天ぷらは炭酸水を使うとサクサクになるのはなぜ?プロモ使ってる?

スポンサーリンク
食品・飲料

あなたは、天ぷらを自宅で揚げていますか?
私は、たまにてんぷら粉を冷水で溶いて揚げています。

ずぼらな私でmおてんぷら粉を使うと、まあ何とかサクサクに
近い出来栄えになります。

ところが、天ぷらをサクサクにあげるのには、水ではなくて
炭酸水を使うといいということを知りました。

なぜ、天ぷらは、炭酸水を使うとサクサクになるのでしょうか?
調べました。

また、その他にも、失敗しない天ぷらを揚げるには
どうした良いのかも調べました。

スポンサーリンク

炭酸水を使うとなぜ天ぷらがサクサクになるの?

天ぷらの衣って、ベチャっとなりがちですよね。
これは、衣の中の水分が、たくさん残ってしまうからなんですね。

サクサクした衣に仕上げるためには、衣の中の水分を素早く
蒸発させて、水分をできるだけ少ない状態にする必要があるんですね。

そこで、炭酸水を使うと、炭酸水に含まれていた二酸化炭素が
一気に蒸発し、水分も一緒に抜けるからなんですね。

そのため、水で衣を溶くよりサクサクに仕上がるんですね。
それに、細かい気泡が衣にできるので、食感が軽いんですよ。

私のように、市販のてんぷら粉を使う時にも、冷水ではなくて
炭酸水をつかうと衣がサクサクに上がるんですよ。

炭酸水の使い方色々

【お米がふっくら】
お米をtく時に水の代わりに炭酸水を入れて炊飯器で炊くだけです。
炭酸ガスの効果でお米の一粒一粒が立って、ふっくらと
炊き上がりますよ。

【お肉が柔らかく】
肉の煮込み料理って、柔らかくなるまで煮込むのは、時間がかかり
ますよね。

それが、肉の塊を炭酸水に浸してから煮込むと柔らかうなります。
炭酸水は弱酸性のため、肉のたんぱく質を分解して柔らかく
してくれるからなんですね。

煮込み時間も短縮できますし、味もしみ込みやすくなるので
安いお肉でもおいしく仕上げることができますよ。

【卵がふんわり】
卵焼きやオムレツを作る時、焼く寸前の卵液に、炭酸水を
少しいれると、炭酸水に含まれる二酸化炭素が、卵に閉じ込められて
卵焼きに細かい気泡ができます。

すると、卵がふんわりと柔らかい食感になります。

天ぷらをサクサクに揚げる6つのポイント

1.得微bなどの冷凍食材は、キッチンペーパーなどで、10分包み
  水気をしっかり取る。

2.衣の材料すべてを、冷蔵庫に入れてしっかり冷やしておく

3.衣つくりは、まず卵黄と水を混ぜる

4.衣に炭酸水を加える

5.衣をつける前に、材料に打ち粉をする

6.かき揚げを挙げる時は、油の中で具材を広げてから
  形を作る

衣つくりの4つのポイント

1.衣の材料はすべてを冷蔵庫でしっかり冷やすこと。
  常温ままだと、衣に粘り気が出てしまいます。
 
  と説いた衣に氷を入れて冷やすと、衣の濃さが
  変わってしまうため、NGな方法です。

2.粉、水、卵を一緒にませないこと。
  まず、水とt孫を混ぜてから、粉を加えます。 

  善美いっぺんに混ぜるのは、やはり粘り気が出る
  原因になります。

3.衣に炭酸水を加えること
  炭酸水を入れると、衣がサクサクに仕上がります。

4.だまが残っても混ぜすぎないこと
  混ぜすぎもまた、粘り気が出る原因になります。 

【材料の目安】
薄力粉 300g
卵黄  1個
冷水  500㏄
炭酸水 50㏄

まとめ

天ぷらん衣を溶くときtン山水を入れるとサクサクに上がる

天うらの衣に使うTHE量は、冷蔵庫で冷やしておく

食材も水分をよく取り除いて、打ち粉をしてあげる

ちょっとした工夫で、家庭の天ぷらがお店のサクサクの
天ぷらに仕上がります。

市販のものは、衣が熱すぎたり、時間が経ってしまうため
ベチャベチャになってしまいますよね。

やはり、家庭で揚げたてを食べたいですよね。