この差ってなんですか?コーヒーの効果的な飲み方は血管にいい?

スポンサーリンク
テレビ番組

2019年5月7日放送の【この差って何ですか?】では
血管年齢を若返らせる食事・運動・入浴などが紹介されました。

その中で、コーヒーには血管にいい効果が期待できる健康効果が
紹介されました。

体に良いコーヒーの飲み方とその健康効果をまとめました。

スポンサーリンク

コーヒーが血管にいい効果的な飲み方とは

コーヒーは、健康にいいという説と、悪いという説がありました。
コーヒーには、発ガン性物質が含まれると言われていたこともありました。

先生によると、コーヒーを何杯か飲むことでガンが増えることはないと
言うことです。

コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸が、悪玉コレステロールを取り除く
働きがあるということが分かっているんですね。

では、コーヒーを一日何杯、どのように飲むのが効果的ナノでしょうか。
国立がん研究センターの調査結果では、ほとんどコーヒーを飲まない人に
比べて、1日3~4杯飲む人は、心筋梗塞で亡くなるリスクが36%減、
脳梗塞で亡くなるリスクが43%減という研究結果が出ているんですね。

ただ、たくさん飲めばいい訳ではないんですね。
カフェインは心臓を刺激する働きもあるので、1日3~4杯がベストなんですよ。

コーヒはどのように飲むと良い?

コーヒーはソイラテがおすすめの飲み方なんです。

それは、豆乳に含まれているイソフラボンには悪玉コレステロールを
取り除く働きがあるからなんですね。

コーヒー+豆乳は、最高の組み合わせなんですよ。
少し豆乳を混ぜるだけで、悪玉コレステロールを取り除ける効果が、
さらに高まるなんて、お手軽でいいですね。

牛乳パックと豆乳パックの違い

コーヒーと豆乳は最高の組み合わせでしたね。
ところで、市販の牛乳パックと豆乳パックって形が違いますよね。

牛乳パックは、上の方が三角になっていますよね。
これは、開けた途端に牛乳が飛び出してこないように、空気を入れているから
なんですよ。

この三角に空位が入っているから、外からパックに入ろうとする空気がなくなり、
微ちょっとこぼれることなくコップに牛乳を注げるんですね。
また、パック自体も、ラミネート・紙・ラミネートの3層構造になっており
空気が入るようにできています。

これは、牛乳の消費量が多いためにできることなんですよ。

一方、豆乳のパックは、上の方が平らに泣ていますよね。

豆乳は、牛乳に比べて流通量が少ないんですね。
ですから、豆乳が日持ちすることが相優先なんです。

それで、豆乳パックは、出来るだけ傷まないようにするため空気に
触れないようにすることがゆうせんだったんです。

それで、豆乳パックは、上が平らで、ほとんど空気が入っていません。
その上、パックは内側にアルミの層がある4層構造になっています。

アルミは空気を通しませんので、参加が防げるんですよ。

豆乳をパックからグラスに注ぐ時には、グラスの近くに注ぎ口を
近づけると、びちゃっと飛び出してしまいます。

注ぎ口をグラスから遠くにして注ぐと、うまくいくんですよ。

せっかくのソイラテdすから、豆乳をうまく注ぎたいですよね。