マフィンがきれいにひび割れしないで冷めるとしぼむ原因と対策

スポンサーリンク
食品・飲料

マフィンを焼くと、お店などに売っているような
真ん中がふくらみ、綺麗にひび割れして、マフィンカップ
からはみでそうなおいしそうなマフィンができない
と悩んでいませんか。

表面が、ルツルでふくらんではいるけれど、しぼむような
マフィンになってしまうんはなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

マフィンにひび割れが入る理由

マフィンは、真ん中がふっくらと膨らんで、ひび割れして
いますよね。

生地が卵やベーキングパウダーの力でふくらみつつ生地の
表面が焼き固まります。

さらに生地が膨らむと、固まった表面が押されて上に
破れるからなんです。

うまく膨らんでひび割れしたマフィンはおいしいですよね。

マフィンがうまく膨らまずしぼむ材料の原因

家庭でマフィンを焼いてみたら、売っているマフィンのように
膨らんでひび割れせず、しぼんでしまうことがあります。

焼いている最中や焼きあがってすぐのt機は膨らんでいるのに
時間が経つとしぼんでしまうことがよくあります。

なぜ、失敗してしまったのかを検証しました。

バターの固さ

バターは室温におき、柔らかくするのですが、バターが
固いままだと、他の材料と混ざりきらずバターの粒が
残ってします。

すると、均一な焼き上がりになりません。
また、バターをレンジで加熱して完全に溶けてしまった
場合は、再び固めて使用しても口当たりの悪い生地に
なってしまいます。

卵が室温に戻っていなかった

たまごが冷たいとバターと馴染まないため、混ざり合いません。
(乳化しない)
乳化していない生地の場合、均一な焼き上がりになrないため、
食感が悪くなります。

薄力粉とベーキングパウダーのふるいが不十分

薄力粉とベーキングパウダーは、不純物を取り除くためよ
空気を含ませるために2~3回に分けてふるいにかけます。

生地中に粉のダマが残ってしまうと、なめらかな生地に
なりませんし水分を吸った粉の塊が固く残る場合もります。

固まっている粉が、網に残してしまうとグラム数が
変わってしまうので、スプーンなどで押さえて、すべて
ふるってくださいね。

牛乳やヨーグルトが冷たいまま

牛乳やヨーグルトが冷たいままだと他の材料と、他の材料の
温度が下がってしまいます。

牛乳とヨーグルト自体は完全に混ざっていなくてもいいですが
室温に戻しておきましょう。

マフィンがうまく膨らまずしぼむ作り方の原因

次にマフィンがしぼんでしまう作り方の原因をみていきます。

バターと砂糖を一度に混ぜてしまった

まず、バターをハンドミキサーでフワフワのクリーム状
にします。

次に、そこへ砂糖を混ぜていくのですが、札を一度に混ぜて
しまうと、空気を含んだフワフワの受胎んばたーが、硬く
なってしまいます。

砂糖を混ぜる時は、数回に分けて少しづつ混ぜます。
この時、バターが柔らかくなりすぎた場合は、冷蔵庫に
数分入れるか、氷水がはいったボールにつけるなどして
少し冷やします。

それからハンドミキサーで混ざるとフワフワした状態に
回復します。

卵を一度に混ぜる

全卵を一度に入れてしまうと、油と水分が分離して
クリーム状になりません。

また全卵が冷たくても混ざりあいません。(乳化しない)

ふるった薄力粉とベーキングパウダーを一度に混ぜる

ふるった薄力粉とベーキングパウダーも一度に全部
混ぜてしまうとだまになったりして、うまく混ざりません。

混ぜる時は、3回に分けます。
薄力粉とベーキングパウダーを1回入れて混ぜた後に
牛乳とヨーグルトの半量をまぜます。

次に、薄力粉とベーキングパウダーの残りお半量をま是ます。
それから、残りの牛乳とヨーグルトを混ぜます。

最後に、薄力粉とベーキングパウダーの残りを、混ぜます。

粉1/3→牛乳1/2→粉1/3→牛乳1/2→粉1/3の順番で混ぜます。

マフィン型に入れる材料がまちまち

いよいよ、材料をマフィン型に入れていきます。
この時、肩に入れる材料が、多かったり、少なかったりと
ほぼ同じではないと、焼きムラができる原因になります。

できるだけ同じ量を入れましょう。


【あす楽】 シリコン 加工 ミニ マフィン型 12個付 内径47mm カップケーキ | 空焼き 不要 マフィン マフィンカップ

オーブンの温度と焼き時間を守らなかった

マフィンは、180℃に予熱したオーブンに入れて30分焼きます。

急いでいるからと、温度を高くして短時間で焼くと、表面は
焦げていて、中は生焼けになってしまいます。

オーブンの温度と焼き時間は守りましょう。

焼けた後、いつまでもオーブンの中に入れておく

マフィンが焼けた後は、オーブンから出して冷まします。
いつまでもオーブンに入れたままにしておくと、
水分がうまくぬけず、冷めた後にしぼんでしまいますよ。

マフィンの失敗しない作り方のポイント

マフィンを作る時、失敗しないポイントが以下になります。

バターは室温におき、柔らかくする

全卵は室温に戻し、フォークでよく混ぜる

薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるう

牛乳とヨーグルトは室温に戻し、合わせてかるく混ぜる

オーブンは180℃に予熱する

ボウルにバターを入れてハンドミキサーで混ぜる

グラニュー糖を5回に分けて加え、その都度ハンドミキサーで混ぜる

全卵を少しずつ加え、その都度ハンドミキサーで混ぜる

ふるった薄力粉とベーキングパウダーの1/3量を加えて混ぜる。

牛乳とヨーグルトの半量を加え、ハンドミキサーで混ぜる

残りの粉類の半量を加えて混ぜる

残りの牛乳とヨーグルトを全部加え、ハンドミキサーで混ぜる

残りの粉類を全部加え、ゴムベラで混ぜる

マフィン型に均等に入れる

180℃に予熱したオーブンに入れて30分焼く

焼けた後はオーブンから出して方から外して冷ましましょう

まとめ

マフィンは、何といっても出来立てが美味しいですよね。

家庭で、うまく作るt目のポイントを押せて
均等に膨らんだてっぺんがきれいに割れている
mフィンを失敗しないで作りましょうね。