メレンゲスティックの口コミと使い方やダルコナコーヒーの作り方

スポンサーリンク
便利グッズ

100均で見つけたメレンゲ調理用の泡立て器「メレンゲスティック」。
簡単にすばやくモコモコの泡が立つ事で大人気の商品です。

小久保工業所のKK-428 [メレンゲスティック]は、価格が
181円ですが、送料が高いとの口コミがありました。

本当に面倒なメレンゲ作りを時短できるのか、口コミや
メレンゲスティックの使い方やどこに売っているのか
などを紹介します。

スポンサーリンク

メレンゲスティックの口コミ

●機械要らずでお子さんでも、お菓子作りのメレンゲ作りの
 お手伝いが出来ちゃう優れモノです。

 知らなかったのだけどタマゴかけご飯で黄身だけで
 食べちゃう人には白身を有効利用できますね

●機能はというと、テクニックも体力も必要なく、
 簡単にメレンゲが作れる優れもの。
 猿にでも簡単に作れるレベルの簡単さでちょっと驚くね。
 ホイッパーで作るより固めでキメが荒いが、比べものに
 ならないくらい早くできる。

●たまご一個分の卵白をカップに入れ、メレンゲスティックを
 使ってシャカシャカしてみました。

 3~5分程度はかかりましたので、まあそれなりに手間は
 かかると思った方がよさそうです。

 とはいえ普通の泡立て器を使うよりは大分お手軽に
 作れますので、これは割とオススメです。

 欠点と言えば1回にたまご1個分しか泡立てられないことです。
 たくさん作りたいときは電動ミキサーでも使った方がいいですね。

メレンゲスティックはどこで売ってる?

メレンゲスティックは現在、ダイソーやセリア、キャンドゥ
などの100円ショップで売っています。

それほど便利で人気のある商品なんですね。

発売当初は、小久保工業所のKK-428 [メレンゲスティック]は、
価格が181円ですが、送料が高いとの口コミがありました。

今では、100円ショックの各店舗で買うことができます。

メレンゲスティックの使い方

使い方は簡単です。
まず直径62~67mm程度のマグカップを用意して、冷蔵庫で
十分冷やした卵白を入れます。

メレンゲスティックを卵白の上にセットしたら最初は
小刻みに動かして、泡立ってきたらじょじょに上下に
大きく動かします。

5分ほど大きく上下させたら立派なふわモコメレンゲが
完成します。

コツはスティックの穴に空気を通すことを意識して
上下させることです。

泡立ってくると結構ボリュームが出ますよ。

メレンゲがたくさん必要な時はブレンダーを
使ってくださいね


ミキサー ブレンダー ハンディミキサー 電動 HBL-200泡立て器 調理器具 ホイッパー チョッパー コンパクト お菓子作り シンプル ギフト プレゼント おしゃれ ホワイト ミキサー ハンディミキサー アイリスオーヤマ

メレンゲスティックでダルゴナコーヒーが簡単い作れる

ダルゴナコーヒーとは、牛乳の上にふわふわに泡立てた
コーヒーがのった韓国発祥のドリンクなんです。
「タルゴナコーヒー」と呼ばれることもあり、名称が
混在しています。

「ダルゴナ(タルゴナ)」という現地のお菓子(カルメ焼きや
キャラメルキャンディーのようなお菓子なんですね。

そのお菓子にに味が似ている、ということからこの名が
付いたといわれています。

基本のレシピは、ホイップするインスタントコーヒー・
グラニュー糖・水が同量です。

【材料(350mlのグラス1杯分)】
インスタントコーヒー…10g
グラニュー糖…10g
水…10g
牛乳…適量

【作り方】
1.牛乳以外の材料をマグカップに入れ、ティースプーンで
 ダマが無くなるまでかき混ぜた後にメレンゲスティックで
 泡立てます。
 2分ほどで泡立ちます。

2.グラスに牛乳を注ぎ、その上に泡立てた材料を乗せて完成です。

メレンゲスティックでフワフワのオムレツができる

1.卵を割って黄身と白身に分けます。「黄身わけ器」
 を使うと簡単ですよ。

2.内径62~67mmのマグカップに卵白1個分を入れます。

3.「メレンゲスティック」を入れます。

4.上下にシャカシャカカと、小刻みに混ぜます。

5.泡立ってきたら上下に大きめに撹拌すると1~2分で
 簡単にふんわりしたメレンゲができます。

6.卵黄を加えて、サッと混ぜ合わせます。

7.塩、こしょうで味を調えて、フライパンや
  スキレットで焼いて完成です。

まとめ

メレンゲスティックの口コミは、ほとんどが卵1個分の
メレンゲが3~5分で簡単に作れる、というものが多いです。

使い方は、間tンで、メレンゲスティックが入大きさの
マグカップに欄p句を入れて、上下に動かすだけです。

ダルゴナコーヒーも簡単に作ることができます。
フワフワのオムレツも作ることができます

ただ、1人分という少量の場合はとても便利ですが
たくさん作る時は、ブレンダーを使ってくださいね。