バームクーヘンとバウムクーヘンの違いって何?日本とドイツの違いは?

スポンサーリンク
食品・飲料

あなたは、お菓子やケーキは好きですか?
私は、大好きです。
なかでも、息子が好きなバームクーヘンは、色々なタイプ
のものがあって、どれも食べたいなあと指をくわえて眺めています。

ところで、バームクーヘンと、バウムクーヘンという表記を
発見して、違いってあるのかな?と疑問が湧いてきました。

そこで、調べたことをまとめました。
また、2019年8月27日「マツコの知らない世界」で放送された
バウムクーヘンとバームクーヘンの違いについても
紹介します。

スポンサーリンク

バームクーヘンとバウムクーヘンの違いは何?

バームクーヘンとバウムクーヘン、どちらも明確な違いがない
商品のようにみえます。

これって、使っている材料が違うの?焼き方が違うの?
産地が違うの?

バームクーヘンは元々はドイツ語で、Baumkuchenと書きます。
Baumには木という意味があり、kuchenにはケーキと言う意味があります。

ドイツ語で発音すると、バームと言うよりはバウムとなるんですね。
kuchenは、そのままクーヘンと発音しますので、続けて読むと、
バウムクーヘンの方が本来の発音に近くなります。

しかし日本ではバームクーヘンと表記されることが多かったんですね。
スパゲティとスパゲッティ、キウイとキーウィ、ドーナツとドーナッツ
メインとメーンという表記があるのと同じなんですね。

バームクーヘンとバウムクーヘンは、同じもので、どちらが
正しくて、どちらが間違いということはないんですね。

ドイツのバウムクーヘン

バウムクーヘンは、表記の説明にあるように、ドイツのお菓子
なんですね。

バウムクーヘンを名乗ることができるのは、以下の条件を
満たしていなければなりません。

●油脂はバターのみ
●ベーキングパウダーを使用しない
●バター、小麦粉、砂糖1に対して、卵を2とすること

材料が限られているドイツのバウムクーヘンは、日本のそれとは
違いずっしりとしたものなんですよ。

ドイツのバームクーヘンは、19世紀前半の誕生以来、訓練を積んだ
職人のみが作ることを許されている特別なお菓子なんですよ。

街で見かけるコンディトライ(ドイツ語でケーキ屋さんの意味)
にはほとんど置いてなく、購入できるお店が限られているんです。

砂糖、バター、卵、小麦粉、マルチパン(アーモンド入りの甘い練り菓子)
などの基本的な材料に加え、シナモンやカルダモンといったスパイスや
ラム酒が使われます。

お店によって違いがありますが、ピリッと刺激のある深い味わいが
ドイツのバームクーヘンなんですよ。

表面は、乾燥を防ぐために糖衣やチョコレートでコーティング
されているのが一般的なんですよ。

特別な日のためにのお菓子なので、食べたことがない、という
ドイツ人がいるんですよ。

マツコの知らない世界 バームクーヘンとバウムクーヘンの違い

8月27日(火)放送の「マツコの知らない世界」では、
全国に9000人の会員を持つバウムクーヘンサークルの2トップ、
田辺マミ氏と福永小雪氏が登場して、バウムクーヘンと
バームクーヘンの違いを力説していました。

ドイツの、厳格に定められた材料の配合と職人による作り方
以外のものは、バウムクーヘンとは認められない、日本で
発展したものの多くは、バームクーヘンであって、
バウムクーヘンではない、というんです。

田辺マミ氏と福永小雪氏が認めたバウムクーヘンを食べた
マツコさんは、「全然違う、おいしい」と絶賛していました。
日本で作られているバウムクーヘンとして紹介されたのが
以下になります。

【京都府ズーセスヴェゲトゥスはちみつバウムクーヘン箱付き2,365円】

【洋菓子工房 年輪舎 手焼きバウムクーヘンプレーン2,400円 】

【カーぺ・カイザー兵庫県バウムクーヘンクラシック箱入り5,832円】

1日1本しか焼けないバウム
【デルペア 奈良県 自然のバウムクーヘン 簡易個装3,888円】

日本のバウムクーヘン

日本のバウムクーヘンは、実に色々な種類があります。
特別な日だけではなく、食べたいな、と思った時に
お取り寄せができます。

形も、色々な物がありますし、味も甘すぎず、年代も問わず
すきなひとがおおいですよ。

まとめ

バームクーヘンンとバウムクーヘンは表記の違いで同じもの

ドイツのバウムクーヘンは伝統のお菓子で、厳格な基準があり
日本のものよりスパイシー

日本のバウムクーヘンは、色々な味と形がある