煮小豆のあさイチで放送された簡単でおいしい裏技あんことの違いは

スポンサーリンク
テレビ番組

煮小豆は、作るのが面倒くさいですよね。
渋みをとるために、最初に茹でたらお湯を捨て
もう一度茹でなければなりませんよね。

2度目に茹でる時も、アクを取り除かなければ
なりませんね。

それに、今やスーパーで、無糖タイプや甘さ控えめの
煮小豆が、手ごろな値段で販売されていますので
手間暇かけて煮小豆を作る必要がないですね。

でも、好みの甘さや硬さに仕上げたいなら、自分で
煮小豆をつくりたいですね。

そこで、煮小豆を簡単&栄養&おいしくできる
あさイチで紹介された裏技が2020年12月1日に放送された
内容をまとめました。

スポンサーリンク

煮小豆とあんこの違い

煮小豆というと、甘いと思っていませんか。
小豆は、煮ただけでは、甘くはないんですよ。

お汁粉や、お饅頭の中に入っている甘いあんこを
創造しますが、元々、小豆は、煮たら甘くなるものでは
ないんですね。

小豆は軽く水洗いし、鍋に入れて豆の3倍くらいの水を
入れ、強火で煮ます。

沸騰したら、ザルにあけ一度煮汁を捨ててアク抜きをし、
もう一度鍋に入れて最初と同じくらいの水を入れます。
強火で沸騰したら火を中~弱火にして煮ます。

小豆が煮汁の表面に出ないように時々水を足し、
1時間10分~1時間30分くらいまで煮ます。

この時に砂糖と塩を入れていることで、甘い煮小豆が
できます。

この、あまいにあずきをつぶすとあんこができるんですよ。

表面の皮を残したままつぶすと、つぶあん、くぁをこすと
こしあんになります。

煮小豆=あんこではないんですね。

煮小豆のあさイチで放送された簡単&栄養&おいしい裏技

あずきは食物繊維やポリフェノールなどがタップリで、
女性にもうれしい食材なんです。

でも、その一方で、一度も料理したことがないのでは
ないでしょうか?

正直言って、わたしもそおひとりです。
冬至の時に食べるかぼちゃと小豆の煮物は、食べると
お金に困らないといわれているので、作ります。

でも、その時に使う煮小豆は、スーパーに売っている
あっさりと甘い煮小豆の缶詰です。

でも、あさイチで紹介された小豆の栄養ってすごいんですね。
小豆の栄養と、その栄養を逃さず簡単にい小豆ができる裏技
を見て、これなら自分でやらなきゃって思いました。

小豆の栄養

あずきには、ゴボウの3倍の食物繊維、ほうれんそうの
2.7倍の鉄分、赤ワインの2倍のポリフェノールなどが
含まれているんです。

でも、煮あずきを作るのはとても面倒ですね。
その原因は、渋みを取るために何度もする「渋切り」作業
ですね。

この渋みの原因は、ポリフェノールの一種、タンニンなんです。
さらにこの「渋切り」で、実に6割以上のポリフェノールを
捨ててしまっているんですね。

「渋み」はなくすが、「ポリフェノール」を捨てない方法
はないものでしょうか。

名寄市立大学教授で“あずき博士”の加藤淳さんは、
ついにその方法を発見したんですよ。

煮小豆のあさイチで紹介された裏技

煮小豆のあさイチで紹介された裏技のポイントは
2つあります。

ひとつは、あずきを煮る前に、「からいり」することで
渋みを感じなくする方法です。

渋みの原因の「タンニン」は、舌にある「味蕾」という
部分に触れることで、「渋い!」と感じます。

ところが、タンニンは180度ほどの熱を加えると、
分子どうしがくっつき大きくなり、味蕾に触れなくなるので、
「渋い」と感じなくなるんです。

からいりの目安は、2~3分。
表面が少し黒ずんできたら完成。これだけで、渋みが
感じなくなるんですよ。

もう一つのポイントは、煮る時の水の量です。
からいりをしたら、鍋に移し水を加えて30分ほど煮ます。
この時の、加える「水の量」がポイントです。

あずきは自分の重さの2.2倍の水を吸うので、
2倍の水で煮れば、ポリフェノールが出てしまった
煮汁を全部、あずきの中へ閉じ込めることができます。

さらに、この「ウラワザ煮あずき」は、中はホクホク、
外は硬めの仕上がりで、加藤さんによると、あずき本来の
味を楽しむには最適の煮加減だと言います。

普通に作ると1時間以上かかる「煮あずき」が、
たった30分で完成する「簡単!ウラワザ煮あずき」を
作っておけば、定番あずき料理から、新しいあずき料理まで、
いろいろな使い方ができるんですよ。

煮小豆のあさイチで放送された裏技の作り方

【材料・作りやすい分量】
小豆300グラム
水500ミリリットル
差し水100ミリリットル

【作り方】
1.小豆をフライパンに入れ、中火で2~3分からいりをする。
 表面が少し黒くなってきたらOK。

2.からいりした小豆を鍋にうつし、500ミリリットル
 の水を加え強火にかける。

3.沸騰したら火を弱め、差し水をする。
 再度、沸騰したら、ふたをして弱火にする。

4.煮汁がなくなるまで、30分ほど煮る。
 煮汁が少なくなってきたら、全体がよく煮えるように、
 上と下の小豆を入れ替えるように混ぜ合わせる。

5.30分ほど煮て、煮汁がなくなったら完成。
 指で強く押すとつぶれる程度の硬さが目安です。
(煮汁がなくなるのに30分以上かかる場合もあります)


《送料無料 限定生産》希少 丹波 篠山 大納言 小豆 大納言小豆 あずき 令和2年産 兵庫県 丹波篠山産 300g