しょうがは何歳から食べさせる?生姜の辛さを和らげる方法は?

スポンサーリンク
食品・飲料

しょうがは、色々なお料理の薬味に使えるので、常備している
家庭が多いのではないでしょうか。

でも、大人にとっては、とてもいいアクセントになりますが、
刺激が強いので、子供には何歳から食べさせていいのでしょうか。
また、生姜の辛さを和らげるにはどうすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

しょうがは何歳から食べてもいいの?

生姜は、与え方にもよりますが、刺激が強いので、
赤ちゃんには、あまりたべさせないですよね。

栄養士さんによると、ゼロ歳児では、あまり与えないほうが
いい、1歳から、ごく少量であれば当ててもいい食材なんですね。

魚の煮つけなどに、臭みけしに生姜を使ったものなどは、
生姜の臭いがほとんどしなければ、魚の身を食べさせても
大丈夫です。

2歳児になると、お味噌汁やおかずに、ごく少量であれば
使って、食べさせてもいいですよ。

3歳児になると、生姜の味がしっかりするものを食べさせても
良い年齢になります。

ただ、味覚というのは、個人差がありますので、様子をみながら
食べさせていってくださいね。

生姜の辛さを和らげるには

生姜を薬味や、魚やんくの臭みけしとして使う倍は、
生姜の辛さを和らげることはしませんね。

でも、体を温めたい、そもそも生姜が好きでたくさん
食べたい、という場合は、辛さを和らげることで、たくさん
摂取することができますよね。

生姜の辛さを和らげる方法としては、繊維に沿ってスライス
して、熱湯でさっと茹でるといいですよ。

これは、生姜の甘酢漬けを作る時の方法なんですよ。
この時使用する生姜は、新生姜のほうが、辛さが強くないです。

はちみつ漬けにする時も、同じように茹でてから漬けると
辛さが和らぎます。

生姜とレモンでジャムを作る時も、電子レンジで生姜を
チンしてから作ると、辛さがやわらぎます。

赤ちゃんに生姜のはちみつ漬けを与える時の注意点

生姜の辛さを和らげるには、砂糖やはちみつなどのあまいもの
と組み合わせることで、少量を与えることができます。

ただ、はちみつは、1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけません。

はちみつの中には、ボツリヌス菌というものが、まれに混入して
います。

このボツリヌス菌は1才未満の子供の体内に入ると非常に危険です。
1歳未満の赤単は、まだ免疫力がしっかりしていないので
ボツリヌス菌に感染すると、最悪死に至ることもあります。

1才を過ぎ免疫力ができると、このボツリヌス菌が体内に入っても
勝手に自滅します。

ただ、故人さあありますので、1歳の誕生日を過ぎた次の日から
与えても大丈夫な赤ちゃんと、そうではない赤ちゃんがいますので
はちみつは、慎重に与えて下さいね。

まとめ

しょうがは、刺激が強いので、
1歳には、与えない方が良い
2歳過ぎには、ごく少量を与えてみてもよい
3歳過ぎには、生姜焼きなどを様子をみて与えてみてももよい

生姜の辛さを和らげるにはスライスしてサッとゆでる
丸ごと電子レンジでチンしてすりおろすと苦みが和らぐ

生姜に甘みを漬ける場合、はちみつを使う時には1歳未満の
赤ちゃんに与えてはいけない

しょうがは、色々なお料理の薬味に使えるので、常備している
家庭が多いのではないでしょうか。

でも、大人にとっては、とてもいいアクセントになりますが、
刺激が強いので、子供には何歳から食べさせていいのでしょうか。
また、生姜の辛さを和らげるにはどうすれば良いのでしょうか。

しょうがは何歳から食べてもいいの?

生姜は、与え方にもよりますが、刺激が強いので、
赤ちゃんには、あまりたべさせないですよね。

栄養士さんによると、ゼロ歳児では、あまり与えないほうが
いい、1歳から、ごく少量であれば当ててもいい食材なんですね。

魚の煮つけなどに、臭みけしに生姜を使ったものなどは、
生姜の臭いがほとんどしなければ、魚の身を食べさせても
大丈夫です。

2歳児になると、お味噌汁やおかずに、ごく少量であれば
使って、食べさせてもいいですよ。

3歳児になると、生姜の味がしっかりするものを食べさせても
良い年齢になります。

ただ、味覚というのは、個人差がありますので、様子をみながら
食べさせていってくださいね。

生姜の辛さを和らげるには

生姜を薬味や、魚やんくの臭みけしとして使う倍は、
生姜の辛さを和らげることはしませんね。

でも、体を温めたい、そもそも生姜が好きでたくさん
食べたい、という場合は、辛さを和らげることで、たくさん
摂取することができますよね。

生姜の辛さを和らげる方法としては、繊維に沿ってスライス
して、熱湯でさっと茹でるといいですよ。

これは、生姜の甘酢漬けを作る時の方法なんですよ。
この時使用する生姜は、新生姜のほうが、辛さが強くないです。

はちみつ漬けにする時も、同じように茹でてから漬けると
辛さが和らぎます。

生姜とレモンでジャムを作る時も、電子レンジで生姜を
チンしてから作ると、辛さがやわらぎます。

赤ちゃんに生姜のはちみつ漬けを与える時の注意点

生姜の辛さを和らげるには、砂糖やはちみつなどのあまいもの
と組み合わせることで、少量を与えることができます。

ただ、はちみつは、1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけません。

はちみつの中には、ボツリヌス菌というものが、まれに混入して
います。

このボツリヌス菌は1才未満の子供の体内に入ると非常に危険です。
1歳未満の赤単は、まだ免疫力がしっかりしていないので
ボツリヌス菌に感染すると、最悪死に至ることもあります。

1才を過ぎ免疫力ができると、このボツリヌス菌が体内に入っても
勝手に自滅します。

ただ、故人さあありますので、1歳の誕生日を過ぎた次の日から
与えても大丈夫な赤ちゃんと、そうではない赤ちゃんがいますので
はちみつは、慎重に与えて下さいね。

まとめ

しょうがは、刺激が強いので、
1歳には、与えない方が良い
2歳過ぎには、ごく少量を与えてみてもよい
3歳過ぎには、生姜焼きなどを様子をみて与えてみてももよい

生姜の辛さを和らげるにはスライスしてサッとゆでる
丸ごと電子レンジでチンしてすりおろすと苦みが和らぐ

生姜に甘みを漬ける場合、はちみつを使う時には1歳未満の
赤ちゃんに与えてはいけない

生姜が変色してピンク色になった!ぬるぬるは大丈夫なの?/a>