赤ちゃんにゼラチンのゼリーや市販品はいつから?おすすめは?

スポンサーリンク
赤ちゃん

ぷるんとした食感にツルンとしたのどごしの
ゼリーは、幅広い年代に人気ですよね。

やわらかくて、ほんのり甘みのあるゼリーは、離乳食器
にもおすすめです。

ただし、ゼリーは離乳食期でも食べられますが、何でも
OKという訳ではないんです。

ゼリーでもゼラチンでkためたものは、与える時期に注意が
必要です。

そのほか、市販日のゼリーはいつから食べさせていいのか、
おススメの市販品などを紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんにゼラチンで固めたゼリーはいつから?

赤ちゃんへのゼリーは、3回食をスタートする
離乳食後期頃(9~11ヶ月)を目安として与えてあげます。

ただ、これは寒天を材料としたゼリーの場合なんですね。
ゼリーはゼラチンで固められているものもあるんですよ。

その場合は1歳以降を目安とした方が安心なんです。
ゼラチンだと目安時期が遅くなる理由は、ゼラチンの
原材料がたんぱく質だからなんです。

寒天とゼラチンは、固めるという点では同じはたらきを
しているのですが、実は、まったく異なる材料から
できているんですよ。

寒天の原材料は、テングサやオゴノリなどの海藻です。
ゼラチンの原材料は、牛や豚の骨や皮に含まれている
コラーゲン(たんぱく質の一種)です。

寒天は、ほろっと崩れなめらかな食感ですが、体温では
溶けず歯切れがよく透明感や弾力性はないのが特徴です。

ゼラチンは、プルンと柔らかい食感で、体温で溶けるので
口どけがよく、弾力性があるのが特徴です。

注目すべきh、ゼラチンの原材料がたんぱく質であるため
アレルギーの原因になる可能性があるということです。

ですから、ゼラチンは食べることにも慣れ、消化器官が
しっかり整った1歳以降に与えると安心なnですよ。

寒天は、海藻からできているのでアレルギーの心配はないですが
体温では溶けないので固さや大きさには注意が必要です。

固すぎたり、大きすぎたりすると、のどに詰まる可能性も
あるんですよ。

こんにゃくゼリーは食べさせてもいいの?

ゼリーが、固すぎたり、大きすぎたりすると、のどに
詰まる可能性があるんでしたね。

こんにゃくゼリーをのどに詰まらせて窒息してしまい
亡くなってしまったことが問題になったことがありました。

ミニカップタイプのこんにゃくゼリーは、窒息事故防止
のために子供やお年寄りは絶対に食べないようにと
注意喚起されるようになりました。

ですから、離乳食期でこんにゃくゼリーは、安全のため
あたえてはいけません。

手作りや市販品においても、固さや大きさが、我が子に
合っているのかチェックしてから与えて下さいね。

赤ちゃんが歯ぐきでカミカミできるようになると心強いですね。

離乳食期のゼリーの上手な活用術

離乳食後期の赤ちゃんには、ゼリーは、デザートやおやつ
として出してあげるといいですよ。
野菜を使ったゼリーは副菜にもなるんですよ。

また、冷たくてのどごしがよいゼリーは、食欲がない時や、
口やのどに痛みがある時でも食べやすい食材のひとつです。
栄養や水分を補給する手助けとなってくれるんですよ。

さらに、寒天でできたゼリーは食物繊維が豊富なので、
便秘の改善に役立つんですよ。

赤ちゃんにあげるゼリー 市販品のおすすめは?

市販のゼリーは、たくさんありますが、まずは、赤ちゃん用
に工夫されたものから試してみましょう。

硬さのチェックと原材料のチェックをしましょう。

商品には目安時期が書かれていますが、味見をするなど、
成長に合った固さのゼリーを選んで下さいね。

また、原材料のチェックも大切ですね。
アレルギーの確認を含め、添加物にも配慮できるといいですね。

森永 フルーツでおいしいやさいジュレ 70g×6袋

8種類の野菜と果物でギュッとおいしく仕上げています。
果汁+野菜汁=100%!

手に持って食べやすいストロー付きパウチ容器なので、
自分で飲みたい赤ちゃんに持たせてあげられます。

誤飲防止に配慮した大きなキャップが安心です。
人工甘味料不使用で、 素材を生かした自然な味わいです。
おやつにもピッタリですよ。

冷やしても、凍らせてもおいしいですよ。
お出かけ先や、車の中でも、こぼさず飲むことができます。


森永 フルーツでおいしいやさいジュレ 70g×6袋

【口コミ】

●外出時のご機嫌とりで使ってることを、市の検診で
管理栄養士さんにお話したら、「栄養もあるし、糖分
入ってないからほどほどに飲ませる分にはいいかもしれないです。」
と市販のおやつにしては、なかなかの高評価でした。

●どちらかで「砂糖が入ってない」と見かけたのですが、
果糖ぶどう糖液糖は入っていますのでご注意を。
味はおいしいようで、こどもは気に入っています。

●1歳の孫が熱を出し、食事を摂らなくなったという
娘からのSOSが来たので、お見舞いにこれを送りました。

孫は早速飲んで(食べて?)、気に入ったようだとの事です。
小さい子供が物を食べないと親は気が気じゃないですものね。

病気のときは何でもいいから食べてほしいと思うので、
このような食品が手軽で助かります。

●とりあえずだいたいの場合はこれで機嫌が良くなります
飛行機の離陸の際の鼻抜きや、泣き止ませにも効果が
ありました

ただ、けっこう色素が強いものもあるので、こぼすと
ちょっと面倒で、それだけ要注意すね

●おやつ代わりにあげることが多いですが、どのお味も
うちの子は好き嫌いなく飲んでいます。

すごく美味しいみたいで、パッケージを見ただけで
嬉しそうにします
野菜やくだものがメインのゼリーなので安心して与えられます。

まとめ

●ゼラチンの原材料がたんぱく質だから
アレルギーの原因になる可能性があるため赤ちゃんに
ゼラチンで固めたゼリーは1歳以降を目安として与える

●離乳食期でこんにゃくゼリーは、安全のため
あたえてはいけない

●離乳食期のゼリーは、デザートやおやつ
として出してあげるといい