卵ドーナツは太るからとあきらめないで!おからや大豆粉で低糖質に

スポンサーリンク
ダイエット

巣ごもり生活が続く中、ホットケーキミックスが
品切れになるほど売れています。

ホットケーキミックスで手作りした卵ドーナツは
おいしいですよね。
子供と一緒に作れるし、ランチとして食べてもいいし、
おやつとして食べてもいいですよね。

だけど、卵ドーナツは、太るからと、敬遠されがちですね。
特に糖質制限をしている方にとっては、口にしてはいけない
食べ物の一つですね。

でも、豆腐やおから、大豆粉などを使うと、低糖質になるんですよ。
そうすると、食べることも可能です。

太ることを気にせず食べられる卵ドーナツを紹介します。

スポンサーリンク

卵ドーナツは太る

たまごドーナツ:1個 30.8gの栄養成分を見てみましょう。

炭水化物が多く12.41g、脂質が5.38g、たんぱく質が2.05g
となっており、ビタミン・ミネラルではビタミンKとセレン
の成分が高いんです。

糖質の量は12.13gです。

直径8.5cmのドーナツ1個(重さ:56g)のカロリーは210kcal
になります。

それでは、市販のドーナツはどのくらいのカロリーなのか
調べました。

スターバックスのシュガードーナツは287kcal、ダブル
チョコレートドーナツは、315kcal、カシスケーキドーナツ
は、363kcalになります。

ミスタードーナツのオールドファッションは290kcal、
フレンチクルーラーは158kcal、チョコレートは266kcal、
ハニーディップは239kcal、ストロベリーミルクリングは
265kcal、ポン・デ・リングは225kcalになります。

ドーナツは、ついつい2個3個と手が出てしまいますので
結構なカロリーになってしまいます。

また、小麦粉などの炭水化物と油は、脂肪になりやすい
組み合わせなんです。
だから、ドーナツは太るんですね

卵ドーナツをおからや大豆粉で低糖質に

ここ最近、糖質制限ダイエットが注目を集めています。
太る食べ物は、カロリーの高い油もそうですが、
糖質の摂りすぎのほうが体に脂肪を蓄えやすいんですね。

ですから、糖質を制限した方がダイエットに効果が
期待できるんです。

そこで、卵ドーナツも、小麦粉や強力、ホットケーキ
ミックスなどの糖質を豆腐やおから、大豆パウダーに
置き換えて低糖質の卵ドーナツを作れます

糖質である小麦粉や強力粉、ホットケーキミックスなどを
豆腐やおから、大豆パウダーなどの植物性蛋白質に
置き換えることで糖質を抑えることができるんですね。

砂糖を少々使ったり、揚がったドーナツに砂糖を
振りかけたりして、完全に糖質をカットできませんが
たんぱく質を補えるので、栄養のバランスはとれます。

ドーナツの太りにくい食べ方のコツ

ドーナツを豆腐や大豆粉、おからなどで作ると、糖質を
抑えることができるんでしたね

さらに、食べ方を工夫すると、さらに糖質やカロリーを
抑えることができます。

ドーナツを食事代わりに単体で摂ってしまうと血糖値が
急上昇しやすく、その結果、逆に太りやすくなって
しまうんです

ドーナツを食べたい時は、食べる前に、たんぱく質や
食物繊維が含まれるものを摂ってください。

食物繊維には糖質の吸収を緩やかにしたり、コレステロール
などの脂質の吸収を抑えてくれる働きがあります。

また、食前にたんぱく質が豊富な豆乳などを摂ることでも
血糖値が急上昇するのを抑えることができます。

そもそも、空腹時に単体で食べるよりも、昼食でたっぷり
食物繊維を摂ってから食後にドーナツを食べる方が、
食べ過ぎを防ぐという意味でもいいですよ。

まとめ

●ドーナツは、糖質と油が組み合わせているので
 太りやすい

●ドーナツの材料である小麦粉や強力粉、ホットケーキ
 ミックスを豆腐やおから、大豆パウダーに置き換えると
 低糖質になる

●ドーナツは単体で食べずに、べる前に、たんぱく質や
 食物繊維が含まれるものを摂ると糖の吸収がおだやか
 なるに