マスクが毛羽立ち咳が出る理由と正しい使い捨てマスクの選びかた

スポンサーリンク
生活

コロナウイルス対策でマスクが不足していますが、
この時期は、インフルエンザや花粉症の対策として
マスクを使用している方が多いですよね。

一口にマスクといても、色々なそ藍や形があります。
なかでも、使い捨てのマスクをし油している方がいますね。

緒供養してしばらくすると喉などがイガイガして咳が出る
ことがあります。

それは、どうしてなのか、どんなマスクがあるのかを
紹介します。

スポンサーリンク

マスクが毛羽立ち喉がイガイガする原因

毎日使うからと、安い使い捨てのものを使っていると、
糸くずが絡んでる感じがして喉などがイガイガしてくる
物があります。

咳が出てくるようになると、マスクの繊維を吸い込んで
いるのではないかと心配になりますね。

これはおそらく、粗悪品のマスクだと思われます。
予防の基礎となる不織布自体が粗悪品の可能性が高いです。
大量に中国から輸入されているものと思われます。

出来るだけ有名メーカーのものか、日本製のマスクを
選ぶと安心ですね。

使用目的に合わせた使い捨てマスクの選び方

使い捨てマスクは、素材や形状、サイズなどをしっかり
選ぶことが大切です。
使用する目的に合わせてタイプを選びましょう。

不織布タイプ

不織布は、使い捨てマスクとしては最も一般的です。
繊維同士を織らずに絡み合せて布状にしたもので、
「サージカルマスク」とも呼ばれ、通気性が良くて呼吸
しやすいのが特徴です。

マスクの原料としては、柔らかい質感のポリプロピレンが
多く使われています。
コットンやポリエチレンを組み合わせ、肌触り・フィルター機能を
高めたものもあるんですよ。

プリーツ型・立体型があり、サイズや厚みもいろいろな
タイプから選ぶことができます。

1枚あたりの価格が安いのも大きなメリットで、30枚や50枚
などの大量パックを常備する人も多く、毎日使うのに最適です。

プリーツタイプは口元を動かしてもズレにくいことが強みです。
人と話す機会が多いときにおすすめです。
オフィスや学校でマスクをしたまま過ごすときにいいですよ。

ポリウレタンタイプ

フィット感を重視したいのなら、ポリウレタン素材の
スポンジのようなタイプがおすすめです。

オーソドックスな不織布マスクとは違って伸縮性があり、
柔らかいので、顔にぴったりとフィットします。

マスクのズレが気になる方や、フィット感を重視する方は
このタイプが適します。

このタイプにはピンクやグレーなどに着色されたものもあります
のでファッション感覚で身につけやすいですよ。
すっぴん隠しやおしゃれさを気にする方におすすめです。

ポリウレタンの立体タイプは、口元にゆとりを持たせた形状で、
唇とマスクが密着しないのでメイクが落ちにくく、女性には
嬉しいポイントですね。

呼吸も楽で息苦しさをあまり感じないですよ。
タテに2つ折りされているものが多く、広げるだけで顔の形に
フィットさせることができます。

使い捨てマスクを選ぶときの注意点

使い捨てマスクを選ぶときに目的に合わせた注意点を
あげてみました。

花粉や感染予防を目的にする時

花粉や感染予防には、フィルター性能をチェックします。
空気中に浮遊している粒子は、花粉・黄砂・PM2.5・インフルエンザ
ウイルスの順に小さくなります。

「PM2.5対応」と記載されたマスクなら、PM2.5や、それより粒子の
大きな花粉もブロックできますよ。

くしゃみや咳などによる飛沫は、通常のマスクでも95%程度は
捕集できるんですよ。

空気感染の原因となる、ウィルスを含む飛沫核をカットするなら、
0.3μm以上の粒子を95%遮断する「N95」マスクがおすすめです。

ただし、これはあくまでもフィルターを通した場合の話です。
顔とマスクが密着していないと隙間から侵入してしまうので、
正しく装着することが必要です。

マスクサイズは合っていますか

マスクの性能を生かすには、自分に合うサイズを装着
することが大事です。

まずはご自身の顔の横幅を知ることです。
人差し指と親指でL字を作り、耳の上の付け根と鼻の付け根
までの長さを測ってみてください。

12.5cmまでの長さの人は小さめサイズがぴったりです。
12~14.5cmなら普通サイズ、14cm以上の場合は大きめサイズ
を選ぶといいですよ。
これを目安に、ぴったりフィットするものを選んでください。

ゴム紐・曇りにくさ・UVカットなど

マスクを快適に使えるように、付加機能もチェックしましょう。
ゴム紐が太く柔らかいタイプは、長時間装着しても耳が痛く
なりにくいですよ。
また、ゴムひも御部分が柔らかい不織布体鵜のものもあります。

曇りにくいマスクは、メガネをかけている人に最適ですね。
UVカット効果のあるものは日焼け対策に、また香り付きや
うるおいキープしてくれるものなら、眠るときにいいですね。

このような女性に嬉しい機能のマスクは、移行期に長時間
乗る時に便利ですね。

やはりコスパも大事です

安いからと祖悪品を買ってしまうと、マスクが毛羽だって
イガイガして、とても不快でつかえませんね。

ですが、機能性がいいからといって、価格が高いものだと
毎日使うものですから、費用がかさみます。

機能性とコスパのバランスはとても大事ですね。

まとめ

現在、新型コロナウイルスの流行のためマスクが
不足しています。

ですが、花粉症やインフルエンザ対策にも使い捨て
マスクの需要が多い時期でもありますね。

こんな時だからこそ、毎日使うマスクをしっかり
選びましょう。