カビキラーでトイレの黒ずみをとる方法タンクの中や壁の黒ずみも

スポンサーリンク
生活

トイレは。ちょっと掃除をしないでいると、便器内の
水たまりにリング状の黒ずみができてしまいますよね。

また、床や壁、タンクのなかなどに黒ずみができる
こともありますよね。

トイレを毎日気持ちよく使えるように、黒ずみができる
原因と場所別のカビキラーを使った掃除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

なぜトイレの便器に黒ずみができるのか

トイレを少し掃除をしないでいると、便器の内側に
黒ずみができますね。

トイレ内にできる黒ずみの原因はほとんど同じで、
カビやほこりが原因なんです。

水垢や尿ハネなどの汚れをエサにカビが繁殖したり、ほこりが
くっついたりすることで黒ずみが出来てしまいます。

便器内のさまざまな場所で見られますが、特に水面付近にできる
黒いリング状の黒ずみは「さぼったリング」と呼ばれることもあり、
「さぼったリング用の洗剤」があるほどの汚れです。

放置すればするほどこびりついて掃除が面倒になるので、
気づいたら早めに落としてあげましょう。

カビキラーはトイレの黒ずみに効く

トイレの黒ずみは、ホコリやカビが水アカと合わさることで
出来ているんでしたよね。

そんな黒ずみには「塩素系漂白剤」のカビキラーが効果的です。

落とし方は簡単なんです。

黒ずみ部分にカビキラーを噴射し、10分ほど置いて流すだけです。
洗い流す際、ブラシで擦りながら流すとより落としやすくなります。

この方法は、30分から1時間は放置するとより効果的なんです。
家族に、トイレがしばらく使えなくなることを声かけしてから
実践するといいですね。

カビキラーは黄ばみにも効果的

トイレの汚れは、黒ずみの他に黄ばみも気になりますね。
この黄ばみはやはり、尿が原因なんです。

黄ばみの酷いトイレからは、必ずと言っていいほど
アンモニア臭もしているですよ。

いつも使っているトイレなので、そのアンモニア臭が
日常的に気にならなくなっているんですが、身内が来て
トイレを使った時に指摘されることがあるんです。

「トイレ、臭いよ!」と言われて気がつくんですよね。 

そんな黄ばみはカビキラーで撃退することができるんです。

やり方は黒ずみの時と同様、黄ばみにカビキラーを噴射して
10分ほど放置しブラシでこするだけです。

軽い黄ばみの場合は、3分から5分程度の放置でもきれいに
なるんですよ。

頑固な場合は、トイレットペーパーを重ねてカビキラーを
吹きかけて10分ほど放置してみて下さい。

といれっとぺーぱーだと、そのままトイレに流せますので
後始末も簡単ですね。

一度カビキラーで黄ばみを落とすと、、それからしばらく
黄ばみはつきにくくなりますよ。

最初の内は2週間に1回程度使います。。
それから先は1か月に一度でも、黄ばみのないトイレを
保つことができます。


カビキラー 特大サイズ 本体(1000g)【rainy_2】【カビキラー】


カビキラー 特大サイズ 付替(1000g*2コセット)【カビキラー】

その他のトイレの黒ずみに効く洗剤と使い方

【『トイレハイター』などの塩素系漂白剤】
カビなどの汚れ由来でできたトイレの黒ずみを落とすには、
『トイレハイター』などの塩素系漂白剤をかけるだけです。

除菌効果のある塩素系漂白剤の液が効いて、「さぼったリング」
くらいならすぐに落とせますよ。

やり方はとっても簡単で、黒ずみをおおうくらいにかけて
2〜3分ほど放置し、水を流せば黒ずみはきれいサッパリ落とせます。

さらにトイレ用ブラシでこすればよほどの汚れでない限りは
落とせます。


除菌洗浄トイレハイター トイレ用洗剤(500ml*3本セット)【ハイター】

【酸性洗剤を使う】
こびりついて取れないような黒ずみは、カビなどの汚れではなく
「尿石」が原因の可能性があります。

『サンポール』などの酸性洗剤は、水垢や黄ばみ(尿石)などの
アルカリ性の汚れを落とすのに効果的です。

ドラッグストアなどで「尿石に効果がある」と書かれた洗剤を
探してみて下さい。

黒ずみがある部分にトイレットペーパーをかぶせ、そこに洗剤を
かけて少し放置すれば、洗剤が浸透して水垢や尿石ごと黒ずみを
落とすことができます。


サンポール トイレ洗剤 尿石除去 塩酸9.5%(500mL*3コセット)【サンポール】

【トイレの黒ずみを削り落とす】
長年使っているトイレだと、洗剤でも落とせない黒ずみが
できることもありますね。

研磨剤の入った洗剤、「クレンザー」にもトイレ用の商品
があります。
黒ずみや黄ばみを落とすことができます。

掃除用のブラシに塗ってこするだけで、研磨剤が利いて
黒ずみが少しずつ落ちていきます。


【花王】 トイレマジックリン 強力クレンザー 500g ★お得な10個パック

カビキラーでトイレのタンクを掃除する

【見落としがちなトイレタンクの中】
トイレのタンクの中は、あまりのぞくこともないですよね。
ですが、自然災害の発生が増えてきて、断水になった時には、
トイレタンクの中の水も貴重ですよね。

トイレタンクの中は空気中のカビが増殖して真っ黒になって
いることもああります。

特にタンク内は、水が溜まっているのでカビの繁殖にはとても
いい環境なんです。

ですから、あっという間にカビだらけになってしまいます。
そのため、便器や床同様、マメな掃除が必要になってきます。

【タンクにカビキラーを使う時の注意点】
タンク内のカビに、カビキラーはものすごく効果があります。
でも、注意しなければいけないことがあります。

それは、タンク内の金属やゴムにかけないようにすることです。

カビキラーのような塩素系漂白剤は、金属・ゴムとは
相性が悪く、傷や劣化の原因になることがあります。

簡単に黒ずみがきれいになりますが、タンク内を傷つけて
しまう事もあり、トイレ自体を買いなおさなければならない
事にもなりかねません。

使う時は、自己責任で慎重に掃除してくださいね。

【カビキラーでタンク内を掃除する】
タンク内の掃除は、カビキラーを放置する時間に注意します。
カビキラーは、金属・ゴムがNGです。

ですが、タンク内に15分程度の放置ならほぼ問題はないです。
必ずきれいに流すことを心がけてくださいね。

少しでも落とし残しがあると、それが劣化の原因に
なりかねません。

タンク内に使うのはやっぱり心配、という方は、「酸素系漂白剤」
の洗剤で掃除してくださいね。

ゴシゴシと擦りながら掃除すれば、黒ずみもかなり
きれいになります。

カビキラーでトイレの壁の黒カビを落とす

トイレの壁も、気がつくと黒ずんでいることがあります。
梅雨時や、高温多湿の夏場など、タオルをかけている
部分が黒ずんでいることがあります。

トイレの壁に黒ずみがある場合は、一気にカビキラーを
かけるのは、注意が必要です。

強い漂白剤なので、色落ちしてしまう可能性があるからです。
まずは、黒ずみ部分に小さめにかけて、布できれいに
拭き取ってみます。

他の部分と比べて白っぽくなっていないか確認し、大丈夫な
ようだったら同じ要領で黒ずみを落としていきます。

カビキラー放置時間は5分から10分程度で良いと思います。
あまり長く放置すると、それもまた色落ちの原因になります。

カビキラーをかけ、放置した後に、固く絞った布でふき取って
乾いた布でふき取ると、カビキラー独特の匂いも
気にならなくなりますよ。

まとめ

カビキラーは、トイレのさぼったリングの掃除に使える

強い洗浄力なので、トイレ自体を損傷してしまうとか、
色落ちが起きてしまうとかいう場合もある

カビキラーは放置時間をしっかり守る