カリタス学園小学校の評判や偏差値出身の芸能人は!

スポンサーリンク
テレビ番組
KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

川崎市多摩区の公園近くで28日朝、同区の私立カリタス小学校の
児童ら計18人が、刃物を持った男に切りつけられ、6年生の
女子児童(12)と、別の児童の父親(39)の計2人の死亡が確認
されました。

重傷者も多数いる。男は「殺してやる」と叫びながら襲いかかり、
現場で自らも首を切って死亡しました。

凄惨(せいさん)な事件に、保護者や住民らに恐怖と動揺が広がりました。

本当に、何といっていいのかわからない事件ですね。

ここでは、カリタス小学校の学費や偏差値、カリタス学園出身の芸能人
について調べました。

スポンサーリンク

カリタス学園とは

カリタス学園は幼稚園~高校まで運営していますが、幼稚園・小学校が共学、
中学・高校が女子高となっています。

“カリタス学園”という名前からなんとなく女子高をイメージして
いましたが、カリタス学園小学校は共学なので男の子も通っています。

現在の生徒数は圧倒的に女の子が多く、男の子の人数は女の子の1/3以下です。

カリタス学園小学校の学費・偏差値

カリタス学園の学費ですが、2019年現在は以下のようになっています。
【入学時の費用】
入学金:200,000円/施設拡充費:200,000円

合計:400,000円

【学費(年間)】
授業料:432,000円/維持費:120,000円/学習費:72,000円

積立金:50,000円/後援会:1,000円/後援会費:30,000円

合計:705,000円

【その他】
寄付金:1口50,000円(支払いは3口以上が基本)

金額的には一般的な私立小学校より飛び抜けて高い学費では
ないですが、やはり誰でも簡単に通える小学校ではなさそうです。

カリタス学園小学校の2018年度入手の倍率は約3倍で、
受験は面接とペーパーテストを行います。

小学校の偏差値は数値で公開されていませんが、中学校と高校の
偏差値は以下のとおりです。

カリタス学園中学校 偏差値:52 神奈川県内ランキング32/52校
カリタス学園高等学校 偏差値:60 神奈川県内ランキング58/218校
※中学、高校ともに女子高

カリタス学園中学・高校の偏差値が高いことから、カリタス学園小学校も、
それなりに知識と教養のある生徒さんが集まっていると予想できます。

カリタス小学校の教育内容や評判

音楽、体育、図画工作といった芸術系の科目や家庭科の授業も専科制
にして深い授業を行っているようです。

外国語にも力を入れていて、小学校1年生の時から英語やフランス語
など複数の外国語の授業が行われることでも有名です。

まずは、それぞれの外国語に耳から慣れていくことを始めるようです。
そこから、「読む、書く、話す」といった過程をとおして外国語の
習得をします。

小学校卒業までに英語やフランス語の基礎学力をつけることが
できるそうです。

生き物を通しての学習にも力を入れているようですね。
自然や動物とのコミュニケーションを通して生き物を大切にする
子供の心を育てているようです。

常に生き物との触れ合いを持つために小学校1年生、2年生の時には
羊やヤギを飼育するそうです。

イベントや行事についても、運動会、マリア祭、合宿、交流会(男子)、
移動動物園が行われます。
2年生の合宿は校内で実施されるそうです。

神奈川県私立小学校音楽会、合宿、秋祭り、創立記念イベント、
待降節、クリスマスミサなどを行っています。
大掃除、学園クリスマスミサといろいろなイベントや行事が行われています。

男子の生徒達には、男子限定の教育カリキュラム用意されているようです。

カリタス小学校やカリタス学園の評判については、明るい校風で
生徒だけではなく保護者の方同氏の雰囲気も良いようですね。

学校側のいじめなどへの意識も高くて対応もしっかりしているようです。

カリタス小学校出身の芸能人は

カリタス学園はカリタス小学校、中学校と系列小学校から高校まで
たくさんの芸能人がいたようです。

小学校だけではなく、中学、高校まで出身者の方も記載しています。

【俳優、女優、タレント】
紺野美沙子(女優)(小学校~中学校)

中山エミリ(タレント)(小学校~中学校)

英玲奈(女優)

紗那ゆずは(元宝塚歌劇団)

航琉ひびき(宝塚歌劇団)

柏円(お笑い芸人)

桜井玲香(乃木坂46)(高校)

堀田茜(モデル)

カンダエミリ(モデル)

【アナウンサー】
下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)

川村綾(元静岡朝日テレビアナウンサー)

東美咲(元テレビ神奈川アナウンサー)

内田嶺衣奈(フジテレビアナウンサー)

【文化】
窪美澄(作家)

乃南アサ(作家)

山田由香(脚本家)