生理の辛さを旦那に分かってもらえない!生理のお悩みの声

スポンサーリンク
生活

生理って、ほとんどの女性なら、30年間くらい、毎月
付き合わなければならないですよね。

そして、生理前、生理中、生理後と、体がだるい、お腹が痛い
頭痛がする、イライラする、等々、体調が崩れてしまいますね。

これがもう、個人差があって、ひどい人は寝込んでしまいます。
軽い人は、ちょっと、お腹のあたりが主だるい程度
だったりします。

生理は、女性特有のものだから、旦那になかなか分かって
もらえない、ましてや職場の男性になど理解してもらえない
から余計イライラしますね。

そんな生理のお悩みの声を集めました。

スポンサーリンク

生理がつらいことを旦那や職場の男性に言えない

●男の人に生理痛の辛さは伝わらないよなぁ

●生理痛の辛さって泣かなか旦那にに伝わらない分、
 理解して欲しいって思うよね。
  結構平気そうにみえて、ものすごいしんどい。

●泣けてくる。 生理痛の辛さをどれだけ言っても伝わらない。
  だって個人によって違うなんて言われたら本当に酷い人の
 立場が無くなる。

●いつもは酷くないのに、今回は、生理痛が酷すぎて
 気持ち悪い。
  立ってるのも辛いけど、職場に男性しかいないから
 分かってもらえない。 帰りたい。

●生理痛の痛さを男に分からせるためのうまい表現ないかな

●男性に生理痛の痛みがわかったら、この世からDVや
 女性差別がなくなるかも

女性同士でも伝わらない生理の辛さ

●生理痛って女子同士でも分かって貰えない時があるから
 ホント何もかもが私を嘲笑っているように思えて、
 八つ当たりしたくなる。
 もう生理中は、ただひたすらに寝かしといて欲しい。
  生理中は下半身もぎ取りたい!

●生理痛の辛さって同性にも伝わらない場合多いから
 なにわめいてんだこいつって顔よくされる。
 だがしかし、全身痛い。
 もう叫ばないとやってられないんよおー

●女性同士でも生理や生理痛に対しての認識は、
 人それぞれっていうか自分基準なので、男性は
 より分からないだろうね。

●生理痛の一番の辛さは、同じ女性同士でも個人差があり
 「たかだか生理でなに弱音吐いてんの?」と女性に言われる事。
 これは本当に辛い。
 そしてこれを馬鹿女は男の前で言うので、これを聞いた男が
 「こいつ仮病かー」と勘違いする二重の辛さ。
 身体の辛さよりこっちのが辛い。

生理の不調のたとえ傑作選

●生理痛重すぎて定期的に女を引退したくなる。
 いっそ殺してくれ。

●生理痛きつすぎて無理なんやけど。控えめに言って死にたい

●私が生理痛でゾンビ化していると、旦那様にどのぐらいの
 痛みなのかと聞かれたため、 「初日はアイスピックで
 ドスドス絶えず刺される感じで」
 「2〜3日目は、腰にダンプカーが追突してきたら痛みが
 和らぐマッサージになるかなってぐらいの」 と教えてあげた。

●生理痛の痛みは、子宮が雑巾絞りされてるみたい

●生理痛の重さは、体の中でボクシング選手が、思いっきり
 至る所にストレートかましてくる感じ。

●ナイフで腹部をサクッと切られて、傷口ふさがるまで
 血を大量に流しながら、誰にもばれないよう日常生活を送り
 1週間で自己治癒させるっていう、月1で国家機密の殺人を
 依頼される裏社会の殺し屋みたいなものなのよね。

●男性に例えるなら下から蹴り上げられたのが一日中続くくらい

●内臓が筋肉痛になった感じ

生理の辛さを旦那に分かってもらえた?

●独身の時から、生理痛はひどいわ、身体が鉛のように
重いわ、とてもつらいのが当たり前でしt。

ある日、子供を保育園に迎えに行って、家に連れて帰った
時点で、起き上がれなくなりました。

子供が、心配してずっとくっついてくれていました。
仕事が忙しく、いつも帰りが遅い旦那が、息子を布団に
寝かしてくれ、続いて私も布団に寝かせてくれました。

翌日、会社に恋悪して、子供を、保育園の送り迎えと
食事を作ってくれました。

生理中は、いつも辛そうにしているのを見ていた、
これくらいしかできないけど、と言ってくれた旦那が
すごく素敵に見えました。

●更年期に差し掛かってきたころから、生理になると
イライラするし、身体がだるいし、肌はガサガサになるし
髪の毛はごっそり抜けるし、辛い辛い、と言ってばかり
いたんです。

そしたら、旦那が、そんなに辛いなら、子宮をとっちゃえば
と言ってきたんです。

あー、もう、そういう問題じゃあないのになあ。
わかtってもらえないんだなあ。

●私は、生理中の出血がひどいんです。
頭はボーっとしてくるし、体が思うように動きません。
ちょっと洗濯物をためてしまった時に、旦那が、お気に入りの
Tシャツはどこ?と聞かれ、腹が立って、洗濯かごの中だよ!
と、どなってしまいました。

そのあと、どなった勢いで、出血がひどいことを分かって
ほしくて、血gべったりついたナプキンを見せました。

ナプキンを見ることを嫌がらなかった旦那は、その日の
洗濯をしてくれました。

思い切ったことをしたなあ、と思いましたが、旦那の
優しさに感謝しました。