納豆に付属のたれは赤ちゃんにはいつから与えてもいいの?

スポンサーリンク
赤ちゃん

納豆は、離乳食中期の7~8か月頃から食べさせ
ますね。

最初は、ひきわり納豆を加熱したりしおて、臭い
が気にならないように、味も濃くならないように
して使いますね。

なので、付属している納豆のたれは、いつ頃から
使っていいのか迷ってしまいますね。

納豆のたれは便利ですが、添加物が気になる方も
多い用です。

そこで、付属の納豆のたれは、赤ちゃんにいつ頃
から与えていいのか調べたことをまとめました。

スポンサーリンク

納豆のたれはいつから与えている?

納豆に付属しているたれはいつから与えている
のでしょうか。

ヤフー知恵袋に以下のようなコメントを見つけました。

1人目が1歳です。
1人目の時は、1歳過ぎから薄めたたれをかけてました。
2人目の時は、1歳から普通にたれをかけてました。
3人目の時は、7か月から普通にたれをかけてました。
上の2人の心臓・腎臓に影響はないみたいです。
アレルギーもありません。

私にも経験がありますが、1人目の子供は、何をするにも
初めてのことだらけなので、何事も慎重に進めて
いきました、

ところが、二人目3人目になると、1人目の経験から
これくらいだったら大丈夫、という目y巣ができて
くるんですね。

ただ、たれに含まれる添加物が気になるのでしたらば
使用は、やめたほうがいいのではないでしょうか。

迷っているならば、使わなければいいことです。
大人より薄味の味付けならばいいんですからね。

納豆のたれ 成分

それでは、納豆のたれには、どんな成分が含まれて
いるのでしょうか。

スーパーに行くと、色々なたれ付きの納豆が売られて
いますが、タカノフーズの国産丸大豆納豆に付属
しているたれの成分は以下になります。

砂糖、しょう油、果糖ブドウ糖液糖、食塩、鰹節エキス
醸造酢、昆布エキス、煮干しエキス、タンパク加水分解物
調味料、アルコール、ビタミンB1

納豆に付属しているたれは体に悪い?

スーパーで販売されている食品には、体に悪い
添加物が含まれていると言われています。

ハム・ウインナー・ベーコンの発色剤の亜硫酸Na、
一部の食パンに使用されている臭素酸カリウム、
生うどんや生そばの最近の繁殖を抑えるための添加物
などが危険とされています。

納豆に付属しているたれは調味料(アミノ酸など)が
体に悪いものが含まれているんですね。
ですから、気になる方は、控えたほうがいいですね。

体に悪い食糞添加物が祝まれているのは納豆のたれ
だけではないんですね。
以下の本が参考になりますよ。

納豆のたれに含まれる塩分は意外に多い

納豆のたれもメーカーによって違いますが、
0.5~0.7gの食塩相当量が含まれています。

ちょっとピンとこないと思いますが、納豆の
タレを全部かけると、しょっぱいと感じる人が
結構多いんですね。

なので、子供に食べさせる場合は、たれは半分程度
にしたほうがいいですよ。

血圧が高めの大人の方も、付属のたれは、全部使わない
ようにしましょうね。

垂れの量を減らした分、大人であれば山椒や黒酢などで
味を足してあげるとうす味と言う感じがしないの
ですが、赤ちゃんや子供だと、たれの量を減らしたまま
の味でいいと思います。