ほさかよう 「ここはグリーン・ウッド」脚本・演出家 プロフィール

スポンサーリンク
未分類

那州雪絵のマンガ「ここはグリーン・ウッド」の舞台化が決定しました。
「SCHOOL STAGE『ここはグリーン・ウッド』」のタイトルで、
7月19日から28日まで東京・天王洲 銀河劇場で上演されます。

「ここはグリーン・ウッド」は、那州が「花とゆめ」(白泉社)で
連載していたマンガです。

1991年から93年にかけてはOVA版が発表されたほか、2008年には
井澤勇貴、三浦力、佐藤雄一、鈴木拡樹らが出演するテレビドラマ版
もオンエアされました。

今回の舞台版では脚本・演出をほさかようさん、作詞を浅井さやかさん
が手がけます。

そこで、保坂陽さんのプロフィールを紹介します。

スポンサーリンク

ほさかよう(脚本家)プロフィールの基本情報

ほさかよう(本名:保坂葉)
性別は男性
1981年3月23日生まれなので、ほさかようさんは現在35歳
血液型はB型
京都府がほさかようさんの出身地です
現在は埼玉県川口市在住
ほさかようさんの所属事務所は、「TOP COAT」(トップコート)

ほさかようプロフィール趣味・特技など

趣味は、純喫茶めぐり
ただし、脚本を書く時は漫画喫茶が多い

特技は速読

少林寺拳法・油絵をやっていた事がある

映画監督や俳優を養成する学校「ENBUゼミナール」で、
ほさかようさんは講師を務めています。

ほさかよう 脚本家としての活動

ほさかようさんの主な活動は、以下になります。

2006年「空想組曲」結成
ほさかようさん25歳
演劇ユニット「空想組曲」を結成
ほさかようさんが主宰
公演数は2016年4月現時点で15回を数える

2007年「佐藤佐吉演劇賞・優秀脚本賞」受賞
ほさかようさん26歳
「空想組曲」の3回目の公演「小さなお茶会。」で受賞
その他にほさかようさんが脚本を書いた舞台

2012年「遠ざかるネバーランド」
ほさかようさん31歳
る・ひまわりプロデュース
ほさかようさんはこの作品以降、る・ひまわりプロデュース作品を
4作手がけています

2013年「天使のダイアリー」
ほさかようさん32歳
2005年の「尊敬する日本人100人」に選ばれた、
世界的タンゴ歌手の冴木杏奈さん主演の舞台

演出はほさかようさんとは、10年来の友人葛木英さん
ちなみに、本人には申し訳ないですが、名前だけだと性別が
わかりづらそうなので書くと、性別は女性の方です
冴木杏奈さんの「ハレルヤ」のアカペラが絶品

2013年「超絶☆歌劇団2013」
演劇パートの『妄想GiRLS』『回想GiRLS』がほさかようさんの脚本
アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」主演の舞台

2014年「太陽の棘 彼はなぜ彼女を残して旅立ったのだろう」
ほさかようさん33歳
演劇集団「キャラメルボックス」の脚本を担当

宮沢賢治の未発表童話「ペンネンノルデの伝記」がモチーフ
ほさかようさんが、学生時代に「初めて面白い演劇と認識した」
劇団がキャラメルボックス

ほさかようさんはブログで「演劇続けてて良かった!」とコメント
ほさかようさん脚本のテレビドラマ

2016年「ひぐらしのなく頃に」
ほさかようさん35歳
BSスカパー!のテレビドラマ
BSということで、「ひぐらしのなく頃に」ならではのホラー描写を、
地上波では不可能な過激な演出でリアルに再現されます

「SCHOOL STAGE『ここはグリーン・ウッド』」

2019年7月19日(金)~28日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

原作:「ここはグリーン・ウッド」(那州雪絵 / 白泉社)
脚本・演出:ほさかよう
作詞:浅井さやか
音楽:大石憲一郎
振付:泰智

キャスト
蓮川一也:小西成弥
如月瞬:大平峻也
手塚忍:影山達也

池田光流:長妻怜央

ほか

,チケット
一般発売日 2019年6月30日(日)10:00
料金 8,800円(前売・当日共/全席指定/税込)

長妻怜央『ここはグリーン・ウッド』に出演プロフィール・身長・体重は?