『知らなくていいコト』第2話あらすじネタバレ・ゲストの経歴も

スポンサーリンク
知らなくてもいいコト

1話では、母の杏南の残した「キアヌリーブス」から、
父親の情報を探していくうちに、自分は、殺人犯の
子供ではないかという疑問にたどりつきましたね。

そして、この秘密に元カレ尾高が関わっているのでは、
という疑問が出てきましたね。

また、今カレの野中春樹に、いったんはプロポーズ
されるものの、結局結婚を断られてしまいましたね。

それでは、第2話のあらすじネタバレはどうなるのでしょうか。

『知らなくていいコト』2話の無料動画・見逃し配信・再放送情報

知らなくていいコト あらすじとドラマのキャスト プロフィール

知らなくてもいいコト主題歌は?歌手は?発売日や歌詞や挿入歌は?

スポンサーリンク

第2話あらすじ

母・杏南(秋吉久美子)の遺品から、自分の父親が、かつて
世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫)かもしれない
事を知ったケイト(吉高由里子)。

そのことで、春樹(重岡大樹)からプロポーズを取り消されて
どん底の気分の中、次週のネタとして”DNA婚活”について
調べるよう振られる。

事前にDNAを調べた上で、相性のいい相手を紹介してくれる
という結婚相談所についてうさん臭く感じるものの、
早速ケイトは実際のDNA婚活イベントの取材へ。

見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りに
したグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに
洗脳めいたものを感じるケイト。

しかし10組中9組のカップルが一番DNAの相性のいい
相手を選ぶという結果に!

イベント終了後、ケイトは1組だけカップルが成立しなかった
男性参加者・山際(えなりかずき)が結婚相談所事務局の
女性・笹野(市川由衣)と訳ありな様子を目にするが。

一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が
編集長の岩谷(佐々木蔵之介)に移動の相談をしていて。

その夜、遺伝学の教授から「親の経験が子供に遺伝する」
というマウス実験について聞いたケイトは、殺人犯・
乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれない
と陰鬱な気分で家路につく。

撮影に向かう尾高(江本佑)と鉢合わせたケイトは、
かつて出所時の乃十阿の写真を撮った尾高が自分に
何かを隠していることを確信し、尾高に迫るが?。

2話のネタバレ

【ケイト絶不調に陥る】
2019年12月3日(水)
ケイトは、半月で4キロも痩せてしまった。

母親の遺品から、殺人犯・乃十阿徹が自分の父親かもしれない
とわかったこと、そしてそれがきっかけで恋人だった春樹から
プロポーズを撤回されてしまったことなど。

ケイトは、この状況をどうしたらいいものかと悩んでいた。

【春樹に声をかける】
ケイトは、春樹をカフェに誘う。
だが、春樹は乗り気ではなく「要件は何ですか?」とよそよそしい。

ケイトは、春樹に「殺人犯の子と決まったわけではありません。
別れると結論づけるのは早くないかな?撤回しない?撤回して
ください。」と言う。

だが、春樹は「撤回できません!」ときっぱり断った。

【編集部にて】
尾高が撮影した、グラビアアイドルの写真を見て、評価をする
編集長の岩谷。

動物を追わずにここへ戻って来いと声をかけるが、尾高は
「スクープを追う体力はもうない」と断る。

【DNA婚活の現場へ取材】
ケイトは、次週のネタとして“DNA婚活”について調べるよう振られた。
見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにした
グループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを
感じた。

そして、パーティーの結果…10組中9組のカップルがマッチング通り
DNAの相性のいい相手を選ぶという結果に驚く。

ケイトはその後、会員たちにも取材をさせてもらう。

【春樹が岩谷に異動願い】
岩谷にケイトと別れたことを話し、編集部から異動をさせて欲しい
とお願いする春樹。

「男女問題で異動はさせない主義なんだ。そういうもんじゃないんだ、
仕事って。」と答える岩谷。

別れた理由を聞かれたが、春樹は「それは言わない約束なので。」
と話さなかった。

【2人はワケあり?】
取材後、ケイトたちは先ほどマッチングしなかった男性・山際(
えなりかずき)が結婚相談所事務局の女性・笹野(市川由衣)と
訳ありな様子を目撃する。

同じ取材班の佐藤に後を追ってもらう。

【自分のDNA】
一方で、ケイトは遺伝学の教授に会っていた。
『親の経験が子供に遺伝する』というマウス実験について聞いた
ケイトは、乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれない
と思うと、憂鬱で仕方なかった。

その後、佐藤から山際たちについて連絡が入るが、2人はあの後、
何事もなく別れたということだった。

ケイトは、乃十阿の事件を改めて調べてみた。
当時のニュース動画を見て、いたたまれない気持ちになる。

編集部に一人だと思っていたケイトだったが、別の部屋で仮眠を
取っていた春樹が出てきて驚く。

ケイトは「コーヒー飲む?」と声をかけるが、何も答えずケイトを
見る春樹。

その目線が怖く感じ、「そんな怖いもの見る目で見ないでよ。
私が何したっていうの?私が人殺しだとでも思ってるの?見損なったよ。
野中。」と言って、編集部から出て行く。

【尾高と会う】
帰り道、ケイトを見つけ「家まで送ってくよ」と声をかける尾高。
ケイトは、これからイエコウモリの撮影に行くという尾高に、
付いて行くと言う。

そして、「犯罪遺伝子」について調べたこと、自分の父親が乃十阿徹
かもしれないことを話した。

その話を聞いても驚かない尾高を不審に思い、「何か知ってるでしょ?」
と尋ねる。

尾高は、3年前、乃十阿徹の出所時の写真を撮影し、雑誌に掲載された後、
ケイトの母親から電話をもらった。

そして、乃十阿を追いかけるのをやめてほしいと言われる。
「その人、ケイトの父親なの。」と言われ、驚く。

杏南が乃十阿の元へ戻ろうとした時、すでに乃十阿は教授になり、
妻子がいた。

杏南は、どうしてもっと早く再会していなかったんだろうと思ったという。
でも、彼との愛の証が欲しいと思い、一人でケイトを産んで育てた。

【DNA婚活の取材】
そして「乃十阿は人を殺すような人ではありません。ケイトがいつか、
乃十阿と私の接点を知るかと思ったら耐えられない、もう、
そっとしておいてあげてください。

何もかも、あなたが汲んであげてください。ケイトをお願いします。」
と話した。

【DNA婚活の取材】
ケイトは、山際のところへ、DNA婚活について取材に行く。
もちろん、そこに笹野がいることも分かった上で。

2人は付き合っているが、DNAの相性は最悪だったそうだ。
だが、山際は笹野のことが好きだから結婚して欲しいと言う。

こんなに愛してもらっているのに、DNAの呪縛から抜け出せない笹野。
ケイトは「DNAなんて関係ないってプロポーズしてくれる人、
そんないい人なんていませんって!」と、つい自分のことと照らし
合わせてしまい、熱くなってしまった。

だが、山際の気持ちは素晴らしいし、笹野も山際のことが好きなのは
確かなんだから愛を信じて欲しいと話す。

【週刊イースト発売】
12月11日(水)
ケイトの「DNA婚活」の記事が載った週刊イーストが発売される。

この取材記事の最後に「DNAがなんだ」と書いていた。
春樹は、その記事を読み、複雑な表情を浮かべる。

夜、ケイトは岩谷と飲みに行く。
「やっぱりケイトは尾高が合ってたな。」と言われる。

ケイトはその後、尾高の元を尋ねる。
尾高は、どうして乃十阿のことを話してくれたのか聞くと、
「苦しそうだったから」という。

尾高は、実は過去にケイトにプロポーズをしたことがあった。
だが「結婚はしない。誰とも。」と答えたケイト。

ケイト「あれって何で?結婚とかしないで、このまま仲良く
やっていけたらいいねって言ってたのに。」

尾高「何でプロポーズしたか?それは…ケイトを離したく
なかったからだよ。のんきに動物を撮ってる尾高さんなんて、
尾高さんじゃないと言われてショックだったよ。でも、ケイトを
離したくなかった。」

ケイト「大事なことなの。私が乃十阿徹の子供だってわかってて、
結婚しようって思ってくれてたってこと?」

尾高「うん」

ケイトは、なんであの時、気付かなかったんだろう…。
なんで、この人を捨ててハルくんに乗り換えたんだろう…。
そう思うと涙が止まらない。

時間よ…とまれ…

2話の感想

母杏南に突然先立たれ、春樹に、プロポーズを撤回されて
深く傷つくケイト。

DNA婚活の取材で、親に受けた反応が、子にも表れる
と聞いて、自分は殺人犯の子だということを受け止め
きれないでいましたよね。

確かに、遺伝子って自分を残そうとするあまり浮気をする
んだそうです。

若くて、仕事が面白くて夢中になっていたいた頃には
尾高の深い愛情に気がつかなかったケイトが流した涙は
ジーンときましたね。

元カレ尾高と今カレ野中の評判と感想

同じ職場に元カレ尾高と言負けれ野中がいるという
危うい関係が、様々な評判を呼んでいます。

確かに、このドラマの元カレ・尾高役の江本佑さんは、カッコ
よすぎですよね。

ん~~~、来週はケイトとキスをするし、でも、尾高さんは
別の人と結婚してしまっているんですよね。

結局、不倫ということになり、最終的にケイトが傷つかなければ
いいですけれど……。

今カレの野中役の重岡大毅クン、演技力がありますね。
カイトが年上の彼女だし、バリバリのキャリアウーマン
だから、自分が守ってあげるというより、見守っていて
もらいたい、という気持ちなのかな。

だとしたら、ケイトが殺人犯の娘だということを、抱え
切れないよね。

でも、そんな弱い自分を受け入れられないよね。
そんな気持ちをうまく演じているなあと思います。

ゲスト 市川由衣さんの経歴

生年月日:1986年2月10日

出身地:東京都

血液型:A型

身長:158cm

所属事務所:研音

小学校のころから読者モデルとして活動し、14歳の時に
東京・原宿でスカウトされ、芸能界デビュー。

初めはグラビアアイドルとして活動し、2001年6月に
写真集『ユイズムびーむ』を発売。

その一方で、同年7月にドラマ『渋谷系女子プロレス』
(テレビ朝日系)で女優デビュー。

2002年には舞台『役者修行』で舞台初出演。
2003年に映画『呪怨』で映画デビューし、同年11月には
歌手の森高千里のシングル『雨』のカバーでCDデビュー。

その後も、映画『サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜』や『NANA2』、
ドラマ『ラスト♡シンデレラ』(フジテレビ系)、
大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK総合)など、数多くのドラマや
映画に出演。

現在も数々の作品に出演する人気女優として活躍している。
俳優の2015年9月8日戸次重幸さんと結婚

2016年9月26日に第1子となる男の子を出産しました。

ゲスト えなりかずきさんの経歴

名前   えなりかずき

生年月日 1984年11月9日(35歳)

出身   東京都世田谷区

学歴 成城大学文芸学部文化史学科

所属   JDS

1987年、3歳の時、フジテレビのバラエティ番組「志村けんの
だいじょうぶだぁ」で子役デビュー。

1990年、「渡る世間は鬼ばかり」に出演し人気に。
泉ピン子と一緒に出ると発疹が出たり、おかしくなる
と申し出tことから、橋田寿賀子さんの怒りを買い、
出演が激減しました。

2015年に放送された特番が最後で、今年9月に放送された
特番でも一緒のシーンはありませんでした。

2012年5月に放送された、フジテレビ「なかよしテレビ」で
「韓国は自信過剰になっていませんか?」のテーマで
韓国に対する「剣道の韓国起源説」などに反発する内容
を発言するなどして、テレビ出演が激減しました。

まとめ

元カレと今カレがおない職場にいるという展開は、
やはり、あぶなっかしいですね。

3話ではどのような展開になるのか楽しみです。