マスクで肌荒れしない方法と素材や形の違いで最適の1枚を見つける

スポンサーリンク
生活

コロナウイルスの蔓延で、外出時にマスクをする
機会が増えていますね。

マスクをする時間が長くなったために、肌荒れを
起こしていませんか。

肌が荒れると、メイクの海苔も悪くなりますよね。
そこで、マスクで肌荒れを起こす原因と肌荒れを
起こさない方法を紹介します。

スポンサーリンク

マスクで肌荒がれる原因は主に3つ

マスクは、コロナウイルスや花粉やホコリなどが
体内に侵入しないようにつけますね。

身を守ってくれるマスクですが、つけていると、
荒れを起こしてしまう主な原因が3つあります。

マスクが肌に触れて摩擦を起こす

マスクをつけると、鼻や頬やあごなどに、マスクが
触れますよね。

マスクをつけている時間が長ければ長いほど肌が
こすれることになります。

お肌の弱い人は、この摩擦の刺激だけで、お肌が
カサついたりはれてしまったりするんですね。

湿気やムレで肌荒れが起きる

マスクの内側は、掃き出した息によって、高温多湿に
なっています。

高温多湿という状態は、雑菌が繁殖しやすいんですね。
マスクできつの周りが蒸れることで、ニキビができたり
するんですよ。

マスクに入っている抗菌剤が肌荒れを引き起こすことも

最近のマスクには、ばい菌やカビに対する抗菌剤が
入っているものがありますね。

この抗菌剤が、肌に合わないとアレルギー反応によって
肌荒れが起きることがあります。

これは、使ってみないとわかりませんが、マスクの
抗菌剤を意識してみて下さいね。

マスクで肌荒れを起こさない方法

それでは、マスクで肌荒れをおこさないための乾燥対策や
予防方法をしょうかいしますね。

マスクをこまめに取り換える

マスクをつけていると、自分の息で内部が蒸れるため
高温多湿になり、菌が繁殖しやすい環境になるんでしたね。

高温多湿のままマスクを使い続けると、繁殖した雑菌が
肌荒れの原因になります。

ですから、一つのマスクを長時間使い続けずに、こまめに
取り替えて、清潔を保つようにします。

マスクをつける時間を減らす

マスクをしたために肌が乾燥したり肌荒れに生ったり
するのは、マスクで肌がこすれたり、高温多湿になるのが
原因でしたね。

肌は蒸れると、マスクを外した時に、外気に触れることで
皮膚にの水分が蒸発することで乾燥してしまいます。

マスクの使用時間を少しでも減らすことで肌と擦れる、
蒸れる、という状態を減らすことができます。

職場だと、トイレの間だけhずす、昼夕系の時、1人の
移管を作り、外す、家ではなるべくマスクをつけない
などの工夫をして下さいね。

マスクの素材を肌にやさしいものにする

マスクは、衛生面のことから、使い捨ての不織布で
できたものが多くつ使われています。

不織布は、コロナウイルスのような菌を通しづらい
のですが、肌への密接度が高く通気性があまり良くないため
肌のこすれが激しかったり肌荒れがしやすかったりします。

肌荒れや乾燥をしいくいのは、立体型で麺やシルクなどの
天然素材の柔らかいものを選びましょう。

加湿器で部屋の保湿をする

自宅が乾燥していると、マスクをしている肌が
ますます乾燥しやすくなります。

ですので、自宅、特にあなたが一番長い時間過ごす部屋
の加湿をしましょう。

加湿器がなくても、部屋に洗濯物を干すと、湿度が
保てますよ。

スキンケアで保湿をしっかりする

マスクをすると、肌が乾燥してカサカサになったり
赤くなったりするけれど、どうしても長時間
つけなければならないということああります。

コロナウイルに感染しないようにするために
長時間の着用は避けられませんよね。

こんな時は、いつもよりもスキンケアを念入りに
して保湿に心開けましょう。

マスクの素材

マスクの形

マスクの形状は平型、プリーツ型、立体型の3種類が
あります。
昔ながらの平型はマスクと顔の間にスキマが出来やすい
ので、近年発売されているものは、プリーツ型と
立体型が大半です。

プリーツ型の特徴

使い捨てマスクのもっとも一般的な形状です。
プリーツを顔の大きさに合わせて広げられるので、
1つのサイズでもさまざまな形の顔に対応できます。

ただ、プリーツのゆとりには限界があり、口元のメイク落ち
や息苦しさを感じやすいかもしれません。

不織布で出来たプリーツ型のマスクは、プリーツを広げて
鼻から顎まで覆うため、バリア性と通気性の両方が叶い、
長時間使用しても快適です。

またマスクをしたまま話してもズレにくく、シルクを
配合しており、つけ心地にこだわったマスクもあります。

香りつきのものもあるので、リフレッシュしたいときや
気分を変えたいときにおすすめします。

立体型の特徴

プリーツがなく、顔の形に沿って立体裁断されていて、
ポリウレタンのマスクに多い形です。

口元にゆとりがあるので楽に呼吸でき、メイクも
落ちにくいですが、1枚あたりの値段が高めです。

不織布で出来た立体型のマスクは、顔の形に合わせて
デザインされているため、鼻やほほ、あごにスキマを
作らず、ピッタリフィットします。

ウィルスの飛沫や花粉をブロックします。
また、就寝時にもおすすめです。

口元にできる立体空間で湿度を保つ効果があるので、
乾燥を防いで喉を潤してくれます。

マスクの素材の特徴

マスク御素材尾それぞれの特徴を紹介します。

ガーゼ

天然素材の綿を使ったガーゼマスクは保湿性に
優れているので、喉や肌の乾燥や肌荒れなどになり
にくいので、敏感肌の方にもおすすめです。

ただし目が粗いので、防塵効果は低めです。

不織布

ポリプロピレンやコットンなどの繊維を織らずに
絡み合わせた不織布マスクは、防塵効果が高い上に
通気性にも優れているので、呼吸しやすいです。

水分を含みづらいため保湿効果は低いですが、
1枚あたりの値段が安いので、気兼ねなく使い捨てできます。

不織布とガーゼの組み合わせ

不織布とガーゼを組み合わせたマスクもあるんですよ。
外側は防塵効果が高い不織布、内側は呼吸しやすい
ガーゼで、両者のいいとこ取りをしています。

ポリウレタン

顔にぴったりとフィットさせたいなら、ポリウレタンの
マスクがおすすめです。

伸縮性があり柔らかいので、着用中のずれを感じにくく
快適です。

プリーツがないすっきりデザイン、色付きの製品が多く、
おしゃれなのもポイント。

まとめ

マスクで肌荒がれる原因
●マスクが肌に触れて摩擦を起こす
●湿気やムレで肌荒れが起きる
●マスクに入っている抗菌剤が肌荒れを引き起こすことも

マスクで肌荒れを起こさない方法
●マスクをこまめに取り換える
●マスクをつける時間を減らす
●マスクの素材を肌にやさしいものにする
●加湿器で部屋の保湿をする
●スキンケアで保湿をしっかりする