豆まきが次の日なったら災いをはらえない?節分は2月3日だけ?

スポンサーリンク
生活

節分といえば、2月3日ですよね。
ここ最近家族全員で、恵方巻を食べて豆まきをするのが定番の
過ごし方になっています。

ところが、2月3日の日に、家族全員が揃うことができなかった
事があり、豆まきが次の日になってはいけないのか調べて
行ったことがあります。

その時調べたことを紹介しますね。

スポンサーリンク

豆まき(節分ん)は2月3日とは限らない

豆まきは、節分の行事として、立春の前日に行います。

各季節の始まりの日は、立春・立夏・立秋・立冬です。
そして、前日のことを節分と言いますが、江戸時代から、
特に立春の前日のことを指すようになりました。

ですから、現代ではだいたい2月4日の前日の、2月3日が
節分となりますので、豆まきは、2月3日に行います。

だいたいと言ったのは、立春の日は、年によって
変わるため、節分もまた変わるからなんです。

2017年では2月3日が節分ですが、2025年には2月2日になります。
次第にずれてゆくのは、1年が365日+6時間だからなんです。

豆まきは次の日にしてもいいの?

仕事で帰りが遅くなってしまったり、他の用事が忙しくて
節分の日に豆まきをすることができなかったということ
ありませんか。

こんなときは、翌日に豆まきをしても良いのでしょうか ?

全く問題ありません。

一年の節目として、節分の日に邪気を払う豆まきをするのは
昔からの風習です。

翌日になったら豆まきのご利益が無くなってしまう
ということはありません。

もちろん日がずれたら災いを呼び込むものでもないんですよ。
どうぞ安心してくださいね。

一年間大過なく過ごせる、という気持ちになることが大事なんです。
ただ、窓を開けて大声で豆まきをするのは、ご近所の手前、
控えた方が良いかも知れませんね。

豆まきは昼と夜のどちらにする?

神社などで行われている豆まきは、お昼に行われて
いることが多いため、豆まきはお昼にするものであると
思っていませんんか。

実は、豆まきには、正しい時間があるのです。

実は、豆まきは夜に行うものなのです。
それは、鬼が夜にやってくるという理由からなんです。

豆まきは、なるべく夜にするようにしましょうね。

しかし、どうしても夜にできない場合は、昼に行っても
いいですよ。

神社などの豆まきのイベントなどは、昼に行って
いますよね。

要するに、大切なのは、災いをはらう、という気持ちの
問題なんですね。

まとめ

●豆まきは、2月3日とは限らない

●節分の日に豆まきができなければ、次の日に
 行ってもよい

●鬼が夜にやってくるという理由から、豆まきは 
 夜にするのが正しい時間ですが、都合が悪ければ
 昼に行ってもよい。