夏に映画館が寒い!その理由が意外&対処法は?

スポンサーリンク
生活

夏には子供の夏休み向けの映画やアクションもの、ホラーなど
魅力的な映画が上映されますよね。

最近では、映画館に行かなくても、自宅で映画を見る方法は
色々あるけれど、やはり、大型のスクリーンと大音量で見る
映画は、とても記憶に残りますよね。

でも、夏の映画館って寒いですよね。
なんで、あんなに寒いのでしょうか?
夏と言えども、
冷え性の私は、手先がしびれてくるし、膝から下がキンキンに冷えて
感覚がなくなってきます。

夏の映画館がなんで寒いのか?
その理由と対処法を紹介しますね。

スポンサーリンク

夏の映画館が寒い理由

夏の映画館が寒い理由は、冷房の温度が低く設定されているから
なんですね。

ほとんどの映画館が24度前後に設定しているんですね。
最近、職場や家庭では27℃前後に設定していることが多いかと
思います。

3℃も違うと、結構寒く感じるものです。
実は、これほど低く設定しているのは、熱中症を防ぐためなんですよ。

映画館は、上映中は、密閉度が高いですよね。
そのため、熱が逃げずらい空間だからなんですね。

それに、入場者の人数が多く、満員にもなれば、人の熱気で
管内の温度が、かなり上昇するんですよ。

そんな状況の中で、熱中症が発症しないように、設定温度が
低めだったんですね。

映画館の場所によって温度が違う

冷房の設定温度が24度前後といっても、あの広い空間の
すべての場所が同じ温度ではないんですね。

冷風の吹き出し口の近くはさむいですね。
広い空間だと、空調の関係で、冷気が行き届く場所と、
行き届かない場所ができてしまいます。

よく行く映画館でしたら、どのあたりの席だと、冷気が
どのくらいなのかを把握できるかと思います。

一般的には、冷たい空気は、下の方に溜まりますので、
出来るだけ寒いのを避けるのでしたら、上の方の席に
座ったほうがいいですよ。

対処法 映画館に冷房の調節を申し出る

コンサートホールなどもそうですが、管内の温度が、熱いとか
寒い、と申し出ると、対応してくれる場合があります。

ある程度、お客様が入っていて、暑い、寒いの感じ方が違う
場合は、対応してもらうことは、難しいですが、すいている場合は
対応してもらえる可能性がありますよ。

対処法 ブランケットを貸してもらう

多くの映画館では、ブランケットの貸し出しをしています。
冷えそうだな、と思ったら管内に入る前に貸してもらいましょう。

ブランケットは、すべてのお客様の人数分あるとは考えにくい
ですよね。

貸してもらうのも、早い者勝ちだと思います。
上映中に、寒くなってきたからと、ブランケットを貸し出して
もらおうとすると、その分のシーンを見逃してしまいますよね。

対処法 羽織るものを持っていく

出かける時は、出来るだけ荷物を減らしたいところですが、
冷房対策として1枚羽織るものを持っていくといいですよ。

映画館に限らず、冷房の効きすぎには、1枚羽織ることですよね。
薄手のカーディガンや、上着でもいいですし、大判のストール
でもいいですね。

せっかく映画館に行ってみるのですから、少しでも気持ちよく
見たいですよね。

対処法 飲み物について

映画館に行くと、ポップコーンと飲み物を買って館内に入り
ませんか?

映画を見ながら、なんとなく食べたり飲んだりしちゃいますよね。

夏の暑い時などは、冷たい飲み物を飲んでしまいがちですが、
ちょっと寒いくらいの映画館で、冷たい飲み物を飲んでしまうと
益々体が冷えてしまいますよね。

そうすると、上映中に、トイレに行きたくなりませんか?
そうすると、トイレに行っている間のシーンが見られなく
なりますよね。

ですから、冷たい飲み物は、控えたほうがいいですよ。

まとめ

夏の映画館が寒いのは、熱中症を防ぐため

冷気は下の方に溜まるので、上の方の席を選ぶ

映画館に、冷房の調節を申し出てみる

ブランケットを借りる

1枚羽織るものを持っていく

冷たい飲み物を控える

映画館でポップコーンが定番の理由はこちら