界面活性剤(食器用洗剤)の消毒液の作り方 コロナ対策の工夫

スポンサーリンク
生活

4月15日に、経済産業省と製品評価技術基盤機構(NITE)が、
台所用洗剤の成分などを使った消毒が新型コロナウイルスに
有効な可能性があると発表しました。

実験で検証を進め、5月にも暫定結果をまとめる、としています。

TOKIOのリーダー城島茂(49)さんが、9日、台所用の中性洗剤に
含まれる界面活性剤とぬるま湯などを利用した除菌剤の作り方を
紹介しました。

アルコール除菌剤が不足する中、注目を集めています。
そこで、界面活性剤お消毒液の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

台所用洗剤を使った消毒液の作り方

【用意するもの】
台所用中性洗剤
ぬるま湯
スプレー容器

【作り方】
家庭用の台所用船愛を使ったアルコール消毒液の代用品を
作るのは、とっても簡単です。

ぬるま湯1リットルに5~10CCの台所用洗剤を加える
だけで完成です。

市販のスプレー容器に入れて使用するのがおすすめです。
最近、100円ショップでスプレーボトルが不足している
ようですが、その場合は、破れにくいキッチンペーパー
などに湿らせて使用して下さいね。

台所用洗剤を使った消毒液の正しい使い方

台所用洗剤を含む消毒液は、家やオフィスなどで
使うことができます。
特に、手が触れることが多い場所の消毒に使えます。

ドアノブや照明のスイッチ、エレベーターのボタン、
蛇口、キーボード、マウス、テーブルなどを、使い捨てできる
ペーパータオルなどに界面活性剤入り消毒液を浸し、
2度拭きすると効果が期待できます。

国立感染症研究所 感染症情報センター「SARSに関する消毒(三訂版)」
に詳しく記載されています。
http://idsc.nih.go.jp/disease/sars/sars03w/index.html

台所用洗剤を使った消毒液は手指には使いません

界面活性剤入り消毒液は、お家やオフィスの手に触れるところが
多い消毒に適しています。

しかし、手指など体には、界面活性剤は洗い流さないと
肌が荒れてしまうため、使わないようにして下さいね。

界面活性剤はなぜコロナ(新型肺炎)ウイルスに有効と言われているのか

あなたは、SARSア流行したことを覚えていますか。

SARSは、2002年11月16日に中国広東省仏山市で最初の
患者さんが発生したと報告されています。

その後、香港、北京などから感染した人の移動によって、
世界中へ運ばれ拡大して、大きな問題となりました

この時、SARSウイルスの消毒に有効だったのが、界面活性剤
による液体だったんですね。

そこで、今回のコロナウイルスの消毒にも有効なのではないかと
言われているんですね。

コロナウイルスの表面にあるトゲトゲを無くす効果が期待
できるからなんですね。

トゲトゲがなくなり身動きが取れない状態になったコロナ
ウイルスを捕まえて、飛散を防ぐことができるからなんですよ。

まとめ

コロナウイルスの種毒には、界面活性剤入りの
家庭用食器洗い洗剤がつ会えます。

【用意するもの】
台所用中性洗剤
ぬるま湯
スプレー容器

ぬるま湯1リットルに5~10CCの台所用洗剤を加える
だけで完成