生タコの下処理と茹で方@友達が釣ってきたタコをお刺身で食べた

スポンサーリンク
食品・飲料

主人の友人は、釣りが趣味です。
先日タコを釣ったからおらいに来てほしいと連絡があり、もらってきました。
さあ、これからが大変!
私は魚屋の娘ですが、なまのタコをさばいたことがありません。
ぐにゅぐにゅして、なんだか気落ち悪いなあと思いながらも、茹でてお刺身
にして食べられると思うと、勇気が湧いてきました。

それでは、生まれて初めての生タコの下処理と茹で方をご覧ください。

スポンサーリンク

生タコの下処理

これから処理する生タコです。
まあまあの大きさなので、ちょっと触るのに勇気が必要でした。

タコの内奥を取り除くために、頭をひっくり返したところです。

内臓は、手で引っ張っただけでも取れますが、私はキッチンバサミを
使ってちょっとづつ切っていきました。

内臓を取ったら、ひっくり返した頭を元に戻します。
この時、すみが破れてしまったら、タコ全体よく水洗いして
すみを洗い流します。

今回は、幸いすみが破れませんでした。

目のところに包丁で切込みを入れて、取り出します。
以下の目よりも小さい気がしましたが、取り出してみると
思ったより大きかったです。

次にタコの口バシも取り出します。

タコの足先を少し切り落とします。

内臓と目を取り出したら塩でよくもみます

内臓と目を取り出したら、カップ1杯くらいの大量の塩で
タコを15~20分位もんで、タコのぬめりを取ります。

まず最初に、全体をもんで、次に足を2本くらいづつ、根元から
足先へと指を滑らせるような感じでしごいていきます。

15分ほど塩でもんだら、かなりぬめりが取れました。

ここまでになったら、水でよくすすいで、塩とぬめりを
落とします。

生タコを茹でます

いよいよ生タコを茹でます。

この時ゆであがったタコを冷ますために氷水を準備しておきます。

鍋に、塩ひとつかみをいれてお湯を沸かします。

沸騰したら、まず、足先だけを軽く茹でます。

足先をお湯から出して、また足先だけをお湯に入れます。
こうすると
足先がくるんとまるまります。

今度は、タコを全部お湯にいれてゆでます。

タコは、茹ですぎると硬くなるので、2~3分程度茹でればOKです。

2分ほど茹でたタコを氷水に入れます。

なんだか、とっても美味しそうに茹で上がりました。

一生懸命塩でもんでぬめりを取ったので、きれいに仕上がりました。

頭を切り離し、足も1本づつ切り離します。

今日は足2本分を、お刺身で食べます。

残りは小分けして冷凍しました。

生タコは、ヌメヌメしてさわるのがちょっぴり気持ち悪かった
けれど、頑張って下処理してよかったです。

もし、生タコを素手で触るのは自信がないという方は、
こんなかわいいゴム手袋をはいてみてはいかがでしょうか。


【メール便送料無料】ラブグローブ♪ゴム手袋lovegloves☆【全9種類】☆新色入荷