます。

すると、はみ出したヒップの肉が垂れてしまうんですね。
さらに、骨盤の位置がすれてしまう原因の一つにもなることが
あります。

それでなくても、ヒップは、年齢とともに垂れさがっていくんですね。
ですから、寿命を過ぎて、ゆるゆるになったり、きつくなったりした
ショーツをはき続けることは、お勧めできません。

トラタニショーツはおばさんくさいけどずり上がらない

ショーツの寿命がきて、買い替えを検討中なら、動いてもずり上がらない
快適ショーツのトラタニショーツが人気です。

口コミは以下になります。

レース地の部分も、めくれあがる事もなく、手触り感、フィット感がとても良く、
太ももからお尻にかけても違和感なく、優しく包み込まれている感じです
お腹の窮屈感もなく、履き心地は「とても良い」と思います。

ずれない安心感というか包み込む感は素晴らしい。
ゴムの跡がつくこともなく気持ちよく着用できます。

生地はやわらかくレースも痒くならず履き心地は悪くは無いです。
ただかなりオバさん感があり絶対に履いているところは人に見られたくないです。


(トラタニ) Toratani細幅レースショーツ509普通丈 (LL, ピンク)