この差って何ですか 109歳のご長寿が毎日食べているごまの食べ方とは

スポンサーリンク
テレビ番組

4月23日放送【この差って何ですか?】でごまを毎日ワンスプーン食べる
109歳のご長寿が放送されました。

ごまは、体にいいと聞いていましたが、骨折しずらい体を作る大事な栄養
なんですね。

それでは、放送内容を紹介しますね。

スポンサーリンク

毎日のスプーン1杯のごまで骨が丈夫に

今回登場したスーパーご長寿は

飯田酉之助さん(109歳)

明治42年生まれ
同い年は太宰治
103歳、年齢が離れた玄孫がいる

酉之助さんは、スプーン1杯のゴマで、骨がとても丈夫なご長寿なんですよ。

酉之助さんは109歳で家族全員の洋服をアイロンがけ

酉之助さんは元仕立て屋三を奥様とともに長年営んできました。
ですから、今でもミシンで縫いものをしたり、針に糸を通したり
することができるんですよ。

言葉も、109歳とは思えないほどしっかりしていましたし、
耳も、ちょっと遠い程度で、スタッフに声掛けにもしっかりと
答えていました。

さらに、家の周りの庭の手入れも酉之助さんの仕事なんですよ。
本当にお元気な様子にはびっくりしました。

酉之助さんは骨がとても丈夫で健康的なんですね。
何でも109歳の現在まで、骨折をしたことがないというのですから
素晴らしいですね。

骨粗鬆症とは無縁の生活を送っているんですね。

酉之助さんのご長寿の秘訣、健康のワンスプーンとは?

それは、ゴマなんです。

ゴマにはカルシウムとマグネシウムが豊富に含まれているので
ゴマを食べると骨が丈夫になるんですよ。

酉之助さんは、お父さんが毎日ごまを食べていたので、家族全員が
ごまを食べていたんだそうです。
結果100年以上ゴマを食べ続けているとのことなんですよ。

この差って何ですか 酉之助さん特製ゴマドレッシング

酉之助さんは、ゴマをかけて食べているほかに自家製のごまドレッシング
を食べているんです。

以下がそのレシピになります。

①すりごま50グラム
②牛乳大さじ4
③いりこ出汁少々
④お酢大さじ1
⑤さとう大さじ2

①から⑤を混ぜるだけなんですよ。

ゴマは殻付きのまま食べるよりも、すり鉢ですりつぶして食べたり、
ペースト状にすると、カラに守られているごまの内部の栄養を
効率よく摂取できるんですよ。

90歳のスーパーご長寿が相日食べている油の記事へ

ゴマと小松菜の組み合わせはなぜいいの?

酉之助さんは、小松菜のおひたしにごまをかけて食べていました。

小松菜にはビタミンKが豊富なんですね。
ビタミンKは、カルシウムとマグネシウムの働きをより強くする効果が
期待できるので、とても組み合わせの良い食べ方なんですね。

そんな酉之助さんの目標は、2020年の東京オリンピックを見ること
なんだそうです。
ごまパワーで、問題なく見れそうですね。

この番組を一緒に見ていた主人は、真剣にごまを毎日食べることを
考えているんですが、ごまって入れ歯にはさまって痛いんですよね。

しかも、あの香ばしいごまの香りがあまり得意ではないんです。
でも、ゴマのサプリメントなら入れ歯にもはさまらないし、臭いも
しませんよね。


【送料無料】サントリー セサミンEX オリザプラス 90粒 ( 約30日分 ) サプリメント / サプリ / suntory / DHA / EPA / セサミンE