子供でも飲める甘酒とはどんなもの?安心安全の国産おすすめはこれ!

スポンサーリンク
食品・飲料

ここ最近、発酵食品が健康に良いというテレビ番組をたくさんみかけます。
その中の一つに「甘酒」があります。
飲む点滴といわれる甘酒ですが、実は2種類あることをご存知でしたか?
子供でも飲める甘酒は、どんなものなのでしょうか?
ひなまつりにかぞくぜんいんでのめる甘酒はどんなものが良いのでしょうか?

スポンサーリンク

子供が飲める甘酒は?

甘酒には、米麹で糖化させて作った甘酒と、酒粕に水分と砂糖を混ぜて作った甘酒の
2種類があります。

米麹で作った甘酒は、麹の酵素の分解力で糖化させて作られています。
甘い味に仕上がりますが、砂糖などは入れていないのに甘くなるんです。
自然の甘みなんですね。。

そして、甘酒と、「酒」の字が使われていますが、、米麹で作った甘酒の方は、
アルコールが入っていないんですね。

ですから、子供や妊婦さんなどが、安心して飲めるんですね。

一方、酒粕で作った甘酒の方は、酒粕に水分と砂糖を混ぜて作られて
いるんですね。

酒粕も栄養豊富ですので、健康食品として注目されています。
酒粕そのものは、日本酒を造った時にできる絞り粕なんですよ。

ですから、アルコールが残っている可能性があるんですね。
しっかりと処理して作られていない酒粕で作る甘酒には、アルコール分が
含まれている可能性があるので、子供に向いていないんですね。

また、酒粕自体にも味がないので、砂糖と塩で、甘さを出しています。

普段のお料理の味付けに、お酒を少量浸かっているものを子供も食べています
ので、酒粕で作った甘酒も、残っているアルコール分と、飲む量にもよりますが
、子供に安心して飲ませるのは、米麹で作った甘酒ですね。

子供が甘酒を飲めるのはいつから?

子供というのは何歳からなのでしょうか。
赤ちゃんから米麹で作った甘酒を飲ませてもいいのでしょうか。

甘酒を子供、赤ちゃんに飲ませても良い時期というのは、個人差もあるんですね。
一般的には、米麹で作った甘酒を飲ませるのであれば、離乳食後期からが良いと
されているようです。

ということは、10ヶ月以降から、という月齢からになるんですね。

ですが、米麹の甘酒だったらどんな製品でも飲ませることができるのかていうと、
装とは言い切れないんですね。

甘酒は、米麹から作ったものでも、かなり甘いですので、10ヶ月以降の子供
だったとしても、こんなに甘いものを飲ませてもいいのだろうかと思いますよね。

そこで、10ヶ月以降の子供たちも安心して飲むことができる米麹で作った甘酒を
ご紹介しておきますね。

子どもや妊婦さんでも安心して飲める甘酒はこれ!

【マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒 】

マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒 125ml×18本

マルコメ「プラス糀」シリーズより、飲む麹「プラス糀 甘酒」がおいしくなって
新登場しました。

米糀から作り、無加糖・ノンアルコールにこだわった「甘酒」です。
濃厚でどこか懐かしい昔ながらの甘酒の風味を感じられます。

優しい甘さのおいしい甘酒です。
甘酒風味の蒸しパン。などを作ってもおいしいですよ。

丁寧に作られていて、サッパリとした味でありながら甘酒の良さがkン地られます。

分量が125mlでちょうど良いとかんじるかたが多いです。
出勤前や食欲が無い時などにも飲み切れます。

お好みで砂糖・塩・ミルクなどを加えてもいいですよ。

また、イチゴなどの果実とミキサーにかけてスムージー風にして飲むと
美味しい上に、お腹にやさしいですよ。

【マルコメ プラス糀 米糀から作った糀甘酒LL 】

マルコメ プラス糀 米糀から作った糀甘酒LL 1000ml×6本

自然の素材にこだわったマルコメの甘酒です。
米、米こうじのデンプンを分解し、自然の甘みを引き出したストレートタイプの甘酒です。

適度な塩分があって、夏の熱中症対策にも最適ですよ。
質素な食生活であった江戸時代、一杯四文であったこともあり、甘酒は夏の栄養ドリンク
として頻繁に飲まれるようになりました。

アルコール0%なので、小さなお子様にも安心です。
好きなときに好きな量を飲める大容量タイプですので、毎日の習慣に
なっている方へおススメです。

グラスに入れて冷凍庫に入れておいて、風呂上がりに頂くと、柔らかい
シャーベットのようで、美味しいですよ。

砂糖が入ってないとは思えないくらい甘いのに飲みやすいいです。
飲む前は、上下によくふったほうがいいですよ。

2歳の子どもさんも大好きで、よく飲んでいます。