バナナジュースは何歳から飲ませる?安全なのはいつ頃から?

スポンサーリンク
赤ちゃん

バナナジュースの人気が急上昇しています。
甘くて飲みやすいうえ、栄養が豊富で、ダイエットに
取り入れることもできるんエスね。

健康や美容に効果が期待できるバナナジュースですが、
赤ちゃんや幼児には何歳から飲ませていいのでしょうか。

調べました。

スポンサーリンク

バナナジュースの材料

バナナなジュースの材料は、レシピによって様々ですが、
比較的シンプルな材料は以下になります。

【材料 ( 1 人分 )】
バナナ1/2~2/3本
牛乳120ml
レモン汁小さじ2
ハチミツ大さじ1

これらをミキサーにかければ出来上がりです。
バナナh、蚊wの表面に茶色いシュガースポットと世bレる
斑点ができているくらい熟しているものが美味しいですよ。

また、使うバナナは、なまのものでなくても、スライスして
冷凍しておいたものでも美味しくできます。

牛乳の代わりに豆乳を使ってもいいですよ。
レモン汁は、風味付けと、ジュースの色の変色を防いでくれます。

はちみつは、まろやかな甘みをぷらすしてくれますね。

バナナはいつから?量はどのくらい?

バナナジュースの寺領えあるバナナは、すりつぶすことができ、
調理することなく食べられるので、離乳食に取り入れやすい食材
ですね。

【離乳食初期(5~6カ月)】
なめらかにすりつぶして、体調やご機嫌が良いなど子どもの様子を
見ながら、1日1回1さじずつ与える

【離乳食中期(7~8カ月)】
バナナは、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)
1回当たりの目安量は20~30g

【離乳食後期(9~11カ月)】
バナナは歯ぐきでつぶせる硬さなので、粗くつぶすか
薄くスライスして、スプーンでつぶしながら与える
1回当たりの目安量は30~40g

【離乳食完了期(12~18カ月)】
薄くスライスしたり、手で持てるくらいのスティック状
にして与える
離乳食完了期(12~18カ月)

牛乳と豆乳はいつから?量はどのくらい?

赤ちゃんは大人と比べて消化機能が未発達で、たんぱく質を
分解する力が弱かったり、異物を防御する機能が未発達だったり
という特徴があり、アレルギーを引き起こしやすくなっています。

牛乳は、たんぱく質の分子量が大きいため、赤ちゃんが摂取
するとうまく分解できず、アレルギーを引き起こす可能性が
あります。

初めて牛乳を使うときは必ず加熱し、20?30mlくらいの少量
から始め、赤ちゃんの体調の変化などを注意深く見てくださいね。

赤ちゃんに牛乳をそのまま飲ませるのは、1歳を過ぎてから
にしましょう。

【離乳食初期(生後5~6ヶ月)の後半】
離乳食の材料に牛乳を使う前に、牛乳よりもたんぱく質の分子が
小さいヨーグルトを離乳食初期の後半から与え、乳製品に慣らして
おきましょう。

ヨーグルトは砂糖が入っていないプレーンタイプを選びます。
牛乳を与える量は、20~30mlから始めます。
                                                                                                                         
【 離乳食中期(生後7~8ヶ月)~後期(生後9~11ヶ月)】
離乳食の中期からは、離乳食の進み具合や赤ちゃんの体調を
身て、牛乳を使っていくことができます。

生後7~8か月では、1回の食事で55ml、後半は75mlを目安に
使いましょう。
生後9~11ヶ月では、1回の食事で90mlが目安になります。

初めて牛乳を与える時は、必ず熱して下さいね。                                                    

【 離乳食完了期(生後1歳~)】

1歳を過ぎて、牛乳アレルギーの心配がないことが分かったら
そのままの状態の牛乳をあたえてみます。
最初は、人肌程度に温めたものから、次に常温、問題なければ
冷蔵庫から出した冷たいもの、と進めていきます。

1回の食事で牛乳110mlが目安になります。

豆乳も、牛乳とほぼ同じですが、与えるならば無調整の
豆乳を選びます。

いずれにしても、あくまで目安ですので、赤ちゃんの様子を
身ながら進めて下さいね。

はちみつを赤ちゃんに与える注意点

バナナジュースの材料に使用したはちみつは、1歳未満の
赤ちゃんに食べさせてはいけない食材です。

それは、はちみつに含まれている「ボツリヌス菌」により
「乳児ボツリヌス症」という病気を発症してしまうことが
稀にあるからなんです。

ボツリヌス菌は、自然界に広く存在している、食中毒を
引き起こす菌のひとつで、酸素の少ない環境を好む性質を
持った菌です。

はちみつに含まれるボツリヌス菌は、ごくわずかです。
大人が食べても何の問題もありませんが、腸が未熟な
赤ちゃんは、稀にボツリヌス症を発症してしまい、
最悪の倍は死に至ることもあるんですよ。

100御程度の熱では、長時間加熱しても死なない菌なので、
1歳未満の赤ちゃんには食べさせてはいけません。

ですから、バナナジュースにはちみつを入れた倍は
1歳未満の赤ちゃんに飲ませてはいけませんね。

まおめ

バナナは、離乳食中期来から与えてもいいけれど、
牛乳や豆乳、はちみつなどをブレンドしたバナナジュース
は1歳過ぎに与えるほうが安全ですね。

たんぱく質を十分分解できる腸に成長し、はちみつに
わずかに含まれているボツリヌス菌え、病気が発症しない
月齢になってから飲ませてあげて下さいね。