恵方巻きはいつから流行った?セブンイレブンが発祥は本当なの?

スポンサーリンク
食品・飲料

節分といえば、恵方巻きを食べますね。
こお、恵方巻を食べるという習慣は、子供の頃には
ありませんでした。

恵方を向いて、無言で太巻きを一気に食べきることで
福を呼び込むのですが、美味しい巻き寿司を食べられる
ので大歓迎です。

でも、一体恵方巻はいつから流行ったのでしょうか。
また、セブンイレブンが発祥というのは本当なのでしょうか。

スポンサーリンク

恵方巻きの由来

節分の日に、恵方を向いて恵方巻きを食べる風習は、いつから
ある香という由来は、いくつかあります。

古くは、戦国時代(1467年~1576年)とも言われていますが、
「巻き寿司」が文献に登場するのは安永5(1708)年です。
それ以前にあったということはないと考えます。

今のように、節分の日に巻き寿司を食べる風習は、
大正時代初期から見受けられるようになりました。

節分は、ちょうどお新香が漬かる時期なので、お新香を巻いた
海苔巻き寿司を恵方に向かって食べ、縁起を担いだのだそうです。

この風習は主に花街で行われており、庶民には浸透していません
でした。

恵方巻に関して現存する最古の資料は、昭和7(1932)年に
「大阪鮓商組合後援会」が発刊したチラシです。

「節分の日に丸かぶり
 この流行は古くから花柳界に持て囃されていました。
 ……中略……
 これは節分の日に限るもので
 その年の恵方を向いて無言で一本の巻寿司を丸かぶりすれば
 其年は幸運に恵まれるということであります。
 ……中略……
 一家揃って試食を願い本年の幸運を取り逃がさぬようお勧め申します。」

戦中戦後と、廃れていた恵方巻きの風習ですが、昭和24(1949)年、
大阪鮓商協同組合の理事会において復活させることが決定しました。

それは、「土用の丑の日のうなぎの蒲焼」に対抗する、販売促進手段
だったんですね。

この頃から、少しずつではありますが「恵方に向かって巻き寿司を
食べて幸運を呼び込もう」という、宣伝活動が行われるように
なったんですよ。

昭和52(1977)年には大阪・道頓堀で開催された「海苔祭り」の
イベントとして、「巻き寿司の丸かぶり早食い競争」が行われました。

そのイベントが、マスコミに取り上げられると、全国の海苔祭りでも
同様のイベントが行われるようになり、広く知れ渡っていったんですよ。

恵方巻きはいつから流行ったか

恵方巻きは、もともとは関西の慣習でした。

事の始まりは1989年、広島県のセブン-イレブンからです。
その当時、関西の風習としてあった「節分の日にその年の
縁起のいい方角(恵方)を向いて無言で太巻き寿司を
まるかぶりする」という情報にもとづいて恵方巻を一部の店舗で
販売したのが始まりなんです。

当時、広島市にある加盟店7?8店舗を担当するOFC
(オペレーション・フィールド・カウンセラー)だった
野田靜眞さんの発案で全国各地に恵方巻きが普及していくことに
なりました。

やがて野田さんの出世とともに恵方巻の販売対象エリアは
広がり、1996年には、九州、中国地方を含む関西以西で
キャンペーンを展開しました。

1998年、全国のセブン-イレブンで販売するに至り、やがて
各社が追随して現在につながっています。

恵方巻は、一部地域の食文化が全国へと広がり、
今ではすっかり節分の定番のお寿司として定着しました。

恵方巻はセブンイレブンが発祥なの?

恵方巻を全国区に押し上げてきたのはセブンイレブンですが、
販売を最初に始めたコンビニは、ファミリーマートなんです。

昭和58(1983)年、大阪府と兵庫県での発売でした。
対して、セブン-イレブンが販売を開始したのは、
平成元(1989)年のことなんです。

セブン-イレブンは、他のコンビニに先駆けて、平成10(1998)年に
全国販売を開始し、徐々に販売する地域を拡大してきました。

その後、ローソン、ファミリーマート、am/pm、サークルKサンクスが
次々と全国販売を展開し、現在に至ります。

恵方巻の名付け親は?

「恵方巻き」は、もともと「節分の巻き寿司」や「幸運巻き寿司」
と呼ばれていました。

その後、丸ごとかじることから「丸かぶり寿司」とも呼ばれるように
なります。

「恵方巻」という名前は、先にある平成元(1989)年のセブン-イレブン
での発売で初めて登場しました。

当時、節分巻き寿司を販売したのは、広島県内のセブン-イレブンでした。

とある1店舗の個人オーナーが、節分巻き寿司を大阪の「縁起のいい風習」
として紹介し、商品名を「恵方巻」としました。

その後、節分巻き寿司は恵方巻として定着し、現在ではオーソドックス
なものからアレンジ商品まで、多彩な展開を見せるようになっています。

まとめ

私は、北海桜に住んでいます。
子供のころ委はなかった恵方巻が、廃棄が問題視されるくらい
大量に出回るようになりましたね。

恵方巻が、これほど全国に広がったのには、セブンイレブンの
社員さんの情熱があったんですね。

ただ、コンビニの販売は、ファミリーマートだったんですね。

いずれにしても、今年も恵方を向いて、恵方巻にかぶりつきたい
と思います。