凍みこんにゃくは食物繊維と栄養が豊富!その戻し方と食べ方

スポンサーリンク
未分類

凍みこんにゃくはあ、文字通りこんにゃくを凍らせた
ものなんですね。

凍らせることで長期の保存ができて、食物繊維と
栄養が豊富になるんですね。

名医のTHE太鼓判や青空食堂など、テレビで紹介
されたことがあるんですよ。

2021年2月6日のごはんジャパンでも紹介されましたね。

そこで、凍みこんやくの食物繊維や栄養、戻し方や
食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

凍みこんやくの食物繊維や栄養

こんにゃくは昔から「腸の砂おろし」といわれ、体内の
毒さらいに食べられていたんですね。

今では、こんにゃくが便秘予防、コレステロールの低下、
ガン防止の働き、糖尿病の予防などに効果が期待できる
と言われています。

こんにゃくにはカルシウムと、グルコマンナンという
食物繊維が豊富です。

普通のこんにゃくも食物繊維が多いことで知られて
いますが、凍みこんにゃくは普通のものに比べて
食物繊維の量が約32倍と、とてつもない多さ!
さらに、たんぱく質も約33倍、カルシウムも約37倍
という驚きの栄養価です。

凍みこんにゃくの栄養成分含有率(100g中)は

食物繊維 :71.3g

カルシウム:1600㎎

鉄    :12.2㎎

カルシウムは、体内に吸収されやすく骨粗しょう症を
予防する効果が期待できます。

グルコマンナンは、コレステロール値を抑える働きや
有害物質を体外に排出する働き、動脈硬化を予防する
働きがあり、水溶性の食物繊維なので腸内環境を整える
働きがあり、便秘の解消が期待できます。

食物繊維は、気づかぬうちに体内に取り入れている
発ガン性のある食品添加物などの有害物質を、体内で
吸収するのを防いでくれるので、結果としてガン防止の
働きをしてくれるんですよ。

さらに、セラミドという保湿効果のある成分も含まれて
いるので、美容効果も期待できます。

また、不必要なナトリウムを体外に排出する効果も
あるので、高血圧の方は積極的に摂取したいですね。

凍みこんにゃくを1枚食べると、こんにゃくを1丁
食べたのと同じなんですよ。
是非、普段の食事に取り入れたいですね。

凍みこんにゃくの戻し方

凍みこんにゃくはこんにゃくを乾燥させたものなので、
他の乾物と同じように戻してから使います。

まず、凍みこんにゃくを使う前には必ず、
水に浸して戻していきまず。

おおよそ15分ほど浸しておきます。
水で戻した凍みこんにゃくはしっかりと絞って、
水気を十分に切っておきます。

凍みこんにゃくを戻すのに15分間水に浸しておいたら、
凍みこんにゃくをよく水の中で揉んでください。

そして、水を2~3回取り換えればアク抜きは完了です。

凍みこんにゃくのアク抜きが完了したら、今度は沸騰
した鍋の中に入れて、だいたい15分くらい凍みこんにゃく
を茹でます。

茹でることで、煮物などにした時に味が染み込みやすく
なるんですよ。

料理に使う前は必ず、
水に15分間浸して戻しておき、アク抜きをした後は、
下茹でをしておくようにしましょう。

下茹でが済んだら、食べやすい大きさにカットして
料理に使っていきます。


凍みこんにゃく(40枚)幻のしみこんにゃく

凍みこんにゃくの食べ方

凍みこんにゃくは、味がしっかり染み込むので
カボチャやキノコなどと一緒に煮込むとおいしいですよ。

また、ラザニアやグラタンのマカロニ代わりにも
使えるんですよ。

炭水化物を減らしたい人にはとてもおすすめの食べ方
です。

凍みこんにゃく特有の食感は歯ごたえバッチリなので、
ニンニク炒めなどは、おつまみやご飯のお供に最適な
1品になります。

凍みこんにゃくは肉の代わりとして使うのが特におすすめ。

水で戻しアク抜きして下茹でした凍みこんにゃくを
しっかり絞り、食べやすい大きさにカットしたら、
味付けして衣をつけて揚げれば、ヘルシーだけれど
とっても美味しい唐揚げができますよ。

また、豚肉の代わりに凍みこんにゃくを使って
カツを揚げてもいいですよ。


【宅配便送料無料】 乾物屋の底力 奥久慈 凍みこんにゃく 約23g(9枚入り)    【蒟蒻、コンニャク、ダイエット、大子グルメフーズ、しみ】