チューブわさびが溶けない理由としょう油にとけやすい3種

スポンサーリンク
食品・飲料

チューブわさびは、数種類ありますよね。
中には、なかなか溶けないものもありますね。

チューブわさびが溶けにくいのは何故なのか調べました。
また、実際いつ買っているしょう油に溶けやすいわさび
チューブ3種を紹介します。

スポンサーリンク

チューブわさびが溶けない理由

チューブわさびには、色々な成分が配合されています。
以下の記事に中身を詳しく書いています。

チューブわさびは体に悪い?添加物など中身を調査してみると

溶けにくいチューブわさびは、油を加えて練っています。
水で溶いて表面を見たら油が浮いています。

原材料に植物油脂とかいてありますが、これは
わさびが辛くなる反応「酵素反応(加水分解)」を
ほどよいところで停止して辛味をとどめるために
副資材や添加物や油で調整しているからです。

溶けやすいS&B本生本わさび

こちらは、私が実際に使っているチューブわさびです。

43グラム入りのタイプだと、メーカーい棒小売価格が
190円ですが、スーパーの特売だと税込みでも140円
くらいで買えることがあり、コスパもよいです。

お醤油に溶けやすいので、お刺身やお寿司の時に
重宝しています。

また、キャップもプッシュすると開くし、ぽちっとはめると
閉じることができる点も、使いやすいです。

からみもしっかりとしているので、使いすぎると涙が
出てくるほどです。

【原材料】
本わさび、コーン油、食塩/ソルビット、加工デンプン、
トレハロース、セルロース、酸味料、香料、増粘剤(キサンタン)

開封前の賞味期限が1年あるので、安い時に買いだめ
しておいてもいいですよ。


エスビー食品 S&B 本生 生わさび 43g×10入

ムソー 旨味本来・生わさび

ムソー 旨味本来・生わさびは、化学調味料を使用せずに作り上げ、
わさび本来の風味を楽しめるわさびチューブです。

余計なものを使っていないところがわさび好きに人気のポイントです。
西洋わさびがベースとなり、その中に本わさびをブレンドしています。

無添加のため、わさびの辛さと香りをダイレクトに味わうことが
できます。
お寿司にもお肉にもぴったりなので、わさび通の方に人気があります。


旨味本来・生わさびチューブ入り 40g×5個セット【沖縄・別送料】【マクロビオティック・ムソー】 【05P03Dec16】

カメヤ おろし本わさび

静岡県産の本わさび使用のわさびチューブです。
やっぱり本わさびは和食の名脇役ですね。
風味がとにかく素晴らしいと評判の商品です。

また色や食感が、生おろししたわさびのようになっている
ところが最高です。
とにかく本わさびの味わいを強く感じたい方は是非試してみて下さい。

口コミでも “うちの家庭では、わさびは、カメヤの商品しか
使いません。また、リピートします。
と絶賛の声が寄せられています。


カメヤ おろし本わさび 42g×4個 まとめ買い

まとめ

溶けにくいチューブわさびは、油を加えて練っています。
水で溶いて表面を見たら油が浮いています。

S&B本生本わさび
ムソー 旨味本来・生わさび
カメヤ おろし本わさび

の3種がしょう油に溶けやすい